« カッコイイ私♪ | トップページ | ありがとうございます »

2012年2月 7日 (火)

ハイライト

先月になりますが、1月30日(月)に実家の父が亡くなりました。

病名は脳幹出血で、84歳でした。

1月27日(金)、父はいつもどおり車で陶芸教室に出かけ、

それからリハビリに立ち寄り、その後、

100円ショップの駐車場に停めた車の中で倒れているのを

通りかかった人に見つけていただき、店長さんが救急車を呼んでくださいました。

病院に着いた時にはもう呼吸が停止していたようです。

母によると「お父さんの好きなグリーンのVネックのセーター、

下着とシャツと3枚重ねで一気にはさみで切ってあった」そうで。

職場で消防署からの救急車の第1報の電話を受ける時に

「CPAです。ドクターの待機をお願いします。」と言われることがあります。

ああ、きっとあの状況だったんだな、なんて、

救急外来のあわただしい様子が思い浮かびました。

父はそれからもう意識は戻りませんでしたが

人工呼吸器をつけて4日間、穏やかな表情で生きていてくれました。

なんで100円ショップ行ったのかな、何か陶芸の道具を買おうとしてたのかな、

なんて皆で考えていましたが、置きっぱなしだった車を動かしに行った弟の話では、

駐車場の入り口付近に、パーキングスペースの白線を無視して

斜めに停めてあったそうです。

運転中に自分の身体の異変に気付いて、とっさに路沿いの駐車場に

飛び込んだのかもしれないね、という結論に達しました。

294

↑父のタバコ入れ、これ、私が物心ついた頃からずっと使っていました。

父のタバコは昔からずっと変わらずハイライト。

ハイライト吸ってる人って父のほかにはあまり知らなくて、そうそう、

結婚前に勤めていた職場にひとりハイライト吸ってた方がいて、

「私の父もハイライトですよ。」って言ったら、

「やっぱりタバコはハイライトだよね♪」ってうれしそうに言われましたっけ。

昨年の秋に胃潰瘍で入院してから、しばらくは大好きなタバコもお酒も

自らやめていましたが、だんだん元気になってきて、

また少しずつタバコもお酒も(母とのケンカも)復活。

電話での母の父に対する愚痴もまただんだんと復活して(爆)、

まあとにかく元気になって良かった良かった(;^_^A  。。と思ってたんだけどなあ。

296

弟が、車の中に置いてあった、干支の龍を持ってかえってきました。

毎年、年末に次の年の干支を大量に作るのですが、

昨年は入院したりしてたので、年を越してしまったのを気にしていたようです。

陶芸教室は父が一番の古株だったそうで、

「皆に作り方、教えたらなあかんのや。

 女の人ら(陶芸のおばあさんたち)にも作ったげなあかんし。」と。

そういえば我が家の玄関もまだうさぎのままだ。。ひとつもらっとかなくっちゃ。

「木彫りもまだ大きな作りかけのがあるんや。あれ、どないしょ。

もっと小さい可愛いの、作ってくれたら良かったのに。」と

母は相変わらず愚痴っています。

285

父の遺影用に使った写真です。

遺影って、正面からとったもっときちんとした写真であるべきなのかな、

なんて思いましたが、母も一押しでこれに決定。

陶芸教室の作業場の背景もあえてそのまま使いました。

打ち合わせに来られたお葬儀屋さんが、

「このタバコがポイントですねsmoking 、この手は絶対入れなくっちゃね。」

とおっしゃって、とても素敵な遺影に仕上げてくださいました。

来て下さった方にもこの写真、とても好評で、会館の方も

「どなたが撮られたんですか?プロの方が撮ったみたいな写真ですね。」

と褒めて下さいました。

モデルがいいから、かな?なんちゃって(*^m^)

父は昔、看護婦だった母の勤めていた病院に入院していた頃、

「和製アランドロン」とウワサされていた、そうです(何度も母談)。

撮ってくださったのは、陶芸教室のお仲間のどなたかでしょうね。

母がまた、撮ってくれた方をたずねがてら、

お菓子でも持って陶芸のお友だちにもご挨拶に行かなきゃ、と言っていました。

父の最近のアルバムを見せてもらうと、同窓会とか、〇〇会とか、老人〇〇とか、

どういう仲間なのか、とにかく皆で旅行行きまくりの

団体写真だらけでMYUと驚きました。

陶芸して、木彫りして、旅行して、タバコ吸って、お酒飲んで、

最後の最後まで車運転して。

「ほんま、なんぼ言うても人の言うこときかんと、好きなこと好きなようにして、

 この人は幸せやったと思うわ。」・・・by.母

ずっとひとりぼっちだった父にとって、

母と結婚出来たことが一番の幸せだったと思うけどな、私は。

|

« カッコイイ私♪ | トップページ | ありがとうございます »

