« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

888と書いて

今日の新聞の折込広告を見ていたら、

土日に行われる地元イベントのチラシが入っていました。

「うわ、このロールケーキ、美味しそう~typhoon

「これも美味しそうだよ~、どこでやるのかな?」と娘とながめていたら。

「なにこれ~Σ(・ω・ノ)ノ!(・ω・ノ)ノ!」

思わずふたりとも目が釘付け↓

       1354280520719.jpg 

「茶神(さじん)!」

「888(ハチジュウハチヤー)!」

「すごい、誰が考えたんだろう~」

「なかなかのネーミングだよね~」

「2回出勤します、だって」

「出動だよ!出勤って、一体。。」

♪今朝 広告の片すみにぽつんと小さく~

出ていた888に目ざとく盛り上がった親子でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

そうなんです

もうすぐ12月、今いちばん昼が短い時なので、最近のMYUさんは、

まだ暗いうちに家を出て、もう暗くなってから帰ってくる yet な毎日。

今朝も家を出る時、お空の低いところに綺麗な満月が残ってましたfullmoon

さて、お迎えにきてメールで家を出ようとすると、外は冷たい雨~rain

駅に着くと、車を見つけた娘が、傘もささずに走りこんできました。

MYU「ただいま~!

    おなかすいた~。

    寒い~。眠い~。」

・・・あんたは雪山遭難者かい。。((・(ェ)・;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

もどく

普段作るお好み焼きは関西風なんですが、

冷蔵庫にたくわんがあったので、せっかくですから

ご当地グルメ(?)遠州焼きを作ってみようと思いました。

といっても、遠州焼きって1回しか食べたことないんですが(;^_^A

http://soup-in-the-morning.cocolog-wbs.com/nekoyobi/2012/06/post-1.html

普通(私の中での)のお好み焼きとどこが違うんだろう。

わかっているのは、たくわんがはいっていること、

投入する具材は一律に細かく刻まれていて、

薄っぺらい生地を食べてる感が印象深かったこと。

ん~・・・まあ、適当に作ってみましょ。

なんとかなるっしょ、なんせ誇り高き(not 埃高き)主婦ですし。

                1354098771048.jpg

こんな感じ?

マヨネーズは違うのかな??遠州焼きには邪道???

でもお好みにマヨネーズ、これははずせませんわ~。

おでんの残りがあったので、そのおだし汁で生地を溶いて、

残り福いっぱいのいか天なんかを刻み込んでみました。

そんな理由で、この写真からは残念ながら伝えきれませんが、

自分で作って自分で食べて言うのもなんなんですが、

はっきり言ってめっちゃ美味しかったです。

テキトー最高~ヽ(´▽`)/ 

モドキ最高~ヽ(´▽`)/

たくわんの歯ごたえと甘酸っぱい味がさっぱり和風してていいです。

普段作るお好み焼きは、もっと大型の具材をそのまんま、

「食べるぞ」感いっぱいにボリューミーに作るんですが、

こういうのもなんつーか、ちょっと駄菓子屋さんぽいというか

お祭りの屋台ぽい美味しさdelicious

そういえば、一時期は広島焼き風にもはまっていたことがあったっけ。

いや~お好み焼きって本当にいいもんですねえconfident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

cats and dogs

昨日は久しぶりにどしゃぶりの雨に遭遇しましたrain

少し残業して、職場を出たとたんcatdogcatdog

風もハンパじゃなくて、傘をさしていてもずぶ濡れねずみでした。

ほんのしばらくでおさまったんだけど、まさにちょうどピーク時に帰宅。

家に着いたらまだ15時くらいだったのに辺りはすっかり薄暗く、

すでに我が家のイルミネーションがピカピカと点滅していました。

暗くなったら自動的に点灯して、それから6時間後に消えるように

タイマーをセットしているんですが。。(;^_^A

おかげで勝手に6時間光るだけ光ったら、

本格的な夜を待たずにさっさと消えてくれました(爆)。

(今日も1日しっかり働いたぜ~shineflairshine・・・by.イルミネーション)

