« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

3月ラスト

久しぶりに3人分delicious

Image

私の愛するパイナップルナッツ登場~ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

選択の自由

その昔。

いちばん最初に我が家にパソコンが導入された時は、電話回線を使用。

インターネットに繋いでいると電話が出来なくなるので

ドキドキしながら急いで繋いだり切ったりしてたっけ。

やがてADSLやらISDNやら、フレッツやらコミュファやら、

ほらこんなにお安い、ほらこんなに早い、ほらこんなに便利~happy01

と次から次へと勧誘されるたびに、

「え~あの私、はっきり言って・・・めんどくさいんですけど・・・」

と失礼なことを申しては、

「大丈夫です、ほんの〇〇分の簡単な工事と設定だけで~」

とまるめこまれて(爆)、オススメプランに合わせて変更してきました。

今現在は某コミュファさんの光に落ち着いています。

電話回線もその光電話ということでまとめてお安くなっております。

先日、またその会社の人がやって来られて、

奥さん、ここはもういっちょテレビもまとめられてはいかがかと。

光テレビってやつですね、そうすると。

ほらこんなにお安い、ほらこんなに早い、ほらこんなに便利~happy01

なんでも、BSがいっぱい見られるようになるそうで、MYUが大賛成しました。

・・・あんた、録画しても見る時間なくて、結局見ないまま消してるくせに(大爆)

まあいいか、それでひとつお願いしますわ。

というわけで、2日間にわたって「簡単な工事と設定」に来られました。

さて、我が家には常時、猫たちが2匹うろついております。

作業着を着た見知らぬ男性2名がわいわいやって来られましたが、

さすが、くるにゃんは大人です。

全く動じず、マイ定位置で「私は毛玉」状態で寝ていました。

そこに猫がいるのかいないのかわからん状態でした。

ぴーの方は、作業の邪魔したりしても困るので、ケージに入れておきました。

いつもなら昼間っからケージに閉じ込められたら、出せ出せ大騒ぎするのに

この時は、ベッドで香箱組んで出来るだけ小さくまとまり(ボクいませんから)、

声もたてずに目だけはマルマルと作業の様子を見つめ続けていました。

やっぱり、ぴーはまだまだ子供です。

これまた、そこに猫がいるのかいないのかわからん状態でした。

そんなわけで、作業も設定も滞りなく終了し、

特典としてBSがいっぱい見られるようになりました。

ふうん、どんなのやってるのかな~とちょっと見てみたら。

・・・なんじゃこりゃ。

どこまでいってもチャンネルが終わらん~∑(=゚ω゚=;)

スポーツだけでも、どんだけあんねん。

どこの誰が一体こんだけテレビ見んねん。

あまりに膨大な映像と情報量が私の中の許容範囲を越えてしまって、

なんかだんだん気持ち悪くなってきました。。。orz

ものすごい選択肢の数。

人はここまで選ぶ自由を与えられると、

もう選ぶことが出来なくなるものなんですね。

スパゲッティが食べたくて入ったスパゲッティ屋さんのメニューに

例えば20種類くらいのスパゲティがあったら、

めっちゃ真剣に「どれ食べよう」って悩みながら一生懸命選ぶけど、

例えば500種類くらいのスパゲッティがあったら、

なんかもう、無理っていうか、どうでもよくなるというか。

そんな感じですわ。。(;^_^A

ただ、たまたまついてたBBC製作の番組、えらく素晴らしいものだった。

なんというか、どっかの博物館とかで30分ごとに流される映像のような、

えらく格式高い、生き物や地球や生命や宇宙の偉大さを感じられる

ものすごい壮大なものだった。

こんなの毎週やってるんだろうか。

まさか毎日?