コメント

生き生きとした表情から、この親あってこの子なんだなと、感じました。
心よりご冥福をお祈り致します。

投稿: m-スナフ | 2012年2月 7日 (火) 01時44分

お父様のご冥福をお祈り申し上げます。

素敵なお父様でしたね~
このお父様、お母様があってのなかさなさんなんですねconfident

投稿: kei | 2012年2月 7日 (火) 05時31分

まめな更新のなかさなさんがお休み状態だったので、
もしかしてインフルエンザなのかな?なんて思っていました。すてきな写真ですね。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: みや | 2012年2月 7日 (火) 05時46分

とてもいい写真で
父君のお人柄が伺えます。
心よりご冥福をお祈りいたします。
ボクも以前ハイライト派でした(-.-)y-~

投稿: Abu-ASP | 2012年2月 7日 (火) 06時42分

家の父もハイライトでしたよdelicious

なかさなさんのお父様はアランドロンかぁ。
なんかわかる気がする(笑)

お父様のご冥福お祈りいたします。

投稿: むらじ | 2012年2月 7日 (火) 06時42分

お父様のご冥福、心よりお祈りいたします。


>母と結婚出来たことが一番の幸せだったと思うけどな、私は。

きっとなかさなさんもお母様と一緒で、お父様の娘として生まれてきたこと、とっても幸せでしたね^^!!

写真を拝見すると、とっても粋でお洒落なお父様だったんですね^^!!

