« そうです私が | トップページ | 音楽♪な週末① »

2012年10月11日 (木)

あの頃のぼくは

日々の暮らしの中で、とても仲良く親しくお付き合いしていても、

会ったり関わったりする機会がなくなると

お互いにすうっと音沙汰がなくなってしまう人もあれば、

そんなに深くお付き合いしていなかったはずなのに

遠く離れて会えなくなってしまっても、細い糸でずうっとつながっている人もいる。

人とのご縁の不思議さみたいなものは、年賀状のやりとりにも表れる。

私は結婚してから何度も引越ししたり生活の状況もかなり変わったので、

そのたびに、お互いに「う~ん、どうしようかな」って思ってるみたいな人は

良い意味でそれをきっかけに減っていったと思う。

昔からずっと続けて今も年賀状のやりとりのある人たちは、

一時期は海外まで送ってくださったり、家族が減るという困難の時期をも

ものともせず乗り越えて送り続けてくださったツワモノの方たちばかりで、

こういう方たちとは、もしかしたらもうお会いすることがないとしても

きっとどちらかが書けなくなるまで、年に一度のご挨拶を一生続けるんだろうと思う。

その中には、あの頃、プライベートでそんなに親しくしていたっけ?と

思うような人もいて、離れてからの方がつながりが深まる不思議さを感じる。

そしてまた、その中には、私自身の面識のない方もいる。

主人の知り合いだった方で、今も私や子供あてに年賀状を送り続けてくださる方が

何人かいらっしゃって、本当にありがたいことだと思う。

それからまた、時々、思い出したように、

特に季節の節目とか重大トピックスや冠婚葬祭があったとか、

そういうこととは一切関係なく、メールをくださる方がいる。

この間いただいたのはいつだったろうか、

と受信トレイをさかのぼってみると、それは約1年前で、

だいたい年に一度くらいの割合でメールいただいて、

それに私がお返事を返す、ということをやっているようだ。

まるで思い出したように。

そう、きっとホントに、何かをきっかけにふと思い出してくださるのだろう。

「お子様も大きくなられ、子ネコも大ネコになっていることでしょうね。」

・・・子供はひとり成人し、ネコは2匹になりました。

「会社は社名変更しました。メンバーもあの頃とかなり変わりました。」

・・・この間、新聞で知りました。やっぱりなんだかさみしい。

「〇〇ちゃんがここを離れてもう何年になるのでしょう。

 私も昨年、還暦を迎えましたが、ピンときません。」

年賀状は毎年、家族で撮った写真付きで送っているので

それなりに年を重ねているのはご存知のはずなんだけど。

この方の中での私は、今も『ちゃん』づけのままで、

私の中でのこの方は、あの頃と同じ笑顔、あの頃と同じ30代のまま。

もしかしたら、もう一生お会いする機会はないかもしれない。

だけど、遠い場所で、時々、自分のことをふと思い出してくれる人がいる。

それはなんだか、すごく幸せなことだと思う。

さて、なんてお返事を書こうかな。

う~ん。。。もったいないから、もう一晩ゆっくり考えることにしようっと。

|

« そうです私が | トップページ | 音楽♪な週末① »

コメント

先日、東京の専門学校時代の友人から連絡がありました。なんと30年ぶりの会話。年賀状のやりとりは卒業してから数年あったのですが、返信がなくなってからはまったくのご無沙汰でした。用件はさておき、話し始めてしまえば学生時代にタイムスリップ。近況報告といっても30年分なので次から次へといろいろな話しが出てとんでもなく長話しに。「また連絡するよ!」と携帯番号教え合って電話を終了。いやー懐かしかった。
心のどこかに留まっている人はけっこういますよね。なかさなさんの「あの頃のぼくは」を読んでしみじみ想ったのでした。

投稿: みや | 2012年10月13日 (土) 10時44分

noteみやさん

それはすごい!
30年分の近況報告、
それは一体近況なのか遠況なのかって感じもしますが
なんかドラマの1シーンみたいですね。

毎年、年賀状には「また会いたいね」って書きながら
実際には何かのきっかけがないと
自分の今いる日常の中にいない人たちとは
なかなか会ったり話したり出来ないものですよね。

でも、だからこそそれが出来たときの懐かしさ、うれしさ。
考えただけで私までドキドキしてしまいました。

あの人やこの人、今どうしているのかなconfident

投稿: なかさな | 2012年10月14日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/55863065

この記事へのトラックバック一覧です: あの頃のぼくは:

« そうです私が | トップページ | 音楽♪な週末① »