お風呂に浸かりながら窓越しに見るブルーの光が好きなんだけどspa

今年も性懲りもなくイルミネーションを飾ってしまいましたが、

私もそろそろ年齢も年齢なので(爆)、

命知らずの挑戦はやめて、身体に優しいレベルに抑えました。

今まで、一番高いところは屋根の雨どいでしたが、これを窓枠までとしました。

それでも結構自己満足しています。

ただ、今年はツリーをお部屋に出すのはやめておこうかなxmas

ぴーちゃんcatがもうちょっと大人になって落ち着いたら飾ることにしよう。

幼児には危険が多すぎ。

どんな大惨事が起こるか考えただけでオソロシイ。。。(;^_^A

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

『我が家の問題』 奥田英朗

奥田さんの小説、やっぱり好きだなあ。

これは短編が6つ入っています。

出口のない行き詰った雰囲気で始まって、最終的にどたばたに炸裂するという

この人の長編作品もすごく面白くて大好きなんだけど、

この短編集の雰囲気もとってもいいです。

いろんな家族におこる、いろんな問題。

それはすごく深刻な問題なのに当事者は意外と他人事のようだったり、

他人からしてみれば「そんなこと」って思われるようなことを

本人は実に深刻に悩んでいたり。

登場人物は皆どこにでもいる普通の人たちで、いまいち気が弱くって、

お互いに気を遣いあって暮らしている、心優しい人たち。

その優しさゆえにいろんな困ったことがおこって、どんよりしてるんだけど、

何かをきっかけに一歩踏み出して、ほろりときて、最後は心があったかくなる、

そんなお話ばかりでした。

奥田さんは、困った状況をほのぼのとしたユーモアで包みこんだ文章で

ゆるゆるの温かい雰囲気にしてしまうのがお得意だと思います。

例えば、ちょっとだけ抜粋すると。

気が利かなくて手際が悪い店員さんに、ついにぶち切れてしまった奥さん。

他の従業員や管理職まで出てきて平身低頭され、

これから叱られるであろう店員さんが急に可哀想になります。

「この男にもたぶん家族がいる。

 家のローンがあって、子供の教育費もある。

 だいたい悪気はまったくない。

 ロシアとか中国に行けばざらにいるタイプの店員に過ぎない。

 そう思ったら急に庇いたくなった。」

・・・ロシアとか中国に行けば、では思わず吹き出しましたが、

この気持ち、すごく共感してしまいました。

で、奥さんは自分が許しを請うように訴えてしまいます。

「その人のこと、叱らないでください。そんな大したことじゃないんです。

 (中略)それなのに、わたし怒ったりして、すいませんでした。

 その人、きっと悪くないと思います。だから、お願いですから・・・・・」

こういう善良な小市民の心情を描いたらピカイチの奥田さんですconfident

実際の生活の中でも、険悪な雰囲気を柔らかくしてくれる人っていますよね。

物事を、ちょっと力を抜いて、客観的に別の角度から見る余裕をもてば

毎日がもっと快適で、皆優しい気持ちで暮らせるんじゃないかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