投稿: ぴーすけ^^ | 2012年2月 7日 (火) 07時28分

ご冥福をお祈りします。自然な笑顔で良い写真ですね。ちなもに僕もハイライトでしたよ。今吸っていませんが…

投稿: ココパパ | 2012年2月 7日 (火) 07時34分

とっても素敵な写真ですね。

陶芸家の匠とか、
NHKドキュメンタリー番組のカット写真のようです。

それから、
なかさなさんは、お父さま似なんですね^^

アランドロンの娘だもん、お綺麗な訳だ~


お父さまのご冥福をお祈りします。

投稿: Dさん | 2012年2月 7日 (火) 08時52分

お父様のご冥福をお祈りいたします。
私の父も、朝座椅子に座ったまま倒れていたので、母はきれいな天女が連れに来たんだなんていっていました。

AEDを4回やっても蘇生しなかった父を、病院についてからも、40分も心臓マッサージをしてくださった救急外来の方々、申し訳ないほど感謝しています。

遺影用の写真、とってもステキですね。
このイケメンのおとうさまの血を引き継いで、きれいななかさなさんがいるんだな~ってとっても納得しました。

天国でも、きっと楽しく過ごされていることと思います。

投稿: kiyoty@わたげ | 2012年2月 7日 (火) 08時56分

お父様のご冥福お祈りいたします。
カツコイイお父さんですね。
アラン・ドロンか~~~いいな~~
素敵な人生を送られたと思います。

投稿: 音星(ヒデ) | 2012年2月 7日 (火) 15時48分

お父様がお亡くなりになられたんですね。
ご冥福お祈りします。

ご趣味の陶芸に最後まで情熱を燃やしておられたんですね。
写真からは若々しくて生き生きしていらっしゃるように見えます。
粋なお父様だったんですね。

投稿: 風のカール | 2012年2月 7日 (火) 19時57分

お父様のご冥福をお祈りします。

陶芸が好きで、木彫りが好きで、旅行が好きで、ハイライトが好きで、お酒がすきで、そして沢山のお仲間に恵まれて…。

素敵な人生を送ってこられたんですね。

お父様に対する愛情に溢れた日記を読ませていただき、とても温かい気持ちになりました。

お父様もきっと喜ばれていますよ。

投稿: senpai | 2012年2月 7日 (火) 20時25分

>この人は幸せやったと思うわ・・

家族がこんな風に思ってくれたらいいですね。
またそんな風に思わせてくれる写真です。


ご冥福をお祈りいたします。

投稿: 月・・ | 2012年2月 7日 (火) 21時37分

私の実家の父もハイライトでした~
お父様のご冥福をお祈りします。
とってもいいお顔をされている写真ですね。

投稿: 面影橋 | 2012年2月 7日 (火) 22時55分

とっても素敵な笑顔。充実した日々を過ごされていたのでしょうね。

お父様のご冥福をお祈りします。

投稿: sanae | 2012年2月 7日 (火) 23時13分

なかさなさん

とても素敵なお父さんですね
こんなにも素敵なお父さんだったから
今のなかさなさんが、いらっしゃるのかと
とても納得しました。

亡くなられた悲しさはずっと残ると思います
どうぞ、体を壊されないよう
お元気で居てください。

私も母が亡くなり1年が来ようとしています。

投稿: 音星ち~ちゃん☆ | 2012年2月 8日 (水) 09時02分

お父様のご冥福お祈り致します。
色男(言い方古い!)改め、イケメンですね。
お若い時は、さぞモテたでしょうね。
素敵なお父様ですheart02

父は7年前に亡くなりました。
母は、絵の教室、ゴルフ。エステにと元気でいます。
私は、なんの親孝行もしていない娘です。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

投稿: mikity | 2012年2月 8日 (水) 10時37分

お父様のご冥福をお祈りいたします。

とても素敵な写真ですね!
みんなの人気者だったのでしょうねぇ

残されたお母様が気落ちしないように
どうか優しく付き添ってあげて下さいませ。

しばらくは傷心の日々が続くかと思いますが、
どうかまた元気ななかさなボイスを聴かせてくださいませ!

投稿: kumasanchi | 2012年2月 8日 (水) 17時53分

notem-スナフさん

ありがとうございます。

好きなことやってる時の表情っていいですよね。
この写真、家で見る姿とはまた違った父の一面を見たように感じました。

陶芸している時の父を一度見てみたかったと思います。

投稿: なかさな | 2012年2月 9日 (木) 22時45分

notekeiさん

ありがとうございます。

>素敵なお父様

うわあ、これ母が聞いたら喜ぶだろうな。

「でももうおじいちゃんになってもたけど」
なんて言うんでしょうけど。。(^_^ゞ

投稿: なかさな | 2012年2月 9日 (木) 22時51分

noteみやさん

ご心配おかけしました。

電気ポットのCMで、
一人暮らしの母親がお湯を使ったらjapanesetea
それが遠くに住む息子にわかる、っていうのがありましたよね。
今日はお湯使わないな、何かあったのかなと心配してたら
「忘れたのかい?今日は墓参り~♪」って歌うお母さん。

ブログの更新っていうのもある意味、
なんとか元気にやってますの証明になるのかもですね。

新聞受けに新聞がたまってると心配してくださる、
ご近所の皆さんみたいな温かさ、優しさに囲まれていることに感謝です。

投稿: なかさな | 2012年2月 9日 (木) 23時08分

noteAbu-ASPさん

ありがとうございます。

娘の私が親に向かって言うのもなんですが、
父も母もなんというか、子供のままような人たちで、
子供のままの純粋さで、子供のようなケンカしてくれてましたcoldsweats01

Abuさんもハイライトだったんですね。
ハイライトって、強いタバコなのかな?
母が「マイルドセブンとかにしとき」と
変えさせようとしたことがありましたが、
やっぱり父はハイライトを譲りませんでした。

投稿: なかさな | 2012年2月 9日 (木) 23時28分

noteむらじさん

むらじさんのお父様もハイライトだったんですね。
水色のパッケージ。

幼稚園の時の父の日のプレゼントは灰皿でした。
今では考えられないことだけど、
ほとんどのお父さんがタバコ吸っていて、
それが当然の時代でしたよね。

白い灰皿にお父さんの好きなものの絵を描いてあげましょう、と言われて
私はクレヨンで海苔巻きのおかきの絵を描きました。
よく父がビール飲んでるそばで、
おつまみの海苔巻きをもらって食べたり、
スプーンで泡を舐めさせてもらったり(美味しそうに見えたので)しましたっけ。