家で日常的にこんなのが見られるって、どんだけ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

♪つぼみから花咲かせよう

卒業式日和の温かな一日でした。

大学までの道を歩きながら、

ふたりで受験に来た時のこと、

3人で入学手続きに来た日のこと、

ひとり大学に入っていく娘を見送った日のこと、

学園祭でのファッションショーを見に来たこと・・・

いろんなことを思い出していました。

20

4年間、長かったような短かったような。

でも大学時代の年月は、一生物の大切な思い出になること間違いなしcrownshine

Dscf0715

式場を出ると・・・

「ちっちゃいキャンパスなのにすごい人だ~Σ(・ω・ノ)ノ!」・・・by.ちはちゃん

Dscf0719

後姿ですけど。。(^_^ゞ

友だちに、ピンクの袴が「らしい」と言われたそうです。

10

卒業おめでとう♪

http://www.youtube.com/watch?v=GSCSWXz0nEs

12

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

ブラウンくん

卒業式の後は謝恩会があるから、

前日に一緒に晩ごはんでも食べよ~ってことにしてました。

泊まるホテルの場所を伝えたら、

ちは「私の彼氏が挨拶しときたいって事なんで」

一緒にごはん食べることになりました~ヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノ

わあいわあいわあい~~~~~happy01heart04どきどきわくわくheart04

ロビーで、にっこにこのちはちゃん+緊張の面持ちの彼氏くんにお会いしました。

ホテルのお食事20%オフのチケットもらったのでdollarここで食べることにしました。

洋食のレストランと和食のお店、迷った末に和食に決定。

↓私とちはちゃんは料理長おすすめの「大和遊膳」

Dscf0706_2

♪引き~出し~の中から あの人の写真・・・ではなく(爆)

Dscf0708_2

お魚が好きな彼↓とMYUさんは「お造り膳」

Dscf0709

これ以降のデザートまでのお料理の写真、すっかり撮り忘れました(爆)。

ちはちゃんの卒業旅行の話、これからの仕事のこと、子供の頃の話。

ひとつ年上の彼は、最近一人暮らしを始めて、

チャーハンがうまくぱらぱらに作れない話とか、

おばあちゃんがサバ缶を送ってくれた話とか、

辛いものと豆ごはんが苦手っていう話とか。

いろんなおしゃべりしながら美味しくいただきましたdelicious

彼の11歳年の離れた(!)4月からやっと中学生という妹さんの写真や、

お家で飼ってるワンコさんの写真なんかも見せてもらいました。

ちは「彼、めっちゃブラウンに似てると思わない?LINEの。」

彼 「え。。。そんなこと、誰にも言われたことないし。。((・(ェ)・;))」

ちは「似てるよ~めっちゃブラウンだって~。」

彼 「え。。。似てますか?((・(ェ)・;))」 (と私に聞かれても)

私 「あ、どうかな~。似てるといえば似てるけど。。どうかな~(;^_^A 」

あたたかいご家庭で愛情を受けて真っ直ぐ育ってこられたんだろうな、

っていう印象の人でした。

ちはちゃんにこそっと

「可愛い人だね~(^_-)-☆」と言ったら、

「そうなんだよ~。

 よく身分証明書の提示を求められたりするんだよ~。

 未成年だと思われるみたいだよ。

 きゃははは。。(*^ω^*)ノ彡」

・・・・・

これからは遠距離になっちゃうけど、良い関係が続くといいね。

なんせお母さんとお父さんだって、7年間ずっと遠距離だったしね~(^_^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

しばしタイムスリップ

木曜日の朝、猫たちを動物病院のペットホテルに預かってもらって、

そのままMYUと電車に乗ってbullettrain 、奈良に向かう前にちょっと京都で途中下車。

あ~周りの人たちがみんな関西弁の世界。

めっちゃ帰ってきた感。やっぱり落ち着く~confident

結婚して関西を離れてからもう20年以上がたつけれど、

やっぱり関西に戻ると、地に足がついたような気がします。

自分のルーツを実感します。

バスに乗って、懐かしい七条通り、三十三間堂やら女坂の入り口、

馬町の坂を眺めつつ、五条坂へ。

清水焼、扇子、アクセサリーやちりめんのお店、もちろん八橋にお漬物、

修学旅行の定番アイドル系ショップetc.

