2014年11月 2日 (日)

その日暮らし

昨日、1日は1100円で映画が見られる日movie

長女を仕事に送り、次女を模試に送り出してからのひとりの時間、
絶対見るぞ~と思っていたこれ、やっと見てきました~confident
決してハッピーエンドな話ではないのに、やっぱり哀しい結末なのに、
見終わったあと、自分の身体がまるで浄化されたような清々しさを感じました。
納得できる自分の生き方、納得できる自分の終わりの迎え方。
10年後の切腹を言い渡され、残された時間をどう生きるか、というテーマは
不治の病で余命宣告を受ける状況に重なるようにも思いました。
奥さん役の原田美枝子さんの抑えた演技に
胸が締め付けられるような気持ちがしました。
時間の流れを表す四季の景色の移り変わりに、日本の美しさを感じました。
大河ドラマも佳境に入り、顔には傷、足をひきずり、頭もそって隠居し、
最近はめっきり枯れた役柄が板についてきた感のある岡田くんが
この映画では別人のように若々しい武士を演じていました
(まあこっちが年相応なんだけど)。
そしてやっぱり、役所広司さん演じる戸田秋谷がめちゃくちゃ素敵でした(*^m^)
葉室麟さんの描かれる日本の男性は、私の憧れとする理想像です。
(外国の男性だったら『大草原の小さな家』のマイケル・ランドンさん演じる父さん♪)
もし自分が男だったらこんな風になりたい、
いや、女でもやっぱりこんな人間になれるよう努力したいと思います。

一切の弁解もせず、不名誉な罪と罰を受け入れて静かに自分らしく暮らす秋谷。
人というのは、口で何を語らずとも、その人となりは生き方に表れるものです。
どんな言い訳をしなくとも、家族はもちろん、
彼を知る人は彼のことを信じることが出来るんですね。
人間ってそういうものだな、上手な言葉で相手を言い負かすことでは
結局人としては何にも勝つことはできないものだと思います。
誰にどう思われようが、そんなことは関係ない。
自分自身が恥ずかしくない生き方をすること、自分の大切なものを守ること。
それができれば、どんな不名誉も死ぬことでさえも
恐れるに足りないことなんだなと思いました。
潔く、賢く、強く、正直に、そんな人間に私もなりたい。

いろんな人の発した言葉がたくさん心に残りました。
「これ以上わしに恥をかかすな」とか
「先にいって成仏せずにお前を待っているから」とか
ほかにもたくさん。
もう一度、原作を読み直してみたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

僕は英語を習うと決めた

さんまさんのからくりTVの最終回を子供達と見ることができた。

22年間も続いていたなんて、すごい番組だったんだなあ。

最近は見ていなかったけど、まさに子育ての黄金期には毎週楽しみにして
日曜日の夜、ゆっくりごはん食べながら3人で大笑いして見ていたっけ。
「うわ~~~懐かしい!」
「ブルーシーツの酒井さん、元気なのかな、どうしてるのかな。」
「あったよね、ホネホネダンス!」
「きっと草を食べてがんばってるんだよ。」
「毒チワワにやられた人がいたよね!毒チワワ!」
「ギター少年とか、棟梁に相談してた男の子とか、いくつになったのかなあ。」
言ってるそばから、名場面や懐かしい人たちが次々に登場。
「お~、アズアズの人、変わらない!」
「ご長寿早押しも面白かったよねえ。」
「酔っぱらいのサラリーマンが家に電話するクイズも面白かったよ。」
「ボビーもここから出てきたんだっけ。」
そういえば、うちにはこのCDもあるのだった。。chick なんせマッキーだし。
あの頃のように、3人でばか笑いしながらの2時間、
なんかよくわからないけど、すごく幸せを感じさせてもらった。
さんまさん&出演者さんたち、スタッフの皆さんお疲れ様でした。
かえうたを中継しながら泣いてしまった安住アナも
最後の最後まで大笑いしていたさんまさんも素敵だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