投稿: なかさな | 2012年2月 9日 (木) 23時41分

noteぴーすけさん

ありがとうございます。

本人自身がお洒落なのかどうか
どっちかというと
母が母の好みで父の服を選んでたように思います。
「これ、お父さんによ~似合うやろ?」とか言って。

父は、年をとって髪が薄くなってからは
いろんな帽子をかぶるようになりました。
母は棺の中に、父のお気に入りだった帽子とタバコを入れていました。

投稿: なかさな | 2012年2月10日 (金) 23時25分

noteココパパさん

ありがとうございます。
ココパパさんもハイライト派だったんですね。
皆さんやっぱりがんばって禁煙されたのかしら。
うん、偉い、偉い。

そうですね、きっと
「写真撮りますよ~、はいチーズ!」といわれて作った笑顔ではない、
ってところがいいのかも。。(^_^ゞ

父をこんな風に写真に撮っていただいた方に感謝です。

投稿: なかさな | 2012年2月10日 (金) 23時40分

noteDさん

ありがとうございます。

お葬儀屋さんに、
「喪主さま(弟)の奥様かと思ったんですが、すぐわかりました。
娘さんですよね。
お父さまとよく似ていらっしゃいますね。」と言われて
なんだかうれしかったです(^_^ゞ

うちの娘たちも父親似で、
食べる時の口元とか、笑った時の目とかそっくりです。
遺伝子って不思議だなあ、
こうやって受け継がれていくんだなあって思います。

投稿: なかさな | 2012年2月11日 (土) 23時54分

notekiyoty@わたげさん

>きれいな天女が連れに来たんだなんていっていました

素敵なお母さまですね。
お父さま、きっと天国で笑っていらっしゃいますね。

今日は日直で、CPAの患者さまが救急外来に運ばれてきた時、
思わずうるうるなってしまいました。。(ノ_-。)

が、祝日の土曜日、
あまりの忙しさに、感傷だのトラウマだの
めそめそと浸っている場合ではなく。。(;^_^A

皆さん、風邪やインフル、怪我や事故、くれぐれもお気をつけください。

投稿: なかさな | 2012年2月12日 (日) 00時29分

noteヒデさん

ありがとうございます。

う~ん、子供にとってはただのお父さんですから、
特にカッコイイとは思ったことなかったですが(爆)
なんやかんや文句を言いつつ、ケンカをしつつも
母にとってはアラン・ドロンだったのかなあ。

父の若い頃に撮ったという別人みたいなモノクロ写真を
ちょっと秘密めいた自慢気な顔の母から
見せてもらったことがあります。

「へ~~~これ、お父さん?カッコイイやん」と言ったら
「まあな。。(* ̄ー ̄*)。。」とか言ってましたっけ。

投稿: なかさな | 2012年2月12日 (日) 00時48分

note風のカールさん

もともとテレビが友だちみたいな父だったので、
定年退職した後はしばらくの間
何もすることがなくて困ってましたが(本人も母も)、
母にお尻をたたかれてしぶしぶ通い始めた生きがいセンターで
まさに生きがいを見つけたようです。

アルバムをめくると、何かのイベントかお祭りの時かな、
皆で陶芸の作品を並べて売っているような写真もあったりして、
私の知らない父の顔を見ることができました。

投稿: なかさな | 2012年2月12日 (日) 16時09分

notesenpaiさん

父はもともと、こつこつと細かいものを
手作りするのが好きな性格だったように思います。
考えてみれば、子供の頃、竹とんぼを作ってくれたり、
マッチ箱や木切れを使って
手品の道具みたいなものも作ってくれましたっけ。

木彫りは驚くほどの大作を作っていました。
家の表札もいつの間にかお手製のものになっていました。

母は「部屋で木彫りされたらごみだらけになる」と文句言いつつ
父の作ったラックや鏡を見せてくれては
「これ、なかなかええやろ?
 私が死んだらあんたにあげるわ。」なんて言ってました。

投稿: なかさな | 2012年2月12日 (日) 16時24分

note月・・さん

母は、病院に運ばれてから二度と意識を取り戻さなかった父に
「いっぺんでええから意識取り戻して、
 最後にひと言くらいお礼言ってほしかったわ」
などと相変わらず憎まれ口をきいていましたcoldsweats01