喪中につき

喪中につき新年のご挨拶をご遠慮させていただきます。

今年一月に父が永眠いたしました。

http://soup-in-the-morning.cocolog-wbs.com/nekoyobi/2012/02/post-2aa5.html

本年中に賜りましたご厚情を深く感謝いたします。

明年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます。

なお時節柄 一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

明治23年創業

ということは、122年の歴史だそうです。

最近はネット通販で全国的に売り出して

和栗モンブランとか極ぷりんとかのヒット商品も生み出した、磐田の玉華堂さん。

http://www.gyokkado.co.jp/

この3連休に創業祭します、ってチラシにつられて、ついつい。

しかし、午後に行ったら、いろんなものがすでに完売wobbly

お菓子だからって、甘く見たらあかんぜよっちゅ~ことです。

        1353659599761.jpg

そういえば以前、

「可愛くってとても食べられない~でも食べちゃう」シリーズを

やっていたことがありましたっけ(爆)。

びっくらシューといいいます。

びっくら大福とどっちにするか大いに迷いました。

超ビッグなシュー生地に7種のフルーツと角切りクリームチーズ入り。

1個食べたらおなかいっぱいになりましたpig

食べながら、これは一体何の顔かと論議しました。

犬? U^ェ^U

私、いちごが耳かと思ってたんですが、MYUはほっぺだという。

そしたら、おサル? ⊂((・⊥・))⊃

「特に何でもないんじゃない」・・・by.クールなMYU

クールを気取ってるくせに、最後まで顔の部分を残して、

ふにゃんふにゃんに変化していく顔に受けまくる

箸がころんでもおかしいお年頃の娘なのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

トイレのね子さん

1353506069304.jpg 

1353506073680.jpg

1353506076782.jpg  

1353506078844.jpg  

1353506083207.jpg

1353506085338.jpg

1353506080896.jpg

1353506299077.jpg

1353506296003.jpg

次はボク♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

今夜はシチューよ♪

いつまでも暑いなと思っていたら急激に寒くなってきて、

「秋が短かったねえmaple」と言いながら、

おなかをすかせて帰って来た娘の撮った

本日の「わ~いヽ(´▽`)/」な晩ごはん↓ お行儀よく撮れてます。

    1353332466168.jpg

同じものを母はど~ん!とセッシャーdog(←静岡県人にしかわからんて)↓

                           1353332471342.jpg

ビーフシチューは圧力鍋で省エネ&時短で柔らかく。

サラダはちょっとリッチにスモークサーモンとアボカド入り。

アボカドって昔はあまり好きじゃなかったんですが、

デニーズのシェフサラダ食べてから好きになりましたdelicious

栄養もあるし、お手軽だし(このアボカド、1個68円でゲットdollar)、

納豆と並んで、後天的に美味しいって思えるようになって

良かったと思う食べ物のひとつです。

さて、私、ビーフシチューを作ると必ず思い出すのが、

山口智子さんと野際陽子さんが嫁姑を演じた「ダブル・キッチン」というドラマ。

ビーフシチューにはパンかごはんか、というバトルが印象深かった。

夫役の高嶋政伸さんが、シチュー&パンを美味しそうに食べた後、

「じゃあ、ごはんちょうだい。え、ごはんないの!?」。

ショックを受ける奥様なのでした。

私は自分でシチュー作るとパンを用意する派なんですが、

子供の頃は、おかずがシチューだろうが何だろうが、

やっぱりごはんだったなあ。

というか、夕食にパンを食べるというのがあり得ない時代だったなあ。

(パン→朝食)

夕食に麺は、大晦日だけだったし。

(麺→昼食)

あ、でもコロッケの日は、ごはん食べずにコロッケばっかり食べて

コロッケだけでおなかいっぱいにしてたっけなあ。

母の作ってくれた揚げたてのポテトコロッケ、美味しかったなあ。。。

と果てしなく食べ物の想像連鎖の夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年11月17日 (土)

世界の共通言語

昨日は学校帰りの娘と待ち合わせして、

高橋優くんのコンサートに行ってきました。

まずは腹ごしらえに・・・

「友だちとごはん食べる時って、

 カフェとかオムライス屋さんとかばかりなんだよね。

 私ホントは、こういうとこ(指さす)とか、五味八珍とか、

 食べたいんだけど却下されるんだよね。」

というわけで、母とはこういうことでこういうものを(爆)

私は石焼きビビンバ↓

1353072999778.jpg

MYUはユッケジャンカルビクッパ↓

1353073001017.jpg

あ~、くっぱ、くっぱ(ぼかぼか★)

おなかいっぱい状態でのコンサート、

クラシックとかだと眠くなりそうだけど、高橋くんならまあ大丈夫でしょう。。(;^_^A

   1353072998227.jpg   1353073002158.jpg 

ツアーグッズのピック↓

赤はアコギ、あとのはエレキ用だそうですが、どういう違いがあるのか?

グッズ売り場の女の子にきいてみたけど、要領を得なかった。

(おばさんがいじめる~weep ・・・by.グッズ売り子嬢)      

             1353073002933.jpg

心配が予想された客層ですが(爆)、結構幅広い年代の方が来られていて

「良かったね~(◎´∀`)ノ」・・・by.MYU

年齢的には20代くらいの女の子がいちばん中心かな。

男子も結構多いし、私くらいの人もわりと見かけました。

私たちの前の席には私世代のご夫婦らしきおふたり。

MYU「なんだかいいねえ。なんか前のふたり、雰囲気が似てるね。」

私  「仲の良い夫婦って、長い間一緒に暮らして、

    一緒のもの食べて、一緒に笑って、一緒に泣いてしていると、

    だんだん似てくるんだって。」

MYU「似てくるまで一緒にいたかったよね。」

私  「うん。」

http://www.youtube.com/watch?v=7a657CRRZaE

彼の書く詞にはメッセージ性があって、歌声もすごく良いです。

最初から最後まで、手抜きなし、休みなし、出し惜しみなし、

声量のある声で全身全霊でパワフルに歌ってくれました。

こういう一生懸命な歌い方って好きなんですよね。。(*^m^)

私、バンド編成のコンサートには久しぶりに行ったのですが、

バックの演奏の音にも負けない大迫力の歌声でした。

生で聴く「少年であれ」は感動ものでした~(ノ_-。)