♪ありのままの~

やっと見てきました~movie
今日お休みだったちはちゃんと、夕方からの回に出かけました。
(MYUさんはテスト前で、塾で遅くまでお勉強の日でした、ごめんねー)
チケットショップでシネマパスポート買ったので、1200円で見れました(*^m^)
アニメというより、ミュージカル。
DVDが欲しいというより、見終わったとたん、もう一度映画館で見たくなる。
正しく映画館で見るのが正解の映画です。
映像がとにかく綺麗で、音楽も素晴らしくて、迫力があって。
雪のふわっとした柔らかさ、氷の堅さや冷たさ、透明感。
キャラクターも愛らしく、吹き替えの声優さんたちも素晴らしかったです。
引き込まれるように見てしまいました。
その後、ごはん食べて帰りました。
ビビンバ&冷麺のハーフ&ハーフ。
映画チケットの半券を見せたら、チーズトッピングを無料でオマケしてくれました。

たまにはお姉ちゃんとふたりのデートもいいよね。
デザートは抹茶白玉の豆乳プリン。
とろんとろんに柔らかくて美味しかったです、ごちそうさまpig

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

ゆずの応援

最近の我が家での流行りもの。

   

お湯であったかい柚子茶にしてふうふう飲んでも

炭酸で割って氷をいれて飲んでも美味しくてはまってます。

そして今期のドラマで私がはまっているもの。

http://www.youtube.com/watch?v=K54Z06mwzCc

最初、主人公がALSになる話だと知って、見るかどうかためらいました。

今の医学では治らない病気で、最後に待っているのが死という結末以外にないから。

それと、私と親しくしてくださった方がこの病気で亡くなられたことがあるから。

でも、だからこそ見るべきだとも思いました。

ドラマの最初のシーンが絶望的な場面だったので、

ああ、やっぱりと思いながら、辛く苦しい闘病記を覚悟して見始めました。

だけど見ていくうちに、涙を誘うだけの哀しいドラマではないことに気づきました。

主人公の拓人くんがとっても良いです。

自信も目標もなく、言いたいことものみこんで生きてきた彼が、

病気になってからどんどん強くなり、前向きに変化していきます。

そしてその彼の強さや笑顔が、周りの人も変えていきます。

ギスギスしていた職場の人たちが皆で協力して彼を支えるようになり。

すれ違っていた家族関係が温かさをとりもどし。

彼に関わる友達やその家族、

みんなが勇気をもらってとても素敵な人ばかりになってゆきます。

私もこのドラマを見るたび、拓人くんの笑顔に励まされます。

避けることの出来ないその時にむかって

止まることなく時間は進んでいくのだけれど、

結末は決して絶望ではないと信じたいです。

http://www.fujitv.co.jp/bokunoitajikan/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

