« 歴女にはなれなくて | トップページ | HOMEMADE »

2010年8月18日 (水)

カリグラフィー

そうなんですよね~、このタイトルを聞いた時から、私の中では

なんとなくずっと「カリグラフィーのアリエッティ」(なんじゃそりゃ!)。

タイトル読めば一目瞭然、「借りぐらし」なのはわかってるんだけど。

でも「借りぐらし」って、「借りの宿でくらしてる」的意味に思ってましたが。

なるほど、「借り物ぐらし」のことだったのね~。

今日はレディースデイ、仕事が終わってからMYUさんと見てきました。

http://www.karigurashi.jp/index.html

やっぱりいいですねえ、ジブリの映画って♪

柔らかくて綺麗な映像、優しくて丁寧な言葉使いのせりふ。

決して「ウザイ」だの「ダサイ」だの「てゆーか~」だのは出てこない。

世の中がホントにああいう世界であればいいなあ。

トトロがいて、猫の国があって、床下には小人が暮らしていて。

主人公の声の志田未来ちゃんも神木隆之介くんも子役の頃から大好きです。

ふたりとも良い感じに成長してくれてうれしいです(母の心情)。

お父さん役の三浦友和さんも渋かったし、

樹木希林さんも良い味を出していらっしゃいました。

それと、のっそりした猫のニーヤがくるっぽくてcat

おなかにのせて毛並みをなでたり、抱き上げたりしている場面、

思わずくるにゃんのふわふわした感触を思い出してしまいました。

(目つきはあたしの方が良いにゃん・・・by.くるみ)

|

« 歴女にはなれなくて | トップページ | HOMEMADE »

コメント

あの目つきの悪さが、最後には可愛さにかわるんです・・・いい味出てました(笑)

危機期凛・・・じゃなくて(どんな変換するんじゃ?!)樹木希林さんは、もう・・・もし”実写版”作るなら、この役は絶対に彼女ですね!!!!

投稿: 美亜 | 2010年8月21日 (土) 15時50分

note美亜ちゃん

誰が見ても可愛い猫はもちろんめっちゃ可愛いけど、
全然可愛くない猫ってのもやっぱり可愛いのよねえ。。

「くるねこ」ってまんがで、作者の人が
売れ残りで妖気さえ感じるような猫を
悩んだ末に買ってしまう心情、わかるな~と思いました。

ジブリの登場人物は、
声優さんご本人に似せてあることが多いですよね。
「おもひでぽろぽろ」はそのまんまでしたもんね。

投稿: なかさな | 2010年8月23日 (月) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/49184452

この記事へのトラックバック一覧です: カリグラフィー:

« 歴女にはなれなくて | トップページ | HOMEMADE »