MYU「新撰組セットだ!聖☆おにいさんだ~!」(爆)

お土産屋さんをのぞきつつ、坂を登りました。

着物姿の女の子たちや着物カップルなんかも見かけました。

レンタルで着付けしてくれるお店で着替えるんですね、風情があって素敵です。

あったかかったので、外の景色を眺めながら、軽いお昼を。

私はきつねそば、MYUはたまごとじうどんnoodle

Photo

桜も少し咲いていました。この階段を登ったら、清水さんです。

5

Dscf0690

そしてまた坂を下って。

30年ぶりにここに来ることが出来ました。

Dscf0696

学生時代にバイトしていたお店です。

http://www.coffee-zenzai.jp/

あの頃はお花が植えてあった洋風の外観は、和風のお店に変わっていました。

お店の中のテーブルとか椅子は当時のまま。

奥にはお雛さまが飾ってありました。

___5

お花のように明るくて可愛らしかったママさん、

「孫だって何人もいるし、ほら、しわもこんなに。もうすっかりおばあちゃんよ。」

なんておっしゃるけれど、お年を感じない相変わらずの可愛い笑顔にびっくり。

懐かしくお話していたら、奥からマスターも出てきてくださいました。

こちらも髪は白くなられたけれど、飄々とした話し方も風貌も当時のまま。

おふたりともとてもお元気で、全くお変わりなく、

私のことも、旧姓や「〇〇ちゃん」で呼んでくださるし、

なんだかタイムスリップしたみたいな感覚でした。

違うことといえば、そこに私の高校生の娘が同席していたことかな。。(^_^ゞ

娘は初のおうすに挑戦し、五味(ごみ)をいただきました。

あの頃の新商品だった、5種類の味のレアチーズケーキ、健在です。

私はもちろん、コーヒーぜんざいを。

___3

抹茶系のスイーツは苦手な娘ですが、意外にもおうすはOKでした。

「甘くないから大丈夫だよ。お茶なのに甘い、ってのがどうもダメなんだよね。」

なんと、この理屈。

お父さんと同じこと言ってるcoldsweats02 

平日の中途半端な時間、他にお客さんがいなかったのをいいことに

ずいぶん長い時間まったり懐かしさに浸らせていただきました。

たった2年間のバイトだったけど、いろんなこと覚えていただいていて、

時を経て、再びお会い出来てとてもうれしかったです。

どうぞこれからもおふたり仲良く、お元気でいらしてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

見えないものを信じること

木曜・金曜とお休みをもらって、ちはちゃんの卒業式に行ってきました。

結果的に5連休することになりました。。m(__)m

濃い2日間になったので、後ほどゆっくり思い出を書き残すことにして、

まずは20日(水)にさかのぼります。

浜松での槇原敬之さんのコンサートに行ってきました~o(*^▽^*)o

初・生マッキーですshine

アクトの大ホールって何人くらい入れるのかな、早々のSOLD OUT。

先々行予約の抽選に当たったので、ラッキーflairと思っていたら、

届いたチケットは、なんとまさかの3階席coldsweats01 

2階席は覚悟していたんだけど、え~アクトって3階があったんだ~。。

と思っていたら、なんと4階席まであったんですね(^_^;;

すごいなあ、さすがだなあ。

3階・4階は壁に突き出たベランダみたいに作られた席で、

真下を見下ろすとめっちゃ怖かったです。。shock

Image

今回のツアー『Dawn Over the Clover Field』にちなんで、

会場入り口には大きな四つ葉のクローバー、

床にもあちこちに紙で作ったクローバーが散っています。

(帰りに少し拾ってもらってきましたclub ←三つ葉やん)

Image_2

Image_3

これから行かれる方がありましたら、ここから少しネタバレになりますm(__)m

曲は、ツアータイトルにもなっている新しいアルバムの曲からがほとんど。

これはもちろん、ちゃんと予習していきました~(^_^)v

あとは他のアルバムからの曲や、シングル曲の「モンタージュ」、「遠く遠く」、

「Hungry Spider」なんかも懐かしかった~(ノω・、)

映像あり、レーザー光線あり。

ステージ衣裳は、何かの音楽番組でも見たことのあるキルトでした。

ジャケットとともにお洒落でした。

バックバンドもとっても素晴らしい演奏で迫力ありました。

・・・が。

文句言う気はないのですが。

あまりに素晴らしすぎて、音が大きすぎるというか。

(れっきとした文句じゃ!・・・by.バックバンドの素晴らしいプレイヤーの皆さま)