おまけが見つかる

スリハンのコンサートで久しぶりにお会いした某N友さんが

めっちゃ笑顔で声をかけてくださいました。

N友さん「なかさなさん!映画見たわよ、なかさなさん出てたでしょhappy01

私   「わあ、見てくれたんですね、ありがとうございます♪ MYU、わかりました?」

N友さん「え、MYUちゃんも出てたの?どこどこ?もっとちゃんと見るんだった~。」

私   「吹奏楽部員役で・・っていうか、じゃあそれ知らずに見に行って?」

N友さん「うん、普通に静岡で映画見に行ったら、なかさなさんが出てた。

      びっくりした~!」

そりゃびっくりするわな。。。coldsweats01 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

♪moon river~

年末になって、TVドラマも次々終了していく中、

録りためたもので必死に後を追い続ける私。。。

永遠のループという感じもするなあcoldsweats01

『リーガルハイ』はまだ最後まで見きれていないけど、

堺さんのパワーが炸裂&増幅されていて、

前作を見ていない長女も大いにはまっていました。

『八重の桜』も面白かった。

八重さんのように真っ直ぐで強くて賢い女性は、憧れであり理想ですheart04

数あるドラマ、もちろん全部見られたわけではなく、

1回目だけ見てやめてしまったのもあるのですが人( ̄ω ̄;) スマヌ

私が見た中で、今シーズン一番楽しみだったのが『独身貴族』♪

これは私より先行して録画を見続けた長女も同意見なんですが、

「タイトルから想像していたのと全然違った」。

もっと軽い感じのノリの、結婚したくないor結婚できない男女の恋物語、

みたいなものを想像していたんですよね。

だから対して期待してなくて、でもやっぱり草なぎくんのドラマだから見てみようかな、

まあ面白くなければ1回見てやめとこう、くらいだったんですが。

良かったです。とっても心ときめきました。

内容的には、

都会で挫折して故郷へ帰ろうとしていた女性脚本家の作品が

ふとした偶然から映画化されることになり、

その映画会社の社長と専務(兄弟)の両方から思いを寄せられる、

という超・超・超シンデレラストーリーで、

もしかしたら、役者さんたちが違っていたらどうだったかな、と思ったりするのですが。

役者さんたちが皆とっても良かった。

バックに流れる「ムーンリバー」の曲が切なくて、

草なぎくんがカッコよかった。伊藤英明も素敵だった。北川景子も綺麗だった。

ちはちゃんいわく、

「出てくる人全員、悪い人がいないんだよね。

 皆、いい人ばかりなんだよ(´;ω;`)ウウ・・・

 かませ犬かと思ってた現大園さんまですごく良いんだよ。

 私、最終的には現大園さんが一番好きかも~。」

うんうん、おせっかいなデヴィ夫人のおばさまや、うるさいだけの現大園さんも

本当は皆とっても素敵な人たちだった。

しかし、かませ犬なんて言葉使うか、いまどきの若者(爆)

胸がキュンとなる大人のメルヘン、心温まるドラマでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

ご挨拶映像

『楽隊のうさぎ』、ただいま絶賛公開中~movie

↓2013年12月15日(日)浜松のシネマイーラでの舞台挨拶の一コマです♪

http://www.youtube.com/watch?v=Zw8DmCaDUEk

↓2013年9月7日(土)、浜松での完成披露試写会での一コマです♪

http://www.youtube.com/watch?v=S5kIT6Ge_m4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

シャベルとスコップ

毎朝、時計代わりに見ている『めざましテレビ』で、

日常の気になる出来事をとことん調べる「ココ調」というコーナーがある。

先日、そのコーナーでシャベルとスコップの違いについて調べていた。

ザクザクと穴を掘ったりする時に使う大きなヤツと、

お花植えたりする時に使う小さいヤツ、

どっちがシャベルでどっちがスコップか、街行く人に尋ねてみると、

人によって答えがまちまちで。

統計をとると、どうやら地域によっても呼び方が違うらしい。

ホームセンターに行ったり、その方面の先生に尋ねたり、文献を調べたり。

それを見ていて急に思い出した、私の遠い記憶の中のワンシーン。

まだ私が幼稚園か、せいぜい小学校低学年くらいの頃だったかな。

隣の市にある母の実家に行った時、東京に住む母の妹一家が帰省していて、

庭で、おばあちゃんと、いとこや兄弟たちと、いわゆる砂遊びをしていた。

穴をほったり、おだんご作ったり、プラスチックのカップに砂を入れたり。

その時、ひとつ下のいとこの女の子が、「シャベルかして」って言った。

私、「シャベル」って何のことなのかわからなかったのよね~coldsweats01

いとこ「シャベルかして」、おばあちゃんも「シャベルかしたげ」。

なんか、私の方見て言ってるような気がしたんだけど、

私の使ってるのはスコップだし、これのことじゃないよね。

シャベルって何のことだろ~って思いながら、スコップを使い続けていた。

それからずっと後になって、シャベルってスコップのことだ、

あの時、あの子は私の使ってたスコップをかして欲しかったんだ、と気付き。

だのに私はかしてあげなかったんだ、しかも返事もしなかった、

なんてヤツだ、悪かったな~~~~~。。。orz と思ったっけ。

そんなちっちゃな心の傷が何十年を経ても、今もなんやかやと残っているんだな。

この年になったら、覚えておかなきゃいけないこともすぐ忘れちゃうのにな。

そのいとことは、それからももちろん普通に仲良しで、

まあ向こうはそんなこときっと覚えちゃいないのかもしれないんだけど。。|ω・)

シャベルとスコップ、関東と関西では呼び方が反対だそうで。

http://www.yukawanet.com/archives/4321328.html

ココ調での答えによると、シャベルとスコップの違いは、大きさではなく、

土を掘る時に足をかけられるかかけられないかを判断の基準にしていた。

肩の部分が平ら(足をかけられる)なのがシャベル、

なで肩(足をかけられない)なのがスコップ。

そして小さいものも足をかけられないからスコップ、らしい。

じゃああれはやっぱりスコップだったのか。

まあ、それがわかったからってどうってことないんだけど。。。(^-^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