聴き応えたっぷり、たくさんのパワーをもらったコンサートでした。

飾り気のない、骨太な男っぽさにも好感が持てました。

このまま真っ直ぐ歌い続けてほしい方です。

http://www.youtube.com/watch?v=6zRtKleWEAI&feature=relmfu

     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

凛とする

『凛とした女の子におなりなさい』 阿久悠

図書館でこのタイトルに惹かれて借りた本。

「暮しの手帖」に掲載された阿久悠さんの9篇の詩と傑作選が収められています。

「日本人らしい人」というタイトルで連載された詩、どれもとても素敵です。

① 縁側のご意見番

② 母は父の専属通訳

③ 毎日が正装の先生

④ おせっかいな案内人

⑤ 少年が憧れたおとなの男

⑥ 窓辺で本を読む親

⑦ かつてあったやせがまん

⑧ 凛とした女の子におなりなさい

⑨ 少年はみな はにかみだった

特別偉大なことをしたわけでも、表彰されたり有名人でもないけれど、

こういう風にしゃんとして生きていた大人の人たち、

子供の頃の私の周りにもいらっしゃいました。

読んでいて、懐かしさとともに襟を正す思いがします。

年齢だけは重ねてきたけれど、私はちゃんと大人になれているだろうか。

「いちいち口に出して ピイピイ言うようじゃ大人じゃないし」

                      ・・・⑦かつてあったやせがまん より

本の題名にもなっている「凛とした女の子におなりなさい」は

とても共感できました。

しかもこれが女性ではなく、男性の書かれた詩であることがうれしいです。

こんな風に凛とした生き方がしたいです。

娘たちにも強い女の子になってほしいと願います。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

   「凛とした女の子におなりなさい」

女の子だからといって

ヨワヨワしていたり

メソメソしていたり

何かというと他人を頼りにして

愛しいと思われてみたり

そんな子である必要はないのですよ

助けてやりたいとか

庇ってやりたいとか

守ってやりたいとか

男にとってはいい気分だろうけど

そんなもの 美徳でも

魅力でもありゃしない

いいかい 女の子だって

強くってもいいんだよ

粗雑であったり

乱暴であったり 

不行儀が平気は困るけど

ちょっとした挨拶の誠意と

心地よい微笑の会釈と

問われた時にハイと答える

意志さえ感じさせれば

強くっていい

男は自分が弱い者だから

縋(すが)りつく子を抱きしめるが

そんなのは三日だけの愛しさ

あとは 只の重荷になる

傷つけないようにハッキリと言い

侮辱を感じさせない態度をしたら

あとは 自由に生きなさい

強く生きなさい

自由で強くてやさしい子を

凛としていると言います

凛とした女の子になりなさい

凛とした・・・

近頃いないのです

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

リベルタンゴ♪

昨日は、MYUがSAXを習っている音楽教室の合同発表会がありました。

第1部はピアノ、第2部はクラシックギター&ヴァイオリン&フルート、

MYUの出演した第3部は大人のピアノ&声楽&サックス。

そういうわけで第3部は、ほとんどの出演者が大人。

サックスは小学生が2人いました。

高校吹奏楽を見てサックスに魅力を感じたという女の子、カッコいいなあheart02

大人になってからピアノを始めた方たち。

親に「練習しなさい」と叱られたり、時には「もうやめる~」と泣いたりしながら

練習を重ねて暗譜して、可愛いドレスを着て髪を結んでもらって

先生や家族の期待を一身に浴びて臨む子供たちのピアノ発表会とは

また全然違うものがあるんですね。

一番最初の、30代くらい(?)の男性が出てこられた時、

すごく緊張されて、だけどとても晴れがましそうなご様子で。

「アルルの女より メヌエット」、私も子供の頃に弾いたことのある曲。

ゆっくりと丁寧に、時々つっかえたりしながらも真剣に弾かれて、

なんだかとても感動して、うるうるきてしまいました(ノω・、)

3月からピアノを始めたという男性は、綺麗な先生との連弾で、

うれしそうで楽しそうで、聴いている方までハッピーになりました(*^m^)