マッキーの歌声ファンの私としては、

あ~静かにして、もっと声を、声を聴かせて~。。なんて。人( ̄ω ̄;) スマヌ

ほんの何曲かだけでいいから、

ピアノだけとか、アコースティックギター1本だけとかで

マッキーの生歌声を堪能してみたい~などと贅沢なことを思う私でした。

いや~でもやっぱりいいなあ、槇原さんの歌って。。confident

http://www.youtube.com/watch?v=36qQVg93jUE

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

人はそれぞれ違うでしょ

さて、今期のドラマについて語る・続編(語られても)。

重松さんの正統派『とんび』は、もちろん見る前からわかっていた直球名作で

もちろん見る前からわかっていた毎回涙、しかしここであえて。

私の見た中で選ぶ(爆)今期のドラマ大賞crownは、『泣くな、はらちゃん』に♪

http://www.ntv.co.jp/harachan/

マンガの中の人物たちがこの世界に現れるという、

全くあり得んストーリーなんですけど、

でも長瀬くんがこういうぶっとびキャラをやるとやっぱり面白いんですよね。

見始めた頃は、ひねくれてて好きじゃなかった越前さん、

そんなに可愛くもカッコよくもないと思ったマンガの中のキャラクターたち、

どんどん素敵になって魅力的で愛おしくなってきて、

毎回とても心癒されて胸がきゅんとなる、大人のメルヘンの物語です。

舞台がかまぼこ工場っていうところや、超そこらへんにある雑然としたお家、

そこで一緒に暮らすいい加減なフリーターの弟や底抜けに明るいお母さん、

意地悪なパートのおばさんや町の人たちなんかも、

ほのぼの温かくてなんだか懐かしいような、とっても良い味を出しています。

今のこの世界の感覚でいえばすごく変な人なんだけど、

ピュアで一途で子供のような汚れのない心をもっているはらちゃん。

「両思いになりたいです♪」とか「あなたは僕の神様です♪」とか

こんな風に真正面きって言われるのって、すっごい幸せだろうな~heart04

はらちゃんが泣くシーン、一緒になってうるうるきちゃいます。

この歌がまたなんか、泣けるんですよね~。。

http://www.youtube.com/watch?v=vR0fQ5NeSf4

♪だからお願いかかわらないで~・・・ついつい口ずさんでしまいますnotes

漫画の世界の人とはきっと結ばれることはないんだろうけれど・・・

今度で最終回、終わってしまうのが残念だなあ。。(ノω・、)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まさかのミステリー

TVドラマも次々に最終回をむかえつつある3月末。

今期のドラマで印象深かったもののひとつが、

NHKのよるドラ『書店員ミチルの身の上話』。

http://www.nhk.or.jp/drama/michiru/

大体、新しいドラマが始まる頃になると、

テレビの番宣とか新聞広告にあらすじが載ったりして

それを見て「面白そうかも。これ見てみようかな~」なんて思って、

まず1話目2話目くらいをためしに録画して見てから、

それ以降も本気出して(爆)見続けるかどうか決める、

というのがいつもの私のパターン。

だけどこれ、まったく何の前知識もなく見始めました。

「NHKに戸田恵梨香ちゃんが出てる~」

・・・それだけの理由でとりあえず見てみました。

戸田恵梨香ちゃんって、なんか好きなんで。。(^_^ゞ 

それで、どんな内容か全然知らないまま、しばらく見てました。

最初は、これって恋愛もののドラマなのかなって思いました。

つまらなく思える日常、今の彼とのドキドキしない恋愛、

それが本当はすごく得がたくて大切なものなんだよ、みたいな。

でも結構、家族とか職場の人たちとかも深く描かれているので、

壊れかけた家族の再生ものかなとか、

いろんな経験して主人公が自立していく話かなとか、

そんな風に思いつつ見ていたところ・・・

えっっっ、何?殺人!!!?Σ(・ω・ノ)ノ!