『楽隊のうさぎ』 演奏開始♪

さて、日曜日の続き。

ライブでクリスマス気分に浸った後は、シネマe-raへ。

土曜日から『楽隊のうさぎ』が公開になり、

日曜日は上映後に浜松での舞台挨拶がありました。

http://www.youtube.com/watch?v=Zw8DmCaDUEk

この日は花の木中学校吹奏楽部員のほぼ全員が壇上に上がりました。

始まるまで、「本当に全員上がれるのか?とにかくやってみるしかないcoldsweats02

と心配されていましたが、皆笑顔でひとりずつご挨拶出来ました。

facebookをされている方は、当日の詳しい様子が

こちらからもご覧になれます↓

https://www.facebook.com/gakutainousagi

オーディションから1年半、本当の吹奏楽部のように練習しました。

これは最終撮影時の定期演奏会の看板↓

               

この日は(せっかくですから)私もエキストラで参加しました~(^_^ゞ

さて、どこに映っているでしょうか、お近くの映画館でさがしてみてください。

http://www.u-picc.com/gakutai/theater.html



定演やコンクールのプログラムも本格的に用意してあって、

本物の演奏会さながらの撮影でした。

   

舞台挨拶終了後は、久しぶりに集まった皆で打ち上げに。

総勢70名以上、しかもパワフルな中高生たち、テンション高かったです。

保護者席では、脚本家の方やプロデューサーさんたちから

「今だから言える」撮影秘話や裏話なんかも聞けて面白かったです。

人生の思い出に残る、貴重な経験をさせていただきました。

http://www.youtube.com/watch?v=S0ldgjzwObU

   

そして次の日。

任務を終えたMYUさんは、ちょっとそこまでザッハトルテ食べにcake

始発電車で旅立ったのでした。

ウィーン&ザルツブルグへの旅、6泊7日(機内泊含む)の修学旅行です。

・・・って、あんたどんだけ忙しいねん!(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

『楽隊のうさぎ』 中沢けい

内気な男の子が中学の吹奏楽部に入って成長していく物語で、

センター試験にも取り上げられたことのある小説です。

娘たちがふたりとも吹奏楽部にいたこともあり、次女に勧められて読みました。

熱血音楽根性物でもなければ、衝撃的な大きな事件がおこるわけでもありません。

誰もが経験する、思春期の頃のぎこちなさや、友だちや親、先生との関係。

部活での希望や挫折、将来に対する漠然とした不安。

だけど何もかもがきらきらと輝いていた、懐かしくて切ないあの頃。

この小説が、吹奏楽が盛んな音楽の街・浜松を舞台に映画化されました。

http://www.u-picc.com/gakutai/index.html

先日、試写会に行ってきました。

オール浜松ロケですので、浜松の街をご存じの方には、

きっとあちこちお心当たりの場所もあるのでは。

上映が始まりましたら、お近くの映画館でぜひご覧になってみてください。

実は、この映画に出てくる花の木中学の吹奏楽部に

うちの次女も部員のひとりとして入れていただきました。

さがしてもらわないとわかんない感じではありますが、

一年間、皆さんと練習を重ねて出演させていただきました。

おかげさまで、一生の思い出に残る本当に良い経験をさせていただきました。

娘をご存じの方には何カ所かで彼女の姿を見つけていただけるかと思います。

台詞もほんの少しだけいただいてるので、ぜひお聞き逃しなく。

<映画の予告編>どうぞ~↓

http://www.youtube.com/watch?v=BwmQRDQv0vQ

なお、せっかくの機会ですし、募集があったので、

私もエキストラとして出演させていただきました。

夢の親子映画共演でございます(爆)。

演奏会場に向かう背中とか、通路を歩く通行人とか、

まあほとんど本人にしかわからん世界ですがcoldsweats01

ただね、1か所。

すごいです(何がや・・)。

たぶん私をご存じの方にはわかっていただけると思うのですが。

最後の方で出てくる場面です。

ウォーリーをさがしてみてください(誰がウォーリーやねん!)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