« ジョイントライブ♪ | トップページ | さるをとる »

2012年12月18日 (火)

11年後

昨日は、高校から病院への出前演奏(と呼ぶらしい)に

MYUも出るというので聴きに行ってきました。

普通こういう時は、3年生と2年生の何人かが行くものらしいのですが、

ちょうど今、2年生は修学旅行中なので、1年生からも何人かということで

(3年生はもう受験シーズンに入っているので)、

人数的にも楽器的にもちょうど良いサックス三重奏の3人に

お声がかかったそうです。

病院の通路に作られたステージでの40分間のクリスマスコンサート。

クラリネットアンサンブル、ピアノ独奏、サクソフォンアンサンブル、独唱、

最後は皆で「きよしこの夜」を歌いました。

出演者の生徒さんたち、みんなサンタの帽子をかぶって可愛かったです。   

Photo

客席の左側が空いているのは、車椅子の方のためのスペースです。

病室から聴きにきてくださった患者さんや、通りかかったお見舞いの方たち、

毎年これを楽しみに聴きに来られる方もいらっしゃるようです。

「皆ちゃんと聴いてくださって、とてもうれしかった。

 車椅子の6年生くらいの女の子が、DSでずっと動画を撮ってくれてたよ。

 泣いてるおばあさんもいた。

 こういう場所で演奏出来て、すごく良かった。」・・・by.MYU

良い経験をさせていただき感謝です。

Photo_2

この病院に来たのは11年ぶりでした。

しばらくは高速で西に向かおうとするだけで涙が溢れてきて

自分でそんな気持ちを持て余してしまい、それからは一度も行けなくて。

現実なのにまるで夢の中の出来事だったみたいな気がして、

何もかも、ベールの中のような、ぼんやりした記憶の底に沈んでいました。

道を覚えている自信もなくて、ナビをたよりに行ったのですが、

最後の角を曲がったとたん、本当に鮮やかに思い出の中に引き戻されました。

あ、覚えてる。このお店でごはん食べた。この駐車場に車停めた。

病院の様子はだいぶ変わっていたけれど。

すごく変な表現かもしれないけど、懐かしさでいっぱいになりました。

コンサートが終わって解散した後、MYUと

「行ってみたいね。」

「行ってみようか。」

「でもこんな時間だけどいいのかな。」

「大丈夫、ホスピスって面会時間は決まってなくて、いつでもOKなんだよ。」

「じゃあ、ちょっとだけ、見てみたい。」

「前までだけ、行ってみようか。」

ふたりで静かな廊下を歩いて行き、入り口の前で立ち止まる。

「入っていいかな。」

「ちょっとだけ、入らせてもらおうか。」

思い切って足を踏み入れたら、記憶の底からどんどん蘇ってくる思い出たち。

「わあ、覚えてる、覚えてる。」

「ホントに?MYUはまだ5歳だったんだよ。」

「でも覚えてるもん。ここにいたら、知らないおじさんが遊んでくれた。

 ゲームしたり、本読んだり。あのガラスの向こうがお庭で、猫がいて。

 クリスマス会があって、先生がトナカイの格好でお部屋に来てくれて。」

「そうそう。あ、やっぱりここ、教会だ♪」

懐かしくてのぞいたら、女の人がいらっしゃいました。

「あ、すみません、ちょっと見せてもらってます。。(;^_^A」と言ったら、

「どうぞ、どうぞ」と招き入れてくださいました。

「私、この教会の牧師です」とおっしゃって、しばらくお話をきいてくださって、

MYUとふたり、思い出に浸らせていただきました。

「まあ、その時の娘さんが、今度はこうして演奏しに来てくださるなんて。

 ここの患者さまも、今日は楽しみにして聴きに行かれたんですよ。

 本当にありがとうございました。きっとお父様もお喜びですよ。」

こんな形でまたここを訪れる日が来るなんて、思いもしなかった。

とっても懐かしくて、あたたかい気持ちになりました。

思い切って行ってみて良かったね、と言いながら病院を後にしました。

MYUが突然、

「私、またいつか千葉に行ってみたい。

 あの社宅、もうないらしいけど、あの公園、鯉のいた池とか、行ってみたい。」

私もちょうど同じことを思っていたのでびっくりしました。

「うん、おかあさんも、千葉とか、北九州も行きたい。

 今まで住んだところとか、京都とか、お父さんと一緒に行った場所、

 もう一度行ってみたい。」

きっとまた、こんな気持ちになれるから。

えへへ、老後の楽しみがまた増えてしまった♪(^_^ゞ

|

« ジョイントライブ♪ | トップページ | さるをとる »