思いもよらずいきなり人が殺されたりなんかするもんで超びっくりしてしまった。

いやいやいや、これってミステリーだったのか。。。

2時間ものの湯煙なんちゃら温泉とかのドラマで

ちょっとやそっと殺人がおころうと、

どっかに死体が浮いてようと、穴掘って死体を埋めようと、

人はさして驚きもなくそれを普通に受け止めるものだけど、

全く予期しない場面、

例えば「渡る世間」とかでそんなこと起こったとしたら、めっちゃ衝撃的である、

という事実を実感しました。

そう、私たちの日常に起こる非日常こそサスペンスなのです。

って、なにを結論付けているやらわかりませんが。

このドラマ、それ以降めっちゃ怖くなっていきました。

♪怖いながらも・・・最後までしっかり見ました。

そうか~ラストはこうきたか~~さすがミステリー~~~の終わり方でした。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

♪ねこ曜日なにもしない。。

朝からぽかぽかとっても良いお天気ですsun

春ですねえ、春がきました。

私のいちばん好きな季節です。

さて、先日のラヂヲデイズでの音源から4曲公開しました。

お時間のある時にでもどうぞお聴きくださいmusic

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

tulip「人」 花岡幸代さん

歌声もメロディーも大好きな方です。歌詞がとっても共感できます。

http://musictrack.jp/musics/54241

tulip「追伸」 グレープ

歌うのが難しかった曲ですが、ギターや声を重ねるのが楽しかったです。

http://musictrack.jp/musics/54243

tulip「夏の終り」 オフコース

AOIさんと、機会があったらいつかご一緒しましょうと練習していた曲。

季節感全く無視して(爆)やってしまいました。

http://musictrack.jp/musics/54288

tulip「ねこ曜日」 岩男潤子さん

ブログのタイトルにも使わせていただいている大切な曲です。

久しぶりに歌わせていただきました。

http://musictrack.jp/musics/54294

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

一息の抜き

朝刊に連載中の葉室麟さんの時代小説『紫匂う』、

始まった時は、うわーーー何これ。。。(-゛-メ) と思った。

主人公のお武家の奥様・澪さんがどうもダメで、

人それぞれとはいうものの、私には理解に苦しむ。

すごく良いご主人、可愛い盛りの子供たち、何不自由ない平穏な日々、

その幸せになぜ感謝せん!もったいないわ!と思う。

昔、澪さんと恋仲だったという笙平さんもどうかと思うわ~~~(-゛-メ)

こういう恋愛至上主義みたいなのは全くもって苦手。

そんなこんなで絶体絶命のふたりの前に颯爽と現れたのは、

それまでずっと地味な脇役っぽかった澪さんのご主人の蔵太さん。

破滅への道を突っ走るふたりを前に、一体この大人しそうなご主人が

どういう行動をとるのかと思ったら。

なんとすばらしいheart04めっちゃカッコイイじゃあ~りませんか(*´ェ`*)

蔵太さんが言った、剣法の「一息の抜き」という話がすごく良かった。

何ごとも追い詰めてはならぬ、一息だけ隙間を空けておいたほうがよい。

一息の隙間が余裕となって剣が振るえ、危うい命も助かることがある。

ひとを追い詰めず、一呼吸置いて接する蔵太さんの生き方。

それまで孤高の悲劇のヒーローっぽかった笙平さんにくらべ、

人間の大きさとか大人の余裕とか賢明さとかを感じました。

いや~~~単にふたりの世界に落ちていくような恋愛小説かと思いきや、

素敵な方の登場でこれからの展開が楽しみ楽しみ(*^-^)

ところで話はすこし違うかもだけど、私、

引き出しとかは奥まできちっと閉めきらずに

ほぼ閉まってるっていうか、閉めかけっていうか、少しだけ隙間が開いてたり、

部屋の物もピシッと整然と並んでるよりも

ちょっとゆがんだり、ずれてたりする方が自然でむしろ心地よく感じるんですが、

こういうのもいわゆる「一息の抜き」なんだろうか♪

(それはただの手抜きですから・・・by.all )

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

黙祷

ちょうど家にいて、いつものように遅いお昼を食べてる時間だったので

今日はテレビの時間に合わせて、全国の皆さんと一緒に黙祷することが出来た。

娘の高校では、特に放送もなかったようだけど、普通に授業中だったらしいけど、

「2時46分、私も自分で黙祷したよ。」

あの日も今日と同じように、仕事から帰って、ふつうに遅いお昼を食べていた。

あれから2年たったけれど、やはり私には何もわからず、何も言えない。

どんな言葉も、何ひとつわかっていない私が言えることではない、と思ってしまう。

どんな言葉も、本当はそれは違うんじゃないか、と思ってしまう。

ただ、黙祷して目をつぶっていると涙が出てきてしまう。

私は何をどうすればいいのか。

相変わらず何も言葉にしてあらわすことのできない自分だけれど、

ただこれからもずっと考えつづけていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

♪友だち150人出来るかな~

今日はMYUさんが

「サクソフォンオーケストラ自由演奏会」というのに参加したので

聴きに行ってきました。

3

今までに吹奏楽の自由演奏会というのは何度か経験があるものの、

サックスだけって成り立つの?

