« はがた付きシロップ | トップページ | 新聞配達 »

2013年4月18日 (木)

出来上がりの図

かなり長い間抱えていたボビンレースの作品が完成。

これはイギリスのベッドフォードシャー・レースです。

Image

10センチ四方ほどの作品の中に、いろんな技法が使ってあります。

まず真ん中の四角を作って、どんどん外へ織り進めて行きました。

だから外へ行くほど1周するのに時間がかかり。。(;^_^A

拡大してみると(粗が目立ちますが)こんな感じ。

Image_2

思っていたよりめっちゃ時間がかかって途中で挫折しそうでしたが、

織り上がってピローからはずした時の達成感といったら。。(* ̄ー ̄*)

自己満足の極みですな(爆)

私のボビンレース歴も、細々とながらかれこれ20年。

ここまでやってくると、もう作品を大量生産しようとは思いません。

時間がかかっても、1年にひとつしか出来なくてもいいから、

作って良かったと思えるものを作りたいです。

めっちゃ細かい作業だけど、大きなキャンバスに絵を描くような感覚です。

先生が

「細かいこと言うようだけど。

 ここはね、針をこういう角度で打つと・・・云々。

 ミクロとまではいかないけど、1ミリの半分くらいの話なんだけどね。

 まあでもここにいる人たちは、皆おたくだもんね~(爆)」

こんなことやってて何が楽しいのかって自分でも思うけど。

でも好きなんですよねえ、こういうことが。

超オタッキーな趣味ですcoldsweats01

|

« はがた付きシロップ | トップページ | 新聞配達 »

コメント

 わー、素敵ですね。
 子供が小さいときに、なんちゃってパッチワークとかやっていた時代を思い出しました。
 無になってできる趣味ですよね。
 達成感が一番!

投稿: まきこん | 2013年4月19日 (金) 01時12分

凄い細かい作業てすねeye
これは達成感shine解りますscissors

投稿: チョコ | 2013年4月19日 (金) 06時19分

素敵な作品ですね~note
好きでないと続かない細かい作業だけど
完成させた時の達成感はご本人じゃないと
感じられないですよね~

投稿: 面影橋 | 2013年4月19日 (金) 20時35分

noteまきこんさん

子供の頃のクロスステッチやリリアンやフェルト手芸に始まって
昔からあれやこれやとひととおり手を出してきた(爆)
手芸フリークです(^_^ゞ

私もパッチワーク、しばらく習っていました♪
スー&ビリーとかダブルウェディングリングとかの
お気に入りの大作は今も飾っています。

常に何やかやと作りかけ状態じゃないと物足りなくて、
いつまでたってもすっきり片付かないですが。。coldsweats01

投稿: なかさな | 2013年4月19日 (金) 23時05分

noteチョコさん

何時間もかけて数センチ織って、
気に入らないとほどいてまたやり直して、
目は疲れるし肩はこるし、
自分でも、何で私こんなことやってるんだろうと
ふと思ったりしますが(;^_^A

「物を作る」という作業が好きなんですね。
没頭して作っている時の自分だけの世界に浸る時間、
至福のひとときです。

投稿: なかさな | 2013年4月19日 (金) 23時14分

note面影橋さん

そうなんですよね、
レースはもちろん大好きなんだけど、
作品そのものがほしいっていうより
作っている過程の時間がほしいから作る。

ジグソーパズルにも似ているのかな。
普通に絵を買って飾ればすむ話なのに、
あえてばらばらの欠片になってるのを買って、
自分で作り上げることに意味があるという。

地道に楽器を練習することにも似ているかも。
自分ひとりのストイックで贅沢な時間です(^_^ゞ

投稿: なかさな | 2013年4月19日 (金) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/57200964

この記事へのトラックバック一覧です: 出来上がりの図:

« はがた付きシロップ | トップページ | 新聞配達 »