« ナグライブ♪ | トップページ | 不法侵入と潜伏の恐怖 »

2011年9月 4日 (日)

『ユリゴコロ』 沼田まほかる

新聞の宣伝広告を見て興味をもち、図書館に予約して借りました。

主人公が実家の押入れの箱の中から古い4冊のノートを見つけて、

家に誰もいない時にこっそり読んでいくんですが、それがめっちゃ怖い。

めっちゃ怖い、めっちゃ怖いですshock

怖いけど続きが知りたい主人公と同じ心境になって、

途中でやめられなくなってどんどん読んでしまいました。

ミステリーとしてもすごくおもしろくて、

あちこちにいろんなヒントがちりばめてあって、謎解きも楽しめました。

設定としては、ものすごい暗いです。

お父さんは末期癌で余命わずか、お母さんは突然の交通事故で亡くなり、

婚約者は謎の失踪。

どんだけ不幸が重なる~((・(ェ)・;))

そしてノートに書かれた身も凍るような殺人記録。

こういう罪悪感の欠如した人殺しっぷりって、私、ミステリー好きなわりに苦手で、

こんな狂気が、新聞広告にあったような「心温まる結末」になるなんて、

どう考えても無理があるでしょ~sweat01と思ったのですが。

・・・ラスト、泣けました。。(ノ_-。)

暗い過去と大きな罪を背負った人ばかりだという事実は

全く変わらないのに、読後感がとても良いです。

そうくるとは、って感じです。見事です。

それと、超悲惨な話なのに、柔らかなユーモアが感じられる文体で、

なんとなくほわんと温かい感じがする私の好きなタイプの文章の書き方です。

衝撃のノートの内容の合間に入る、主人公と弟とのやりとりがいい。

それから主人公が経営する喫茶店付きドッグランの場面もいい。

「ワン口(こう)密度高すぎ状態」なんて表現がとってもいい。

沼田まほかるさん、初めて読みましたが、他の本も読んでみたいと思います。

|

« ナグライブ♪ | トップページ | 不法侵入と潜伏の恐怖 »

コメント

なんだか面白そうな小説ですね~
さっそく購入しようと思います。
(アマゾンって便利だぁ~)

最近すっかり読書と無縁になっていたので、
これを機会に、また習慣付けたいと。。。 はい(^-^)v

でもたぶん、5分で眠くなるんだろうな~ 
猫と一緒に爆睡しちゃうんだろうな~

投稿: Dさん | 2011年9月 7日 (水) 12時53分

noteDさん

面白い本は少しずつ読みたい派の私なんですが、
「今日はここまで」って途中で止めるのが大変でした。
「ぎょえ~shock」な場面も多発ですが、ぜひ結末まで。

「それでも、生きてゆく」って見ていらっしゃいますか?
ちょっとあの感じです。

投稿: なかさな | 2011年9月 7日 (水) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/52641160

この記事へのトラックバック一覧です: 『ユリゴコロ』 沼田まほかる:

« ナグライブ♪ | トップページ | 不法侵入と潜伏の恐怖 »