「おか~さん、そらちゃうやろ~
 ふつう『ひと言お礼が言いたかった』やろ~」
と言うと、
「いや、言うてほしかった(-_-)」

意地っ張りの母ですが、最期にお棺にお花を入れながら
やっぱり「ありがとうね~」と言ってました。

投稿: なかさな | 2012年2月12日 (日) 16時38分

note面影橋さん

面影橋さんのお父様もハイライト仲間でいらっしゃいましたかsmoking

父のエプロンしてる姿って、アルバムの写真で初めて見ました。
母に「そこにアルバムあるから、遺影用の写真、どれがええか選んで~」
と言われたのですが、すでにこの写真のページが開いていて、
母はもう自分でしっかりこれに決めてたようで(爆)。
「へ~これ、ええやん♪」と言ってあげると
「そやろ?やっぱりそやろ?」と喜んでました。

投稿: なかさな | 2012年2月12日 (日) 16時45分

notesanaeさん

ありがとうございます。

口うるさい母と小競り合い(爆)しながら
何を言われようとも自分のやりたいようにやっていた父でした。

両親とは結婚してから遠く離れて暮らしてきたので
こういう時には間に合わないことがあるかも、
ということはずっと覚悟していました。

やはり最後のその時には立ち会えませんでしたが、
意識はなかったものの、父の命のある間に会いに行けて
良かったと思っています。

投稿: なかさな | 2012年2月12日 (日) 16時54分

note音星ち~ちゃん☆さん

あたたかいお言葉をありがとうございます。

母は「まだあんまり実感がわかへんのやなあ。
なんか、6時くらいになったらお父さんが
ごはん食べに2階から降りてきそうな気がする。」
と言っています。
私も、主人が亡くなった時、もちろん頭では理解しているのに
なんとなくどこかへ出張か単身赴任でも行っていて、
いつか「ただいま~」って帰ってきそうな気がしていました。

時間がたつとともに少しずつ少しずつ
ああやっぱり本当にもういないんだな、って
気持ちの面でも理解出来るようになるものなのかもしれません。

亡くなって5年くらいたった頃、ある人に
「でも、もう5年もたっちゃったんですけど」と言ったら、
「5年?それはまだ生傷ですよ。」と言ってくださいました。

ああそうなんだ、悲しい時は悲しんでいていいんだ、
って思うと、なんだか気が楽になりました。

投稿: なかさな | 2012年2月12日 (日) 17時14分

こんばんは
お父さまのご冥福をお祈りします

とってもいいお写真ですね。
生き生きされてる…
お父さまはずっと現役で生活をエンジョイしてたんですね。
とっても羨ましいです。
私の母も先月亡くなりました。認知症で施設に入っていたので たくさんの心残りがあります。
お互いに頑張りましょうね。

投稿: おーぺいこ | 2012年2月12日 (日) 18時41分

notemikityさん

色男coldsweats01ではなかったと思います。
口下手で気の利いたことひとつ言えない、
思っていても口に出せない、
昭和一ケタ世代の不器用な父でした。

今のところ「毎日誰かかれか来てくれるし、
やることがいっぱいで忙しい」らしい母。
コーラスや卓球も今までどおり続けようかな、と言ってました。
老人大学にも通ってるらしいです。
文句言う相手がいなくなって気が抜けちゃわないか心配ですが
mikityさんのお母様みたいに元気でいてほしいです。

投稿: なかさな | 2012年2月12日 (日) 23時21分

notekumasanchiさん

お心遣いありがとうございます。

こんな風に遠くに暮らしているのって
一種の親不孝かもと思います。
電話で話をきくくらいしか出来ないですが・・

神戸に住む弟夫婦が休みのたびに実家に行って
諸々の手続きをお世話してくれてるようです。
忙しいのにありがとうね~。
何にも出来ない姉でごめんね~(*_ _)人

はい、またいろんなことが落ち着いたら
好きな音楽を楽しんでいきたいです。

投稿: なかさな | 2012年2月13日 (月) 22時41分

noteおーぺいこさん

おーぺいこさんも大変でしたね、ご愁傷様でした。

こんな寒い時だからでしょうか、
娘の友だちのおじいさまもお亡くなりになったと聞きました。
土曜日に私が日直で出ていた時にも、
救急車で運ばれたご高齢の方が。。

2月も半ば、そろそろ暖かくなって、
早くお花の咲く季節がきてほしいですね。
♪春はもうすぐ 春はすぐそこ・・・

投稿: なかさな | 2012年2月13日 (月) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/53920710

この記事へのトラックバック一覧です: ハイライト:

« カッコイイ私♪ | トップページ | ありがとうございます »