コメント

 素敵なコンサートだったんですね。
 私も近くなら聞きに伺いたかったです(^^)
 娘も高校時代はクリスマスコンサートが定番だったので、懐かしいなあ。

 娘も先月施設へのコンサートに行きました。
 来年は成人式へのコンサートにも行くようです。
 いろいろ経験ができることは、貴重なことです。

 MYUちゃんが演奏した場所って、そうだったんですね。

 人間って偶然と必然の中に生きているんだなあと最近つくづく感じます。

 昔の友人に再開して、よく会うようになったり。
 その中の友人の一人もそう。
 なかさなさんと同じような経験をした子がいて、最近よく会っているのですが、病院で定期的に(大きな病院なので)身内の方を招いていろいろな会をして下さるようです。

 友達はお子さんがいないので、たまにあっていろいろと近況を話すために定期的に会うようにしています。


 生きていると楽しいこと、辛いこと、たくさんの経験をしていくんだなあと感じています。

 MYUちゃんやちはちゃんがすくすく育ってくれていることが、なによりですね。(なんて、偉そうに言えませんが・・・汗)

投稿: まきこん | 2012年12月18日 (火) 23時56分

あれから11年たつんですね。
しかもほぼちょうど。
連絡を受けた時のこと、静岡まで来た時のこと。いろいろと鮮明に覚えてます。

思い出の場所とか、老後を待たずに行かれてはどうですか?
建物やお店とかがなくなっちゃうかも。

投稿: こっまちゃい | 2012年12月19日 (水) 07時26分

11年前…
あの時、きちんとご連絡ができなかった事をずっとお詫びしたかったのです。
駆けつけることもできず、何度もお手紙を書こうと思いながら、言葉が見つからなくて…。
・・・

今、こうしてブログ上で、少しでも繋がることができて、とても嬉しいです。ありがとう。

イルミネーションや薪ストーブや色々なコンサート、今年も素敵なクリスマスをお迎えられるようですね。外は寒いけど、あったかいクリスマスをお過ごし下さい♡

そして、京都の思い出を訪ねて来られる時には、是非お供させて下さいねm(_ _)m

投稿: | 2012年12月19日 (水) 15時55分

先ほどのコメント、名無しになってました。ごめんなさいm(_ _)m

投稿: lime | 2012年12月19日 (水) 16時03分

noteまきこんさん

今まで、ホールや学校での演奏会で演奏していた時とは
また違う思いがあったようです。
聴いてもらえてうれしかったと言っていました。
音楽にはいろんな力があると思います。

偶然と必然、たしかにそうですね。
11年後に、高校生になった娘と一緒に
まさかこんな形でまたあの病院を訪れることになろうとは
思いもよりませんでした。

はい、子供たちがいてくれたからこそ
こうして今の私がいられるんだと思います(*^-^)

投稿: なかさな | 2012年12月20日 (木) 22時14分

noteこっまちゃいさん

11年の時の流れが信じられませんが、
小学5年生だった長女も成人し、
春が来ればもう独り立ちするんですものね。。(;^_^A
なんか、ホントにあっと言う間。

ホントは、老後にふたりで思い出話しながら
自分たちの足跡をたどる旅を楽しみにしてたんですが。
でも、私、ひとりでも楽しめそうです(*^-^)

MYUが、私も一緒にイギリス行く!とか
主張していますが、
キミの記憶にそれが残っているとは思えないんだけど(爆)

投稿: なかさな | 2012年12月20日 (木) 22時28分

notelimeさん

お詫びだなんて。。(ノω・、)
こちらの方こそ、皆にあんなことを
伝えなければならなくなるなんて。
申し訳なかったです。
次の年、皆が集まろうよって誘ってくれたこと、
変わらない笑顔でいてくれたこと、
とってもうれしかったです。

あの時、皆が連れてきてた小さかった子供たちも
それぞれ成長して。
血のつながらない親戚のおばさんみたいな気持ちで
毎年、年賀状の写真をながめています。

いつかまた、京都に行くね♪
その時はよろしく(。・ω・)ノ゙

投稿: なかさな | 2012年12月20日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/56341484

この記事へのトラックバック一覧です: 11年後:

« ジョイントライブ♪ | トップページ | さるをとる »