« 信じるものは | トップページ | 反則行為 »

2011年5月13日 (金)

Lily

地道に織っていたホニトンレースのゆりの花、完成~ヽ(´▽`)/

075

イギリスで作られていた、とっても細い糸を使うボビンレースです。

マッチ棒と比べていただくとおわかりのように、

超時間がかかる超大作のはずなのに、

出来上がった作品は超ちっちゃいんですが。

自分では大満足しています。

先生に「糸の流れがとっても綺麗にできましたね」と褒めていただきましたconfident

076

http://www.youtube.com/watch?v=2otfNwWYskA&feature=related

♪oh my little lily・・・

にゃんて色っぽい。。(*´ェ`*)

|

« 信じるものは | トップページ | 反則行為 »

コメント

ボビンレース・・初めて知りました(^_^;←おばかさん(笑)
もしかして、このほっそい一本一本を刺すんですか?
うにゅにゅ~~~肩がこりそうですね。
歩く姿はユリの花・・・なかさなさんのようです(*^_^*)

投稿: ピッコロ | 2011年5月14日 (土) 00時48分

可愛くって綺麗~shine

細かすぎて・・・目が寄ってしまいそうです(><)

なかさなさん 尊敬heart02

投稿: 美亜 | 2011年5月14日 (土) 06時41分

こんな、凄いものが自分でできるなんて、すごいですねsign03

こういうレースがいっぱいつながった?大きくなった?ハンカチ持ってますけど、できあがるまでが、大変なものなんですね・・
なかさなさんすごいです!

投稿: kiyoty@わたげ | 2011年5月14日 (土) 08時44分

素敵な作品ですねup
こんな細かくて素敵な作品を作れるなんて尊敬ですheart02
一時期物凄くはまっていた
ロマンドールのお人形作りですが、
先生が旦那さんの転勤で大阪に行ってしまって
それっきりになってしまっている根性ナシの私sweat01
道具は大切にしまってあるので一人で始めようかな。。。

投稿: 面影橋 | 2011年5月14日 (土) 12時15分

noteピッコロさん

いえいえ、ボビンレースはめっちゃマイナーな趣味です。
しかし「マイナーである」ことにむしろ
ある種の誇りとか居心地の良さを感じる
NSPファン気質(爆)

ピロー(クッサン)という台に型紙を置き、
針をさしながら、その針にボビンに巻きつけた糸をひっかけてゆきます。

「編む」とか「刺す」というより、
「組む」とか「織る」って感じです。

投稿: なかさな | 2011年5月14日 (土) 21時16分

スゴイです。
またまた尊敬しちゃいまいした。

雲の上のお方だったなかさなさんなのに、遥か遠くへ...
まっておくれやす...
私もそちらへ近づきとうございます。

投稿: mikity | 2011年5月14日 (土) 21時43分

note美亜ちゃん

子供の頃から手芸系が大好きで、
手編み、機械編み、洋裁、パッチワーク、
トールペイント、ビーズ、etc.

買った方が安くて綺麗だったりするんだけど、
私は出来た物が欲しいんじゃなくて、
作ること自体、作ってる時間が楽しいんですよね(^_^ゞ

ライブの選曲したり
練習したりしてる時間が楽しいのと
似ているかもです。

投稿: なかさな | 2011年5月14日 (土) 21時49分

notekiyoty@わたげさん

いえいえ、単なる物好きな趣味です・・(^_^ゞ

中世ヨーロッパの貴族や王族の肖像画を見ると、
ドレスの襟や袖口、ベールなんかに使われています。

今は機械で作ってるものが多いですが、
アンティークや手織りのものはとても高価です。
なんせ手間と時間がかかるので。

作ってる時間が好きなので、
出来上がっちゃうと、大きな達成感とともに、
大好きな小説を読み終わっちゃった時のような
ちょっと淋しいような気分がします。

あ、そういう意味ではジグソーパズルにも似てるかな。

投稿: なかさな | 2011年5月14日 (土) 22時21分

note面影橋さん

わかるなあ、自分ひとりでもなんとかはなるんだけど、
ひとりで続けるのって結構根性いりますもんね。
教室に行くと他の人に刺激も受けるし、やる気が出ますよねwink

初めてボビンレースに触れてからもうすぐ20年近く。
その間、引越したり、MYUが生まれたり、いろんな事情で
何度も中断しては、また先生をさがして、を繰り返しながら、
細々と続けてきました。

特に何かを目指しているわけではなく、
ただただ、好きってだけなんですけどconfident

投稿: なかさな | 2011年5月14日 (土) 22時39分

notemikityさん

いえいえ、めっそうもないです。
人ってそれぞれですから。

例えば私はとってもどんくさく、運動は出来ないし
おしゃべりも苦手だし、気はきかないし、俊敏さもないし、
その他もろもろ、mikityさんのような方こそ天上人。

お尻の重い私ですが、
どうぞ縄でもくくりつけて引っぱりあげてやってください。

投稿: なかさな | 2011年5月14日 (土) 22時51分

ボビンレースって言うんですねhappy01
初めて知りましたup

こんな細かくて大変な事を、20年もやってるなんてすごいshine

尊敬ですheart04

完成した時の嬉しさは、飛び切りですねnotes

投稿: kei | 2011年5月15日 (日) 00時38分

notekeiさん

ボビンレースって、
基本はただ2つのステッチの組み合わせなんですが、
すごく奥が深いです。
同じボビンレースでも、国や地方によって、
さまざまな特徴があります。

奥が深いからこそ、おもしろくて
いつまでも興味を持ってやり続けられるというか。
果てしない世界というか。
そういう意味では音楽に通じるものがあるかもです。

投稿: なかさな | 2011年5月15日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/51662937

この記事へのトラックバック一覧です: Lily:

« 信じるものは | トップページ | 反則行為 »