「浜松ゆかりのサクソフォン愛好家みんな集まれー!」とはいっても

一体どれだけの人が集まるのかと思ったら、

なんとプロ&アマチュア合わせて150人も!(・oノ)ノ

会場に行ったら、そのへんうろうろしてる人が皆、サックス持っていて、

持ってない自分がなんか恥ずかしくなるほどでした。。coldsweats01

サックスって、手に持ってるだけですでにもうカッコイイ楽器ですね。

キラキラして、豪華で品があって。

会場のヤマハさんの本社、初めて入りました。

ものすごい風の中、駐車場もきちんと誘導してくださって、

立派な建物の広くて綺麗な集会室は雰囲気も気持ちよかったです。

Photo

お昼に集合して、初めて皆で練習して、夕方にはもうコンサートです。

音楽雑誌で見たことのある、須川展也さんとか福井健太さんとか

皆さん浜松出身の方なんですね、やっぱりここって音楽の街なんだなあ。

須川さんは思ったより小柄な方でしたが、演奏されるととても大きく感じて、

笑顔が柔らかくてすごく素敵な方でした。

あんなに近くで見られて感動でしたheart04

そのうえ須川さんのおやじギャグも聞けました(爆)。

MYUのレッスンの先生もスペシャルゲストかつ実行委員、

個人で習っている先生はサポーターで参加されていて、

「私ってすごい先生に教えてもらってるんだなって思ったよ。

 なんか、とても先生に近寄れなかったよ。

 むこうから声かけてくださったけど~。。。(;^_^A 」

指揮者の方もおっしゃってましたが、

これだけたくさんのサックスを一度に吹くとどんな音になるのか

想像がつかなかったけれど、

サックスの音というのは、甘く柔らかい響きなので

大きな音になっても全くやかましく感じないんだなと。

包容力のある音、という風にも表現されていました。

クラシック、ジャズ、ポップス、映画音楽、

いろんなジャンルで幅広く演奏される楽器でもあるとおっしゃっていました。

サックスに出会えて良かったね、こんな場に参加できるなんて幸せだね。

「うん♪私、もっと上手になれるようにがんばるよhappy01 」

サックスケースに書いてもらったサインをうれしそうに見せてくれました。

2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

夕暮れのたもと

本日、サックス2本を家に持ち帰りたいお嬢様を、

学校まで車でお迎えにあがりました。

信号待ちをしていたら、中学生かな、高校生かな、どこの学校の子たちかな、

野球のユニフォームを着たまま、リュックを背負った男の子達。

4、5人のかたまりになって、しゃべったり笑ったりしながら。

そんな部活帰りのグループがいくつか歩道を歩いていました。

日が暮れて薄暗くなった帰り道、彼らの行く手には

アパートや一戸建ての家が続いているのが見えました。

家が近づいた子から「じゃあバイバーイ!」って少しずつ散っていくんだろうな。

向かう先の自分の家には、窓に灯りがついていて、

晩ごはんのカレーとかハンバーグとかの匂いがして、

「ただいまー!」ってドアを開けると、

お母さんとか妹とかが「おかえりー!」って言ってくれて。

・・・なんて勝手にこのあたりまで想像したら、泣けそうになった。

絶対的な安心感に包まれて、守られていたあの頃。

どうも夕暮れ時のこの時間帯って、とっても苦手だ。

なんだかわからない切なさでうるうるしながら学校の前に着いたら、

両肩にサックス担いで、手にカバンさげながら

携帯の画面に見入るお嬢様が立っていて

「あー疲れたーお腹すいたー眠いーsleepy」と乗り込んできて

まあ一気にそんなのもふっとんでしまったけれど。。(;^_^A

http://www.youtube.com/watch?v=eiM_Atuuw8U

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

♪なぜ なぜ~

ライブの翌朝、ゆっくり起きて、妙に重い身体を引きずりつつ

ホットケーキでブランチ。

土曜日に外出したので、日曜日はこもりのおばさんになりました。

昨日の余韻に浸りつつ、お洗濯にお掃除、そして時々うとうとのねこ曜日cat

夜になっても相変わらず身体が重くて、ばりばりであちこち痛い。

「なんでこんなに肩がこってるんだろう?

