« 朋あり遠方より来たる | トップページ | 一攫千金 »

2011年10月20日 (木)

やめられない止まらない

今日は月に一度のボビンレースday。

私が今作っているのはホニトンレースの作品です。

187

ドレスの模様織るのが考えるだに大変そうですがcoldsweats01

なんでこんなことが楽しいのかな。。人間って不思議(爆)。

こういうマニアックなレース編みを嬉々としてやってる人ってのは、

他のたいていのメジャーな手芸もひととおり手をつけてきてます。

渡り歩いた末にここに行き着いた感のある、

根っからの手芸大好き人間が多いです。

ちなみに私も、先生について習ったものだけでも、

手編み、機械編み、洋裁、パッチワーク、トールペイント、etc.

他にもビーズだの、クロスステッチだの、キルトだの・・・

作品が欲しいっていうより、なんか「作ってる」過程が好きなんですよね。

そういう手芸大好き人間の集まりであるボビンレース教室、

手芸話になるととても盛り上がります。

皆さんの持ち物や身につけていらっしゃる物も素敵な手作り品が多いです。

ちょっとお写真撮らせていただきました。

185

186

パッチワーク、刺繍、ビーズ織りや布染めまでされちゃう達人の方たち。

そしてこういうマルチな手芸好き人間に共通する悩みがあります。

それは、糸や布や本や型紙やという膨大な道具や材料。

「これ以上増やしたら置くとこないんだけど、見るとつい買っちゃうのよね。」

「私もう死ぬまでに作り切れないと思うわ。家族に見つかったらどうしよう。」

「こんな材料や本も、私以外、あとの人は誰も使わないわよねえ。」

「私は、死んだら全部、棺おけの中に入れてねって言ってあるから大丈夫。」

「あらSさん、棺おけのふた、閉まらないわよ~。」

手芸好き人間の宿命です。。(^-^;

|

« 朋あり遠方より来たる | トップページ | 一攫千金 »

コメント

難しければ難しいほどのめり込む、ってことでしょうか?「ホニトンレース」僕は手芸をやらないので初めて聞きました。見るからにひたすら細かい作業なんですね。手の芸と書いて手芸。なんだか芸術の秋だなーすごいや。

投稿: みや | 2011年10月21日 (金) 05時27分

こう見えても・・・(って どう見えてるんでしょう?)

手芸大好きな小学生時代・・・(古っ!)
縫いぐるみと、ペーパーフラワーに凝っていて・・・

でも、作るのが好きなだけで、基本かわいい物に興味がないので
ほとんど 誰かにプレゼントしちゃってましたっけ(^^;)

”作る過程が好き”って、すっごく分かります(*⌒∇⌒*)

投稿: 美亜 | 2011年10月21日 (金) 06時29分

かっぱえびせん

投稿: ひで | 2011年10月21日 (金) 07時06分

とっても、かっぱえびせんの気持ちがわかります。(違うだろ!!)

私も色々かじりました。
私の場合かじっただけです。
飽き性なのですぐに飽きます。。
それでも、なんだか物がいっぱいになりました。
引越しの時思い切って捨てましたけど。。

きっとみなさんすごくいっぱい色んなものを持っていらっしゃるのでしょうね。。
それにしても、そのレース。。。やってみたい。。。。。。

投稿: kiyoty@わたげ | 2011年10月21日 (金) 07時46分

noteみやさん

こういうことって、ある意味、楽器の練習にも似ているかも。
家でひとりで地道にああでもない、こうでもないとやってる
その過程、その時間が何より心豊かになれます。

でも人に作品を見てもらって(聴いてもらって)、
いいねとか、上手になったねとか、こうした方がいいよとか、
評価やアドバイスもらうこと、
また逆に人の作品を見せてもらう(聴かせてもらう)ことが
とても励みになって、「よ~しがんばろう♪」って思えます。

投稿: なかさな | 2011年10月22日 (土) 08時53分

note美亜ちゃん

>”作る過程が好き”って、すっごく分かります

うん、例えばジグソーパズルとか好きな人は一番これ目的なんだろうね。

私が一番最初にした手芸は、小学〇年生の雑誌付録の
刺繍セットだったかな。
糸と模様が印刷された布が付いてて、母に針貸してもらって作りました。
それから、ビーズで指輪作ったり、フェルトでマスコット作ったり、
リリアンとか、かぎ針編みとか・・・

私にとって手芸屋さんは、本屋さんと並ぶワンダーランドですheart02
何時間でもいられるsandclock

投稿: なかさな | 2011年10月22日 (土) 09時05分

noteひでさん

久しく食べてないです。
あの味、なんか懐かしくなってきた。。confident

投稿: なかさな | 2011年10月22日 (土) 09時12分

notekiyoty@わたげさん

私も見るとすぐやってみたくなっちゃって、
「一日体験教室」みたいのがあると、
つい申し込んじゃいます(^_^ゞ
材料がそろってるキットみたいなのも、つい(^_^ゞ
見ながら自分で出来そうな本とかも、つい(^_^ゞ

でもやることが単純作業のパターン化してたり、
あまりにお手軽に出来ちゃうと嫌なんですよね。
試行錯誤するものの方が面白くて。

そういう意味で、ボビンレースはとても長く続いています。
やることは、型紙に針をさして糸を引っ掛けて組んでいく、
それだけなのに、ものすごく奥が深いです。
いろんな地方のいろんなレースがあって、
編み方もさまざまな工夫がされていて。
パズルを解くみたいに考えて、ああでもないこうでもない。。。

アンティークレースを見ると、その時代の人たちのすごさを感じます。
糸だけでこんな世界が作れるなんて、まさに芸術だなと思います。

投稿: なかさな | 2011年10月22日 (土) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/53043464

この記事へのトラックバック一覧です: やめられない止まらない:

« 朋あり遠方より来たる | トップページ | 一攫千金 »