« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

♪ホームにて

♪ふるさ~とへ~・・・って、ホームじゃなくて、昨日の新大阪駅キップ売り場にて。

乗車券は往復買ってたので、新幹線の特急券だけ買おうと思ったら、

窓口はいっぱいの人が長~い行列をなしている。大阪は実に人が多い。

自動券売機で買おうと思って、きょろきょろっとしたら、

出番を待ち構えていた制服を着た若いお兄さんが、笑顔で近づいてきた。

私    「あの~、この機械で特急券だけ買えますか?」

駅員さん「はい!東京までですね」…って兄さん、なんで勝手に東京って決める?

私    「いえ、浜松ですが」

駅員さん「浜松?えっと・・・浜松、浜松・・・」 

私    「これですよね」 と、自分でボタンを押す。

駅員さん「そうです!じゃ次に…指定席ですよね」…だから、勝手に決めなさんな。

私    「いえ、自由席で」

駅員さん「自由席、片道、大人一人っと。これでいいです、お金入れて下さい♪」

お札を入れると、何度入れても戻ってくる1000円札が一枚。

駅員さん「あ、ちょっと貸して下さい。ボクがやってみましょう!」

・・・やっぱり戻ってくる。

駅員さん「あ、あれ?(^_^; すみません、他のお札でやってみて下さい」

私    「あら~、これってニセ札なのかしら」・・・つい言ってしまった(爆)

駅員さん「ニセ札!?そ、そんなことはないと思いますっ!」

ぎゃはは、冗談だってば。ごめんよ~(^_^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

お見舞い

ずっと病気(肺気腫)を抱えながら生活していた義父が、

入院したという知らせを受けて、奈良の病院へ会いに行ってきた。

3週間程前に入院された時、即「行きます」と言ったら、

「お見舞いは本人がかえって気を使うし、遠いからわざわざ来なくて良いよ。

 もし悪くなりそうだったら、その時は言うから。大丈夫だから。」

と言われたので、行くのを遠慮していた。

でも電話をかけるたび、お話からあまり状況が良くないのがわかり、

義兄も「出来たら一度会いに来てやってくれる?

親父も顔見たら、きっと喜ぶと思うから。」

という風な話し方になり…。そうか…。

子供たちにはそれぞれに予定が入っていたので、急遽、

ひとりで朝早く出て、とんぼ帰りで夕方までに帰って来ることにした。

とにかく、一度、会いに行きたかった。

ここから直接、奈良に行ったのは初めてだったように思う。

いつもは大阪の義兄の家から、車で奈良まで連れて行ってもらっていた。

東海道本線、新幹線、在来線、環状線、近鉄線、…片道4時間弱。

初めて乗る電車、乗換えが何度もあって、思ったより遠いのだ、奈良って。

しかも途中の大阪、めっちゃ暑い、めっちゃ人多い~!

この遠い道のりを、数年前、主人が病気の時には、

お義父さんとお義母さんは、何度も足を運んで下さったのだった。

しかも良くなることなく、会う度にどんどん悪くなっていく息子を見舞いながら、

一体どんなお気持ちだったんだろうか・・・。

そんな事を思いながら、なんとか無事に到着(帰りは一度乗り間違えたが)。

お義父さんにお会いするのはとても久しぶりだった。

電話でお話したりはしてたけれど、実際にお顔を見るのは2年ぶり位かもしれない。

子供たちは元気か?庭のみかんの木は?猫も元気にしてるか?・・・

お義父さんが植えて下さった芍薬、今年も咲きましたよ。

うちの家の廻り、沢山家が建ちましたよ。

今年は7回忌ですから、来てくださいね。・・・大したお話はしなかった。

最後に手を握って、「また来ますからね」と。

お義父さん、また来ますからね。 どうぞお元気でね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

ティッシュの法則

我が家は、各部屋にそれぞれティッシュペーパーの箱がある。

リビングでは食事の時、洗面所では洗顔したり鏡を見たりする時、

私の部屋ではお化粧の時とか、子供部屋では何かこぼしたり、

色んな違う状況に応じて、ティッシュを使う。使い道、使う頻度は違うはず。

なのに、なぜかこのティッシュ、一斉に無くなる。ような気がする。

ある部屋のティッシュが無くなると、なぜか続いて別の部屋のも無くなる。

連鎖反応のように、2~3日であちこちの部屋のティッシュが底をついてゆく。

これを名づけて『ティッシュの法則』という(ぼかっ★)。

私は基本的にあまり買い置きをする方ではない。

実家の母はとても几帳面で、買い物する時、同じものを2個買う人で、

常にストックしてないと不安らしく、物置の扉をすっと開けると、

げっ。。ていう位、紙類、油、お砂糖、お醤油、ラップ類、…なんでも揃ってるんだけど。

私は、使ってるのが無くなりかけたら、「そろそろ買わなくちゃな」と思って、

次にスーパーに行った時、覚えていたら買う、というタイプ。

つまり、忘れていたら、買わない。

よって、「あ、バター無いんだった!ま、いいや、マーガリンで。」

「あ、お醤油ないや。。まあいいや、薄口で。」

「マヨネーズないんだった・・・ポテトサラダやめよ。」

「おか~さん、シャンプーないよ~」「あ、そうだった。サンプル使っといて~」

・・・というタイプなんだな。まあ大した問題じゃない、そんなこと。

人生なんとでもなるさ、そのくらいで死にゃ~せん。。。

そんな訳で、ティッシュがどんどん空になると、

私の少しの買い置きなんてすぐ無くなる。

しかも買いに行くのを忘れる・・・無くなる・・・

和室のティッシュって、あんまり使わないから、リビングに持ってこよ♪

ピアノの部屋のもあんまり使わないから、私の部屋に持ってこよ♪

・・・これがティッシュの法則の隠された秘密だったのか(ぼかぼか★)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

