« ぶどうの行方 | トップページ | これは何かとたずねたら »

2009年7月10日 (金)

『モノレールねこ』

本を本屋さんで買うとなると、値段や置き場所のことを考えたら、

厳選して勇気をもって買うのですが、その点、図書館はいい。

「面白そうかも~」で適当に借りて、ちょっと読んで、私にはダメだ、と思ったら

途中でやめちゃって返せばいいんだし。

で、これはそんな感じで、図書館でだ~~~っと本棚眺めて歩いていて、

単にタイトルにひかれて借りた本です。

が、ヒットです、とってもおもしろかったです。

私の好きなタイプの文章で、どんどん読みたくなってしまう。

私が読み始めるより先にMYUが読み終え、

「おか~さん、これおもしろいよ!」と。。。そのくらいに読みやすい。

短編が8つ入ってて、どれも切なくて哀しい要素の含まれたお話ですが、

読後感がとても温かく、優しい気持ちになれます。

色んな形の「死」(人間だけじゃなく)が出てくるんだけど、それが全然暗くなくて、

可哀想でしょ、哀しいでしょ、っていう押し付けがましいところがなくて、

哀しいんだけど、強がりじゃなく、さらさらと知らん振りしているところがとてもいい。

「マイ・フーリッシュ・アンクル」のカスミちゃんが泣いちゃう場面の気持ち、

言葉でうまく表現することの出来ない気持ち、なんかわかるんですよね。

護ろうとしていた、とてもとても大切な、何か。

この作者の方はこういう気持ちを経験したことがあるのかな。

作者は加納朋子さんという、私とわりと近い年齢の方です。

プロフィールの著書のところに「てるてるあした」というのがありました。

これって、たしかテレビドラマになったような。見てないけど。

なんで知ってるのかな?と思ったら、テーマ曲が平川地一丁目なのでした。

あ、それで知ってたのね。。。(;^_^A

なんか他のも読んでみようっと♪

|

« ぶどうの行方 | トップページ | これは何かとたずねたら »

コメント

加納朋子さん。。。
僕は深夜枠で放送していた「てるてるあした」が、
なんとも言えない幻想的な内容だったので、
その作者に興味が沸いて、読むようになりました。
ドラマもついつい引き込まれてしまいましたが、
原作はそれ以上に素敵でした。
読み終えた時の後味がほんとうに良いのです。

例えば、飲み会で最後の〆に食べた深夜のラーメンみたいな。。。

いやいや、飲み過ぎでノドが乾いた時の、アイスクリームみたいな。。。

いやいや、泊まりの宴会の翌朝、
旅館で出された朝食の白いご飯の美味しさのような。。。

いやいや。。。 


投稿: Dさん^^ | 2009年7月10日 (金) 22時26分

noteDさん

わ、お読みでしたか~book

出てくる人たちが、
頼りなかったりだらしなかったり情けなかったり、
だけどとっても優しくて愛おしく感じます。

「てるてるあした」、原作読むの楽しみです。

投稿: なかさな | 2009年7月11日 (土) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/45586530

この記事へのトラックバック一覧です: 『モノレールねこ』:

» モノレールねこ [rokurokudo]
モノレールねこ 著者:加納 朋子 販売元:文藝春秋Amazon.co.jpで詳細 [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 02時33分

« ぶどうの行方 | トップページ | これは何かとたずねたら »