« 食事時には見てはいけません | トップページ | 寄り道 »

2011年11月14日 (月)

花の詩画展

駿府博物館で開催されている、

星野富弘さんの花の詩画展を見に行ってきました。

星野さんのことを知ったのは、短大を卒業する時。

2年間お世話になった寮の先生が、『風の旅』という本をくださいました。

それを初めて読んだ時は、事故で手足の動かなくなった元体育の先生が

口に筆をくわえてそれを描かれたという事実にただただ驚きました。

でも何度も何度も繰り返し読むうちに、そんなことより、

口でくわえて描いてあろうが手で持って描いてあろうが関係なく、

この方の感性とか心の持ち方に感動し、共感をおぼえるようになりました。

すいぶん前に、どこに住んでいた頃のことかも忘れてしまったけれど、

どこかのデパートで作品展があった時に見に行った事がありました。

その時、原画にまた感動したので、今回、静岡で展示会があるのを知って、

前売り券を買って、行ける日を楽しみにしていました(*^-^)

新しい作品は以前にも増して素晴らしく、昔の作品もやはり何度見ても。

ひとりでうるうるしながら、ハンカチ片手にゆっくり見てまわりました。

星野さんの描かれる詩画は、謙虚で、温かく、懐かしく、ユーモアがあって、

また、きちんと宗教を持っていらっしゃる方などに特有の

自分に厳しく、他人に寛容なまなざしで

いろんな物事を見つめていらっしゃるなあと思います。

http://www.gospel-haiku.com/tomihiro/hanashyobu.htm

ビデオの中の星野さんは、やはり以前よりだいぶお年をとられていましたが、

とても穏やかでもの静かで、何でも受け入れてくださるようなお話の仕方でした。

ショップもあったので、本を2冊購入♪

199

以前はお花を中心とした静物画を描いていらっしゃったと思うのですが、

風景画や生き物などの作品も増えていました。

すずめが3羽、木にとまっている作品がすごく可愛らしくて。

「 人間はいいねえ

 次は人間に生まれたいねえ

 米いっぱい作って 食べよう 」

。。。(ノω・、)

星野さんの『がくあじさい(結婚指輪)』を題材に作られた歌を

生で聴かせていただいたことがあります。

http://musictrack.jp/musics/12758

本当に人を愛するというのは、こういうことなんだろうな。

いつか群馬県にある美術館にも行ってみたいです。

|

« 食事時には見てはいけません | トップページ | 寄り道 »

コメント

朝から 優しい気持ちになれました・・・
曲のご紹介もありがとうございました♪

毎月、送られてくる”JAF”の冊子に
星野さんの絵が載っております
たくさんの作品があるのですね・・・
癒されますclub

投稿: ゆう | 2011年11月15日 (火) 08時51分

はじめまして。
花の詩画展の検索でうかがいました。
共通点がうれしくて、コメント入れさせていただきました。

「 人間はいいねえ

 次は人間に生まれたいねえ

 米いっぱい作って 食べよう 」

わたしも、この詩、とても心に残りました。

投稿: つぼみ | 2011年11月15日 (火) 21時15分

ご予約、うけたまわりました。

御来県の際には
イケメン後輩くんと一緒に
ご案内させていただきます!!

投稿: 受付係@群馬 | 2011年11月15日 (火) 21時17分

星野富弘さん、よくカレンダーなどで見かける方ですね・・。まさか口にくわえた筆で書かれていたとは知りませんでした。・・そうですか・・いや、そうですね。
なかさなさんも、いろいろなものみつめてらっしゃいますね・・・。
 

投稿: ハルズ | 2011年11月15日 (火) 23時04分

noteゆうちゃん

ビデオの中で語られていたお話の中で、
初めて展示会をした時、
皆さんに悪いことをしてしまったなあと思った、
とおっしゃっていたのが印象的でした。
こんなへたな絵ばかり見せられて、
でも見た人は自分に対しては
決してそんなことは言えないから、と。
悪いことしてしまったなあって。。(ノω・、)

「くちなし」という作品にはとても共感できるし、
「シクラメン」というお茶目な作品も大好きです♪

たくさんの素晴らしい作品を見ることが出来て
素直な優しい気持ちにしていただきました。

投稿: なかさな | 2011年11月15日 (火) 23時48分

noteつぼみさん

はじめまして。

こんなマイペースなブログを見つけていただいて
コメントいただき、どうもありがとうございます。

すずめの詩、同じように感じられた方に出会えて
とてもうれしいです。
なんか、ぎゅっと抱きしめたくなるような作品でした。

つぼみさんのブログ、拝見させていただきました。
読みながら、あの日の記憶が蘇ってきて、
もう一度つぼみさんと一緒に
詩画展を鑑賞させていただいたような気持ちがしました。

本当になんて素敵な文章を書かれるんでしょう。。confident
またゆっくりお邪魔して読ませていただきたいと思います。
どうもありがとうございました。

投稿: なかさな | 2011年11月16日 (水) 00時03分

note受付係@群馬さん

ありがとうございます。
その時にはぜひよろしくお願いします。

ツアーには伊香保温泉も組み入れてください。

時期を選べば、
冬の風物詩・華陵村のイルミネーションも見物出来るかなshine

でもだるまさんの焚き火(?)で焼いたお団子みたいのも
捨てがたい魅力があるなあ。。confident

投稿: なかさな | 2011年11月16日 (水) 18時38分

noteハルズさん

はい、その方です。
そんな風にして描かれていたとは
最初、信じられなかったです。

ご本もたくさん出されていますので
よろしかったらぜひお読みになってみてくださいね。

投稿: なかさな | 2011年11月16日 (水) 18時54分

僕も日本を発つ前に静岡のTV曲の紹介で
知っていました。

本当に行きたかったです。
なかさなさん、優しいから
きっと込み上げて来るものを抑えるのに
苦労している顔が浮かびました。

群馬の星野富弘美術館へといつか一緒に行きたいですね。
senpaiにアッシーになってもらい(笑)

投稿: 夜海流星 | 2011年11月17日 (木) 10時46分

note夜海流星さん

あ、もう日本にいらっしゃらないんですね。。(ノ_-。)

星野さんの詩画を見ながら
♪Far away を思い出していました。

またご帰国された時に
美術館へ行かれるお時間があるといいですね。
ご一緒出来るといいな~。。confident

投稿: なかさな | 2011年11月17日 (木) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/53246534

この記事へのトラックバック一覧です: 花の詩画展:

« 食事時には見てはいけません | トップページ | 寄り道 »