« 愛する花はねこやなぎ | トップページ | 音楽な週末 (1) »

2012年4月21日 (土)

夕暮れのたもと

夕方の暗くなりかけた頃から夜にかけての時間帯に

ひとりで車を運転していると、妙に淋しい気分になります。

これは今に始まったことではなく、若い頃から同じような感覚がありました。

辺りにだんだん暗い闇が落ちてくると、

知らない家の窓には灯りがともり、

カーテンを通してテレビの画面が見えたり。

家族で夕方のニュースを見ながら、そろそろ晩ごはんの時間なんだろうな、

知らない家の知らない家族がテーブルを囲む様子が思い浮かんで。

なんかそうすると、そんな知らない遠くの場所で車を走らせている自分が

すごく疎外感を感じて、ああ、ここは私のいる場所じゃないって思う。

早く早く、私も家に帰らなきゃ。

真っ暗になる前に私の居場所に帰って、灯りのついた夜を迎えなきゃ。

特に、あまり通り慣れない道だったり、その上雨でも降ったりした日にゃ、

なんだかもう、いたたまれないような寂寥感MAX。

そんな気持ちで駅に着いたら、

階段を下りてきたMYUが助手席に駆け込んできました。

な~んだ、帰り道はちっとも淋しくなかった。。(^_^ゞ

http://www.youtube.com/watch?v=eiM_Atuuw8U&feature=related

秦さんは声ばかりでなく、詞にとても魅力を感じます。

まず、『夕暮れのたもと』というこのタイトルがいい。

♪倒れ掛かる暗い闇を 少しでも引き止められたなら・・・

こんな表現が出来るなんてすごいと思います。

|

« 愛する花はねこやなぎ | トップページ | 音楽な週末 (1) »

コメント

黄昏(たそがれ)
誰そ彼
夕暮れ時はさびしそうです。

一番星を 探して歩いた
遊び足りない 帰り道
仲間の笑顔 夕暮れの空に
一緒に唄った 赤とんぼの唄
一人ずつ 別れてゆく道
少しずつ 寂しくなるけど
止まらないように 振り返らないように
うちの灯り目指して まっすぐに歩いた
戻れない今は あの日の唄さえも
遠い日の想い出と 夕焼けを残して

m-snafukin 「帰り道」より

投稿: m-スナフ | 2012年4月21日 (土) 07時25分

お家の灯りが一番いい。
そんな何気ない事が一番の幸せだと思うのです。
いびきをかいて寝るわんこをそばに置いて(笑)
まったりと家族と過すひとときが幸せだなぁ~と思うのです。

投稿: ちか | 2012年4月21日 (土) 19時04分

notem-スナフさん

はい、
♪とってもひとりじゃいられない、のです。

いいですねえ、
m-snafkinさんのお名前、懐かしいです。
初めてお会いした時のことを思い出します。

投稿: なかさな | 2012年4月22日 (日) 22時41分

noteちかさん

知らない家の隙間からのぞく
知らない家族のぬくもりに
郷愁みたいなものを感じてしまうのかも。。

私にだって帰る家があるもん、
いびきかいて寝てるニャンコのいる家に
早く帰らなきゃ、って思ってしまいます。。

投稿: なかさな | 2012年4月22日 (日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/54521205

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れのたもと:

« 愛する花はねこやなぎ | トップページ | 音楽な週末 (1) »