« リベルタンゴ♪ | トップページ | 世界の共通言語 »

2012年11月15日 (木)

凛とする

『凛とした女の子におなりなさい』 阿久悠

図書館でこのタイトルに惹かれて借りた本。

「暮しの手帖」に掲載された阿久悠さんの9篇の詩と傑作選が収められています。

「日本人らしい人」というタイトルで連載された詩、どれもとても素敵です。

① 縁側のご意見番

② 母は父の専属通訳

③ 毎日が正装の先生

④ おせっかいな案内人

⑤ 少年が憧れたおとなの男

⑥ 窓辺で本を読む親

⑦ かつてあったやせがまん

⑧ 凛とした女の子におなりなさい

⑨ 少年はみな はにかみだった

特別偉大なことをしたわけでも、表彰されたり有名人でもないけれど、

こういう風にしゃんとして生きていた大人の人たち、

子供の頃の私の周りにもいらっしゃいました。

読んでいて、懐かしさとともに襟を正す思いがします。

年齢だけは重ねてきたけれど、私はちゃんと大人になれているだろうか。

「いちいち口に出して ピイピイ言うようじゃ大人じゃないし」

                      ・・・⑦かつてあったやせがまん より

本の題名にもなっている「凛とした女の子におなりなさい」は

とても共感できました。

しかもこれが女性ではなく、男性の書かれた詩であることがうれしいです。

こんな風に凛とした生き方がしたいです。

娘たちにも強い女の子になってほしいと願います。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

   「凛とした女の子におなりなさい」

女の子だからといって

ヨワヨワしていたり

メソメソしていたり

何かというと他人を頼りにして

愛しいと思われてみたり

そんな子である必要はないのですよ

助けてやりたいとか

庇ってやりたいとか

守ってやりたいとか

男にとってはいい気分だろうけど

そんなもの 美徳でも

魅力でもありゃしない

いいかい 女の子だって

強くってもいいんだよ

粗雑であったり

乱暴であったり 

不行儀が平気は困るけど

ちょっとした挨拶の誠意と

心地よい微笑の会釈と

問われた時にハイと答える

意志さえ感じさせれば

強くっていい

男は自分が弱い者だから

縋(すが)りつく子を抱きしめるが

そんなのは三日だけの愛しさ

あとは 只の重荷になる

傷つけないようにハッキリと言い

侮辱を感じさせない態度をしたら

あとは 自由に生きなさい

強く生きなさい

自由で強くてやさしい子を

凛としていると言います

凛とした女の子になりなさい

凛とした・・・

近頃いないのです

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

|

« リベルタンゴ♪ | トップページ | 世界の共通言語 »

コメント

いいなぁ・・・
すごくいい!!!

素敵な詩を紹介してくださって ありがとう^^

投稿: 美亜 | 2012年11月16日 (金) 08時57分

note美亜ちゃん

こういう詩を書かれる男の人って、
女性に対しても敬意を持って大人として接する
素敵な方だったんだろうなと思います。

あとがきに奥様から読者へのお礼の文があるのですが、
奥様は最初、この詩を
自分の為に書いたメッセージではないかと思われたそうです。
でも読んだ人たちがどの人もこの人もみんな、
もしかしたら自分のために書いてくれたのかもしれない、
と言い出したそうです。
コピーして友人にあげた、厚紙で補強して机に飾った、
という人たちがいたそうです。
「日本の女性の70%ばかり、そう思っているのかもしれない。
凛と美しくあろうと思っているのでしょう。
素敵な話です。」

自由で強くてやさしい女性になりたいね。

投稿: なかさな | 2012年11月17日 (土) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/56120057

この記事へのトラックバック一覧です: 凛とする:

« リベルタンゴ♪ | トップページ | 世界の共通言語 »