« 悪猫ぴー | トップページ | 25年ぶりの猫たち »

2013年10月21日 (月)

『楽隊のうさぎ』 中沢けい

内気な男の子が中学の吹奏楽部に入って成長していく物語で、

センター試験にも取り上げられたことのある小説です。

娘たちがふたりとも吹奏楽部にいたこともあり、次女に勧められて読みました。

熱血音楽根性物でもなければ、衝撃的な大きな事件がおこるわけでもありません。

誰もが経験する、思春期の頃のぎこちなさや、友だちや親、先生との関係。

部活での希望や挫折、将来に対する漠然とした不安。

だけど何もかもがきらきらと輝いていた、懐かしくて切ないあの頃。

この小説が、吹奏楽が盛んな音楽の街・浜松を舞台に映画化されました。

http://www.u-picc.com/gakutai/index.html

先日、試写会に行ってきました。

オール浜松ロケですので、浜松の街をご存じの方には、

きっとあちこちお心当たりの場所もあるのでは。

上映が始まりましたら、お近くの映画館でぜひご覧になってみてください。

実は、この映画に出てくる花の木中学の吹奏楽部に

うちの次女も部員のひとりとして入れていただきました。

さがしてもらわないとわかんない感じではありますが、

一年間、皆さんと練習を重ねて出演させていただきました。

おかげさまで、一生の思い出に残る本当に良い経験をさせていただきました。

娘をご存じの方には何カ所かで彼女の姿を見つけていただけるかと思います。

台詞もほんの少しだけいただいてるので、ぜひお聞き逃しなく。

<映画の予告編>どうぞ~↓

http://www.youtube.com/watch?v=BwmQRDQv0vQ

なお、せっかくの機会ですし、募集があったので、

私もエキストラとして出演させていただきました。

夢の親子映画共演でございます(爆)。

演奏会場に向かう背中とか、通路を歩く通行人とか、

まあほとんど本人にしかわからん世界ですがcoldsweats01

ただね、1か所。

すごいです(何がや・・)。

たぶん私をご存じの方にはわかっていただけると思うのですが。

最後の方で出てくる場面です。

ウォーリーをさがしてみてください(誰がウォーリーやねん!)。

|

« 悪猫ぴー | トップページ | 25年ぶりの猫たち »

コメント

予告編観ました。
親子揃って銀幕デビュー、すごいなあ。
地元の鈴木砂羽さんには遭遇したのかな?

投稿: みや | 2013年10月22日 (火) 05時18分

予告見ました!素晴らしいです!!

私も、何も取り柄のなかった中学校の頃にギターを初めてそのまま今がありますから・・・。

是非観させてもらいま~す。  FG500=小泉

投稿: FG500 | 2013年10月22日 (火) 13時47分

noteみやさん

はい♪(*^m^)
ご出演のあの方やこの方たち、間近で見られましたheart02
本物の役者さんたち、オーラが違いますね。

娘が原作の本がもともと好きだったので、
演技の経験など全くないのにダメもとで応募してみました。
オーディション受けられただけでも良い経験だったね、
って言ってたんですがcoldsweats01
ご一緒させていただいた皆さんとも仲良くなれて、
思いもよらない貴重な経験をさせていただきました。

投稿: なかさな | 2013年10月22日 (火) 23時47分

noteFG500さん

うれしいお言葉をありがとうございます。

私自身は、中学の時は軟式テニス部に入っていましたが、
それは運動が好きだったわけでも、
「エースをねらえ!」に憧れていたわけでも、
テニスをやりたかったわけでもなく。
それどころか、テニスがどんなものなのか、
ルールすら知らなかったのです。
ではなぜテニス部を選んだのかというとですね。

私は子供の頃から運動がとても苦手だったので、
このままだとダメだと思って運動部に入る事にしたのですが、
陸上部だの水泳部だの卓球部だのバレー部だのは
最初から皆と歴然とした差がついているのは明白だったので、
誰もが同じスタートラインで1から始める
未知との遭遇のテニスが一番ましかなと思ったのですcoldsweats01
(当時は小学生でテニスしたことのある子なんていなかったですから)

不器用な私なりにただただ地道に真面目に練習に出て、
ペアを組んだ子がキャプテンだったおかげで
最終的に県大会まで出場出来たことは
その後の私にかなりの自信を与えてくれました。
まあ未だにやはりどんくさくて運動音痴なんですが(^_^ゞ

そんな中学時代だったので、
この主人公の男の子に結構自分をかぶらせてしまいました。

誰もが通ってきた悩み多きあの頃、
派手な演出はなく、静かな感動のある作品です。
どうぞご覧になってみてくださいね。

投稿: なかさな | 2013年10月23日 (水) 00時27分

え~っ!何なにsign02何がすごいの?
観た~い!けど、劇場が限られてるんですねcoldsweats02

予告編を観て…息子の野球にダブらせました。家で一生懸命練習する姿、困難と葛藤、みんなで作り上げる素晴らしさ。う~ん青春!

えっ、なかさなさん、県大会までいったんですね!(そこもびっくり)

投稿: LIME | 2013年10月23日 (水) 20時41分

noteLIMEさん

えへへ。。まさかのドキドキものでした(´∀`*)

京都もあるのでご都合つけばぜひどうぞ♪
スポーツでも音楽でも、
純粋にがんばった思い出や友達は一生ものですよね。

小さい頃から運動が苦手で体育も嫌いだったので、
このままでは私の人生あかんわと思ってね。
汗と涙のテニス部時代は前後の判別がつかないほど真っ黒でしたcoldsweats01
運動で表彰されるなんて、インドア派の我が家では
前代未聞の出来事でしたね(爆)
真面目にがんばれば私のような人間でもそれなりに
ある程度は出来るようになるんだって自信にもなりました。

不器用さやどんくささは持って生まれたものなので
今も相変わらずですが(大爆)、
でもスポーツすることの楽しさがわかるようになったので
あの時の選択は正しかったと思っています。
またテニス、やりたいなあtennis

投稿: なかさな | 2013年10月24日 (木) 23時32分

今、音楽している姿勢を知っているので、多分テニスも同じように取組んでいたんでしょうね。なんとなく見えるような気がします。しかし、真っ黒ななかさなさんは、ちょっと見てみたい気もする。

投稿: m-スナフ | 2013年10月25日 (金) 01時23分

notem-スナフさん

自分の得意とする文化系部活に入る方が
きっと私には向いていたとは思うのですが。
誰に勧められたわけでもないのに
自らあえての運動部。
上記のように自分なりの考えやこだわりがあったんですが、
今から思えば変わった子だったかもcoldsweats01

当時は美白だのしみだの紫外線だの
日焼けに関して全く意識しなかったんですが、
今から考えればホント恐ろしいこってす。
プール入ると、ソックスとスコートの日焼けの仕方で
テニス部の子はすぐわかったんですよね。。sweat01

投稿: なかさな | 2013年10月26日 (土) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/58423531

この記事へのトラックバック一覧です: 『楽隊のうさぎ』 中沢けい:

« 悪猫ぴー | トップページ | 25年ぶりの猫たち »