「今までは主人や子供達の演奏を聞く側でしたが、

 今回はお母さんが主役です。がんばります。」とコメントされた

SAXの女性のご家族が、私の前の席に座っていらっしゃいました。

ご主人はカバンから、デジカメや携帯や一眼レフ(?大きなカメラ)やビデオや

なんか次から次へ取り出してお忙しいご様子で。

子供さんたちも皆笑顔で応援されて、すごくいいなあと思いました。

SAXを吹かれる年配の男性にも素敵な方が多かったです。

まだこれ1曲しか吹けない、というおじさまの演奏もカッコよかったです。

演奏が終わったご主人に、「どうだった?」と聞かれた奥様が

「とっても良かった。感動♪」と乙女のような表情で言われていたのも、

いいなあheart04happy01と思いました。

うちのMYUさんのコメントは

「SAXを吹き始めて4年目になります。

 今日は大好きな曲を格好良く吹いて、楽しみたいと思います。」

楽屋にて↓

    1352590294102.jpg

今まで、吹奏楽やアンサンブルなんかでは聴いたことあったのですが、

娘がソロでSAXの演奏をするのは初めて聴きました。

私自身は管楽器の知識が全くなくて、詳しくはよくわからないんですが。

でも・・・とにかく、カッコよかった~~~o(*^▽^*)o

我が娘ながら、すご~い、すご~い、って思いました。

(なんて漠然とした感想)

ああ、子供が音楽やってくれるとこういう楽しみがあるんだな、

これからこんな風にして聴ける機会がいっぱいあるんだな、

それってすごく親として幸せなことだなあ、なんて思いました。

本当はもっと心配したり将来のこと考えなきゃなのかもですが(;^_^A

終わった後、先生とあそこがどうだった、ここがこうだったと

色々言っている娘を尻目に、何もわからないのを良いことに、

ただただ、娘の演奏姿が見られてうれしかったという呑気な母なのでした。

あ、ちなみに、リベルタンゴってこういう曲です~↓

http://www.youtube.com/watch?v=kTrofrFQdxI

発表会が終わってホールの外に出ると、

浜北駅前のイルミネーションが綺麗でした。

   1352590295749.jpg

このイルミネーションの前では、ちょうど街中ライブをやっていて、

キーボード弾き語りの美しく伸びやかな声に

しばし足を止めて聴き入ってしまいました。

あ~やっぱり音楽っていいなあと感じた一日でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

当てはまる諺を述べよ

ドライフルーツ好きです。

子供の頃から、干しぶどうとかバナナチップって好きでした。

あの頃、お菓子として小さな箱に入ったレーズンが売ってたり、

ヨーグルトチョコみたいなのでコーティングされたレーズンも好きだったなあ。

レーズンは栄養があるけど、あんまり食べすぎたらあかんで、

って母が言ってましたっけ。

プルーンは、貧血気味の私のお助け食品でもあります。

冷蔵庫の中に常備していて、ちょっとおなかすいた時に(^◇^)

ドライフルーツは、大人になってからは、そのまま食べるより、

ケーキに焼き込んだりして食べることが多いかな。

さて、最近はまっているのがドライマンゴー。

       1352388685048.jpg

これを料理ばさみでザクザクと切って器に入れて、

ヨーグルトをかけて、冷蔵庫に入れて寝るsleepy

朝になったら、ドライマンゴーがヨーグルトの水分を吸って、

すっかり元通りのふっくら柔らかいマンゴーとして復活し。

ヨーグルトの方はヨーグルトで、余分な水分が抜けて、

まるで濃厚なクリームのように変身し。

ああ、朝からなんてリッチな美味しさなんでしょう(o^^o)

これぞまさに一石二鳥。一挙両得。

・・・いや、ちょっと違うかな。なんかそれっぽい諺がありそうなんだけど。

魚心あれば水心?えびで鯛をつる?

・・・う~ん。

火に油を注ぐ。(ドライマンゴーにヨーグルトを注ぐ)

果報は寝て待て♪(^_^)v

続きを読む "当てはまる諺を述べよ"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

さるをみる

今日、受付にみえた患者さまが

「玄関のところにさるがいたね!さるが4匹座っていたわよ~。」

この病院、山の中にあります。

朝来ると、事務室にカニがいることがあります。。cancer

どこかに沢がにの通路があるんでしょうね。

夜の間に一生懸命横歩きでやってくるものと思われます。

だんご虫くんも1、2匹ころがってるくらいなら可愛いけど、

何が起こったのか、いきなり大量に出られるとさながらパニック映画です。

以前の病院の時は、通勤途上に(私の)通称「たぬき道」がありました。

新しく出来た道で、たぬきがよく車に轢かれて倒れていました(p_q*)