 ねえMYU、おか~さん、昨日なんかしたっけ???」

・・・口に出してみて、やっと気付きました。

「そうか!ギター持ってうろうろしたからだ~flair

一夜明けると忘れてるし(爆)。

全然意識になかった自分に我ながらびっくり。

でも原因に気付いたとたん、なんかすっかりお気楽になるんですね。

なんだ~そうか~ギターか~そりゃ納得だ~。

「・・・おか~さんにはサックスは持てないねgawk

背中にサックス背負って、教科書やお弁当の入ったずっしりカバン持って

電車&バスを乗り継いで過酷に通学するMYUに言われました。。(;^_^A

お箸より、否、カルテより重いものを持たないヤワな母(ぼかぼか★)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

ひな祭りライブ♪

一昨日の2日(土)、

ラヂヲデイズさんでのひな祭りライブに出演させていただきました。

Photo

3年前にもこのライブに出演させていただいたことがあって、

その時はひとりで震えるような40分間を経験しましたが、

今回は男性サポートもOKとのことで、

AOIさんにご一緒していただけたのでとても心強く感じました。

前回はどんなだったかなと振り返ってみると。。

http://soup-in-the-morning.cocolog-wbs.com/nekoyobi/2010/03/post-5900.html

http://soup-in-the-morning.cocolog-wbs.com/nekoyobi/2010/03/post-c68d.html

http://soup-in-the-morning.cocolog-wbs.com/nekoyobi/2010/03/post-5c00.html

皆さんにお世話になりまくりでしたね~(;^_^A

ちなみに、これより後、MYUとふたりでラヂヲデイズさんに行った時は

三茶の駅から全く逆方向に歩いてしまい、大いに道に迷いました(爆)。

今回はライブのみならず、行き帰りの道中も

AOIさんご夫妻にサポート(爆)していただいて、こちらも心強かったです。

今回の出演者は4組で、他には

Castle Chocolate さん、かりよん with KAZUKIさん、ともちょこダックさん。

Photo_2

ご一緒したことのあるお友だちばかりで、

来てくださったお客様にも共通のお友だちも多く、

和やかで温かな雰囲気の楽しい時間になりました。

1組40分間、皆さんそれぞれの持ち味のある聴き応えたっぷりのライブでした。

がんばって東京まで行ったおかげで、思いがけない方、お久しぶりの方、

いろんな方に再会出来たことも嬉しかったです。

この日の私たちの出番は3番目でした。

<セットリスト>

tulip カントリーガール (谷山浩子)

tulip 追伸 (グレープ)

tulip 面影橋 (NSP)

tulip 人 (花岡幸代)

tulip 夏の終り (オフコース)

tulip 鬼無里村から (白鳥座)

tulip ねこ曜日 (岩男潤子)

tulip いつもいつも (オフコース)

40分間の中に歌いたい曲を8曲詰め込んだので、ちょっと不安もありましたが、

なんとか歌いきることが出来たかな。。(;^_^A

緊張して、地に足がつかないままのあっと言う間の40分間でしたが、

会場の皆さんの笑顔に囲まれてとても幸せを感じながら

気持ちよく歌わせていただくことが出来ました。

♪故郷へ向かう最終に~乗れる人は急ぎなさいと・・・

優しい声の駅長さんに言われていたので、

ご挨拶もそこそこに会場を後にせねばならないのが残念でしたが。

とても良い経験をさせていただきました。

お声をかけていただいたこと、ご一緒させていただいたこと、

いらして下さったお客様、応援してくださった皆さん、

送り出してくれた娘&猫たち。

すべてのことに感謝です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

新しいスタート

なんと今年から新たに、

3月1日もサーティワンの日になった!

・・との朗報を受け。

行ってきましたー(=^ェ^=)(=^ェ^=)

Image

・・・ということは、

今月は2回食べられるんだ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »