« ルーツ その後 | トップページ | ソウイウモノニ »

2013年6月 2日 (日)

守りたいもの

今日は久しぶりにMYUと映画を見てきました。

今、見たい映画がめじろ押しchickchickchick

・・・にいっぱいあるんだけど、予算的にも時間的にもそんなに全部は見られないし。

ということで、テレビでもいいかと思われるのはテレビ放映を待つことにして。

これは、やっぱり映画館で見たかったので。

http://www.toshokan-sensou-movie.com/index.html

最初、有川さんの小説が話題になり始めた頃、

「この人の小説おもしろいよ~」と娘に勧めたのは私の方だったのに、

今ではすっかり娘の方が熱い有川さんファンで、

私よりいっぱい読んでいて詳しくて、いろいろ語ってくれます。

だからこれはぜひ娘と一緒に見たいと思ってました。

迫力の戦闘シーン、感動の場面、映画館まで足を運んで大正解でした。

終わった後、ふたりとも最初に口にしたことは。

「岡田くん、めっちゃカッコ良かったねheart04

「うんうん、あんなにカッコいいとは。」

「コアな岡田くんファンの人たちがいるのって、わかるよね。」

「うんうん、わかるわかる。」

「なんせ美しいもんね。」

「うん、あの横顔の美しさはすごいよね。」

・・・・・(*^m^) (*^m^)

榮倉奈々ちゃんも役柄にぴったりでした。

伸びやかな健康美、真っ直ぐでくもりのない笑顔。

児玉清さんのご出演にも泣けました。

石坂浩二さんや、その他の出演者の方たちの演技も良かったなあ。

ロケ地に北九州市があったのも自分的に親近感があり。

出てきた図書館もすごかった。

あんなストーリーを考えた有川さんの、

本に対する思いが伝わってくる映画でした。

見終わった後、とっても図書館に行きたくなりました。

|

« ルーツ その後 | トップページ | ソウイウモノニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/57513046

この記事へのトラックバック一覧です: 守りたいもの:

« ルーツ その後 | トップページ | ソウイウモノニ »