「動物注意」の看板にはたぬきの絵が描いてあって、

「平成狸合戦ぽんぽこ」を思い出したものでした。

さて、さる。

その話をしてしばらくして、ばたばたしていて医事課に戻ってくると、

「〇〇子さんっ!さるがいるよ、さるが、ほら~」

通路の窓から見える中庭には、赤い実(ざくろ?)の生ってる木があって、

さるが座ってその実を食べていましたdelicious

「わ~っ、本物のさるだ!動物園みたい!顔が赤い!」

「あ、こっちにもいる!2匹いる~」

「わ~可愛い~~~」

「だけど外にいる時に会ったら怖いよ。」

「こうして窓から眺めてる分には可愛い~~~」

見られていることに気付いたさる、すぐ逃げちゃったけど、

なんかすごい。野生のさるのいる病院って(爆)

帰ってきて新聞読んでいたら、『サルついに御用』という記事が出ていました。

『磐田、7人が被害』って、捕獲されたサルの写真付きで。

住民に襲いかかって7人に怪我をさせたサルらしい。

サル、街に降りてきたら捕まっちゃうよ。

山でざくろを食べてなさいね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

23回目の過ごし方

金曜の夜、N友さんから「明日のコンサート、行けなくなったので、

もし良かったらかわりに・・・」とのメールをいただいて、また急遽、

思いがけなく中村くんの静岡でのコンサートに行けることになりました。

          1351998878904.jpg

静岡といえば「大道芸ワールドカップin静岡2012」の真っ最中。

ただでさえ行きなれない場所だし、

前にも駐車場さがしで苦戦したことがあるので、

最初から「駐車場探ししろ」を1時間みて(爆)早めに出発。

IC降りるところからすでに混んでいましたが、

おかげさまで焦ることなく、余裕のよっちゃんでした。

ついでに、停めた場所がわからなくなった時のために、駐車場のシャメも撮る。

数々の失敗を重ねてきた自分、身の程を知ることって大切。

街中はものすごい人でした~wobbly

           1351998880096.jpg

↑なんとなく、知り合いっぽい方が?|ω・)

席は浜松の時より近くて、なんでモールのかぶりつき席レベル♪

向こうからも丸見えなので(爆)聴いてる方も緊張しそう。

中村くんも「近い!この近さは今までで一番かもcoldsweats01」と。

          1351998881211.jpg

歌っている時はどこか一点を見つめている風の中村くんですが、

MCの時はあちこち見渡しながらおしゃべりされるので、

目も合うし、なんか顔見てしゃべりかけられてる感がありました~(*^m^)

一体感のある空間で、演奏も歌もとっても良くて大満足のライブでした。

           1351998882245.jpg

ギターを弾くとってもきれいな(女の子みたいな)指にもうっとり♪

浜松の時と同じ、しましまパーカーがスリムな身体によくお似合いでした。

天使くんのギターはいつものごとくカッコよく、気配りもいっぱい、

不思議なふわふわさをもつ笑顔が可愛かったです。

              1351998883285.jpg

↑帰りにちょっと寄り道して。

栗ソフト、栗々してて美味しい♪・・・って、寒いやろ、どう考えても(爆)

晩ごはん作るには遅くなっちゃったので、

帰りにケンタッキーで食べ比べBOXをゲット。

あとは簡単にサラダだけ作って。

        1351998884275.jpg           1351998885621.jpg

先日、ヘビースモーカーさんにいただいた

お手製のスモーク・チーズとスモーク・ミックスナッツ。

美味しくいただきましたdelicious

ついでに・・・↓

昨夜は手抜きしたので、今日のランチにはお野菜たっぷりパスタを。

たまねぎ、ベーコン、おなす、ピーマン、エリンギ+トマト缶で。

      1351998887802.jpg

実は昨日は結婚記念日なのでした。

チケットをゆずってくださったN友さん、

「急なお願いでしたが、プチプレゼントになりましたかね♪」

なんておっしゃってくださいました。

「行っておいでよ♪」って言ってくれた娘にも感謝。

おかげさまで23回目の記念日も幸せな1日になりました。  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

ちはちゃんメール

「昨日、りんごのタルトタタン作った!」

           1351775002035.jpg

「学校で子鹿見た (b ・ω・ d) 」

    1351775006685.jpg

「それだけーnotes (o^-^o) 」

・・・・・

この間、入学したと思っていたのに。

ちはちゃんの大学生活もあと数ヶ月。

思い残すことなく、最後まで充実した毎日を過ごせますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »