« siriに諭される | トップページ | 猫のみた夢 »

2013年5月23日 (木)

お化け屋敷香考

昨日の午後、病院の周りで草刈が行われたようで、

今日は窓を開けていると、外から草の青々とした匂いが入ってきて。

思わず「お化け屋敷を思い出しますよね~happy01」って言ったら、

誰からも賛同を得られなかったので衝撃だった。

若い子は「お化け屋敷って、遊園地でしか入ったことない」って言うから、

もしかして世代的なものかもと思って、一応私より年上の人にも

「夜店とかのお化け屋敷のにおいですよね~?」ってきいてみたけど、

「いや、わからないわ~」と言われてしまった。

あのにおいからお化け屋敷を連想するのって私だけなんだ?((・(ェ)・;))

じゃあなぜ私の中では

「草を切った時のにおい=お化け屋敷」なんだろうかと考えてみた。

子供の頃の私にとってのお化け屋敷体験ってのは、常設のものではなく、

毎年夏になると商店街で行われていた土曜夜店での

目玉イベント(花火大会とか、盆踊りとか)のひとつだった。

我が家は、当時はにぎやかだったアーケードのあるその商店街の一角にあった。

お化け屋敷になる会場はその年によって変わっていたけど、

我が家の隣の呉服屋さんの駐車場にもお化け屋敷が作られたことがある。

そう、お化け屋敷を手作りするんですよね。

今から考えれば大変だったろうなあ、商店街の人たちで作ってたのかな。

我が家の3階の窓(古~い木造3階建ての家であります)から、

昼間にお化け屋敷が作られていく様子を上から眺めていた記憶がある。

柳とか笹とか切ったのをいっぱいどっかから運びこんできて、

うっそうとした廃屋みたいなのを作って、

記憶に残っているものをあげれば、中には例えば、

血しぶきの飛び散った障子とか、

カラカラと生首が上がってくる古井戸とか、

ひとだまが萌えて、否、燃えてたりとか、

何より怖かったのは、本物の人が扮する幽霊。

白い着物を着て、頭には白い三角のをつけて、うらめしや~と脅かしてくる、

そういう幽霊が3人くらいどこかに隠れていて、追いかけてきたりして、

あれはホントに超怖かった~~~wobbly

子供とか泣いてたもんなあ。。まあ私も子供だったけど。

柳とか草とか青々したのがいっぱい使ってあったからなんだろうな。

草刈のにおいは私の記憶の中のお化け屋敷を思い出させてくれる。

|

« siriに諭される | トップページ | 猫のみた夢 »

コメント

嗅覚によるイメージって、かなり強いと思いますデス

投稿: 役満太郎 | 2013年5月23日 (木) 23時00分

note役満太郎さん

そうですよね。
何かのにおいでふっと世界をワープ出来ちゃいますよね。
脳の奥深くに刻み込まれた記憶を
簡単に呼び戻すカギの役目をしてくれます。

今では日本でもとっても一般的になったラベンダー、
小学生の頃は未体験のその香りに憧れてました。
どんな香りがするんだろう、
それを嗅いだら私もタイムトラベル出来るんじゃないかとか。。(^_^ゞ
大人になった今、我が家の庭にもラベンダーを植えています。

投稿: なかさな | 2013年5月24日 (金) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/57439292

この記事へのトラックバック一覧です: お化け屋敷香考:

« siriに諭される | トップページ | 猫のみた夢 »