« 大河で盛り上がる地へ | トップページ | 『くちぬい』 坂東眞砂子 »

2014年1月30日 (木)

おうちごはんの大切さ

専業主婦だった頃、毎日テレビでお料理番組のはしごをしていました。

老舗大御所の「きょうの料理」をはじめとして、

平日に毎日放送されているお料理番組は結構あって、

QP3分クッキングや、故・金子信雄さんと東ちづるさんがやってたお昼の番組、

夕方の郁恵ちゃん&井森美幸のも面白かったな~。

ビデオに録りながら見て、作ってみたい意欲をそそられたら

巻き戻して材料やレシピをメモしては、いろいろ試していましたっけ。

食べてもらいたい人がいる、美味しいと言って食べてくれる人がいる、

っていうのもお料理意欲をそそる条件のひとつですね。

子供の頃からの「好きな人と結婚して専業主婦になるheart04」夢がかなって、

あの頃は毎日のお料理にめっちゃ燃えていました。

一週間の献立計画を立てたり、朝から晩ご飯の下準備をしたり、

カレーは市販のルーなど使わず、香辛料を炒めるところからやってましたね~。。

あんたは必殺料理人かい!coldsweats01

テレビのお料理番組見て、新しいメニューに挑戦するのも楽しかったなあ。

いろいろ見ているうちに、お気に入りのお料理の先生も出来たりして。

その中のおひとりがこの方でした。

      

日本のお母さん、って感じの方でしたね。

作られるお料理は、変わった材料や珍しい香辛料などは使わず、

あまりごちゃごちゃと手間をかけないので作りやすく、

栄養バランスも良くて家族が笑顔になるようなおふくろの味的料理。

「うちの子供がね~、これ大好きなのよ。」と嬉しそうに作られていましたが、

その息子さんもやがて料理研究家になられましたね。

私の一番お気に入りのカツ代さんレシピは「スイスステーキ煮」で、

今もしばしば我が家の食卓にあがります。

手近な材料でめっちゃ美味しく出来るのですdelicious

たくさんの美味しいお料理を教えていただいてありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

|

« 大河で盛り上がる地へ | トップページ | 『くちぬい』 坂東眞砂子 »

コメント

最近お見かけしないなぁと思っていたら、闘病生活だったんですね。ご冥福をお祈りします。
息子さんもバイク事故でリハビリ中、ファイトです!
ところで「スイスステーキ煮」ってどんなお料理なんでしょう?スイスとステーキと煮る、お肉料理かな?

投稿: みや | 2014年1月30日 (木) 05時13分

noteみやさん

ケンタロウさんも事故されていたんですね(ノω・、)
がんばってお元気になっていただきたいです。

スイスステーキ煮、カツ代さんの文章を抜粋すると・・

「ボリュームたっぷりおいしい料理
 こんな言葉にぴったりで
 おまけに豪華で そのうえに
 大きい声ではいえないけれど
 材料費だって安上がり」

「知らずに食べたら牛肉料理
 ほんとはブタ肉肩ロース
 ソースのひみつはタマネギを
 いっぱい鍋に敷きつめて
 肉と一緒に煮込みます」

「タマネギぎらいのある人が
 『ほんとにこの味すばらしい
  いったい何を使ったの?』」

投稿: なかさな | 2014年1月30日 (木) 23時41分

 小林カツ代さんが、闘病されていたのは知っていたのですが、お亡くなりになったと知って驚きました。

 料理の本もずいぶん読ませていただきましたが、エッセイも面白かったです。(漫画家になりたったようで、イラストもお上手でしたね)

 お弁当の本は、私も参考にさせていただいた記憶があります。

 そして、以前、お料理雑誌のモニターをしていたときに、息子さんのレシピも参考にさせていただきました。

 今、息子さんも大変そうですが、天国できっとお母さんが見守ってくれていると思います。

 ご冥福をお祈りします。

投稿: まきこん | 2014年1月31日 (金) 00時59分

noteまきこんさん

明るくてバイタリティーに溢れる方でしたね。
肩肘張らずに作れる身体に良いレシピは
家庭での毎日の献立に役立ちました。

家族で食卓を囲むことの幸せ。
家できちんとお料理して食べるごはんが
やっぱり一番美味しいと思います。

お料理をお仕事にされている方たち、
同じ道で活躍される子供さんも増えてきましたね。
ケンタロウさんのご回復をお祈りします。

投稿: なかさな | 2014年1月31日 (金) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/59033624

この記事へのトラックバック一覧です: おうちごはんの大切さ:

« 大河で盛り上がる地へ | トップページ | 『くちぬい』 坂東眞砂子 »