« Trick or Treat | トップページ | ♪赤い屋根の家を建てたい~ »

2013年11月 1日 (金)

猫と暮らすということ

私の鏡台の引き出しに今も残る・・・自分で後付けした引き出しストッパー。   

     1383308714581.jpg

そのまま引っ張っただけでは突起が上に引っかかって開かなくて、

だけどこれをちょっと下に押し下げるだけで簡単に開けられます。

子供が小さい頃、爪切りとかカミソリとか危ない物をここに入れてました。

何にでも興味いっぱいの子供はどこでも開けるし、

ちっちゃい子は言ってもまだわからないしね。

「触っちゃだめって言ったでしょ!」と叱ってばかりいるより、

それなら最初から触られないようにするために、どうしてやろうかほととぎす、

な~んて考えながら子育てするのが楽しかった。

ちゃんと言ってきかせるとわかるくらい子供が大きくなると、

そんな風に頭を働かせることもなくなっていたんだけど。

最近は「ぴの」という、言ってもわからんちびっこ再び。

仕事から帰ってくると、うわあ何ごと!?∑(=゚ω゚=;)

・・・やられたか~wobbly ってことがしばしば。

先日も家に帰ってくると、かつおぶしパラダイスでした(爆)

朝、お弁当におかかにお醤油からめてごはんの間にはさんだのを作って、

残りのかつおぶしをビニール袋に入れて引き出しに入れていたのを、

今まで見向きもしなかったその引き出し、

たぶん匂いを嗅ぎつけて初開けしたものと思われます((・(ェ)・;))

かつおぶしはそれ以降、二度とそこに入れることはやめたのですが、

一度味をしめてからというもの、しょっちゅうその引き出しを開けるようになり、

レーズンの袋をカミカミのドロドロにしたり、ナッツ類をぶちまけたりと

おまえさん、やってくれるじゃないの、というわけで(;^_^A

       1383308711673.jpg

手近にあった突っ張り棒をただ引き出しの取っ手に通しただけですが、

久々に勝利の喜びを実感することが出来ましたヽ(´▽`)/

開ける時、いちいち引き抜くのが若干めんどくさいですが(爆)。

猫のやったいたずらは猫のせいじゃないんですよね。

飼い主の方が、やられちゃったことについて反省すべきだと思うんですよ。

それは、まだ言ってもわからない小さい子供を育てる時といっしょだと思う。

子供を叱るより、まず親が気をつけてやるべきだと思う。

猫はダメとか言われてもわからない、

「猫がやった」って猫を叱るのは筋ちがい、

猫は永遠にわけのわからんちっちゃい子供のままでいてくれる、

そういうもの。

さて。

ちはちゃんがお休みの日、私が仕事に出て行く時に彼女はまだ寝ています。

ちはちゃん用に作った朝ごはんの入ったお皿、

ぴーの届かないレンジの上に置いて出て行ってたんですが、

最近、ぴーはレンジの上まで登れるようになったので、ここも危なくなり。

どうしたものかと考えた末、テーブルの上にメモを残しました。

帰ってきたら、ちはちゃんからの(ぴーからの?)お返事がありました。

1383308713864.jpg

|

« Trick or Treat | トップページ | ♪赤い屋根の家を建てたい~ »

コメント

さてと、どちらを応援したものか...。

投稿: m-スナフ | 2013年11月 2日 (土) 01時32分

notem-スナフさん

えっ、まさか向こうの味方?(; ̄ェ ̄)

投稿: なかさな | 2013年11月 3日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/58495388

この記事へのトラックバック一覧です: 猫と暮らすということ:

« Trick or Treat | トップページ | ♪赤い屋根の家を建てたい~ »