高校野球県大会

今年は雨で開会日がどんどん遅れて、

ついに前代未聞の開会式なしで始まった、高校野球静岡県大会。

開会式がないのって残念だったと思うけど、全国大会までに

出場校が決まらなかったら困るものねえ。

娘の高校は、1、2回戦勝ち抜いたものの、

昨日の3回戦、シード校のS学園とあたって、完封負け。

でも皆の感想は「ここまでこれて良かったよ」・・・だったそうです。

「麦藁帽子なんて、何の役にも立たないよ、おか~さん」

体も顔も真っ赤に日焼けして、汗だくで頑張った吹奏楽の応援も

今年で最後だね。お疲れ様。

さて、今日からは数学の補講&8月の大会に向けての部活に励む長女。

冷凍庫にアイスクリームや冷凍みかんを補充してやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

夜遊び3連ちゃん

最終日の日曜は細坪さんのライブでした♪

考えてみれば坪さんには今年、かなりの頻度でお会いしています。

1月のネイチャー、細坪くんと三浦くん、トリビュート、に続いて4回目。

なんと1~2ヶ月に1回の割合で会っている。・・・実家の両親や、

そんじょそこらの親戚や、ちょっとした友人よりよく会っている。すごい。

ま、会っているったって、一方的に見に行ってるだけだけど~(^_^ゞ

決して実らぬ片思いも結構楽しい(爆)。

あ~でも坪さんに関して言うと、片思いって感じではなく、

やはりあの歌声に酔いしれに行っているって感じですが。

相変わらず、淀みなくとめどない、楽しいおしゃべりの洪水、

そして決して外れることも枯れる事も無い、甘く切ない麗しの歌声。

え~これから行く人、ネタバラシますのでここで読むのやめて下さい。

入場する時、スタッフ手作りの坪さんうちわをいただきました。

お茶のサービスもありました。エンボ○さん、いつもありがとう~。

アンケートの「今日の良かった曲」に私が書いたのは、

『望み』『旧友』『クロスロード』の3曲。

3曲とも元々好きな曲だけど、特に『望み』は素晴らしかったです♪

MYUのをちらりとのぞくと、『ガスとう』『戦争を知らない子供たち』etc・・・

『戦争を知らない子供たち』、一番だけゆっくりとバラード調に歌って

くださったんですが、想像してみて下さい、坪さんの声のそういうの・・・

ね、考えただけで良さげでしょう?はい、もうすごく良かったです~。

会場では何人かの定番(?)N友さんにもお会いしましたが、

『愛のナイフ』もNSPバージョンで歌って下さいました。

トリビュートのお話もいっぱいしてくれたし♪

そうそう、今回はサプライズゲストが来てくれました。

アンコールで『愛はかげろう』を歌いはじめた声が、

あれ???・・・と思うと、舞台の袖からご本人登場~~。

ギターも持たずに三浦くんがやってきてくれました。

代わりに手にしていたのは、特別に三浦くんバーションのうちわ(爆)。

ふたりのトークも歌もやっぱりとても楽しく優しく、

三浦くん大好きのMYUも大喜びでした。

アンコールの一番最後、『やさしさとして想い出として』も、やっぱり名曲でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

『檸檬のころ』

昨夜、見てきました。

あんな夜遅くに映画を見たのは生まれて初めてだ(夜の8時半から)。

不良だ、不良だ~~~。…で、感想はこちら↓

http://players.music-eclub.com/?action=user_diary_detail&user_id=108421&message_id=463488

…って、せめてコピーして貼り付けろ~~~。

手抜きしてすみません。今日もまた出かけます。

不良だ、不良だ~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

『夢から醒めた夢』

『夢から醒めた夢』
昨日は娘達と、劇団四季のミュージカルを見に行きました。
浜松に来てたので、部活を早めに切り上げて帰ってきた長女も一緒に。
赤川次郎の原作の、
夢と冒険と愛の溢れるミュージカルでした。
赤川次郎の大ファンの次女が行きたいと言ったんだけど、
とても楽しくて感動的で、涙がぽろぽろ。。。
三人共、大満足で、ラーメン食べて帰りました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

『サウスバウンド』

奥田英朗さんの小説が、映画化されるそうです。

http://southbound-movie.com/ (公式HP、出来たばかりかな?)

このお話、すごく面白かったのよね♪

こういう、小説として好きだったものが映像化されて、どうなるかってのが、

期待もあるけど、実は不安の方が大きいのだ。

小説ではあれだけ面白い伊良部先生のドラマ化、いまいちだったもんなあ~~~。

安部ちゃんの伊良部先生は、演技云々より、やはり本人がかっこ良過ぎだった。

あの役はやっぱり色白小太りでちょっとオタッキーな見た目でなければ。

でも『サウスバウンド』のお父さん役が豊川悦司ってのは、良いかも、良いかも。

この小説は、私が図書館で借りてきて、枕元に置いていたものを、

たまたま病気で学校を休んで、私のベッドで寝ていたMYUが、

暇で暇で退屈してその本に手を伸ばし、私より先に読んでしまったんだっけ。

奥田さんのは18禁的(?)内容も時々含まれるので、少々焦ったけれど、

この小説は全然OKだったのでした(ほっ)。

読後感が爽やかで、最後のドタバタが、とっても奥田さんの魅力いっぱい。

http://soup-in-the-morning.cocolog-wbs.com/nekoyobi/2006/01/index.html

○ざましテレビで映画のロケやってるところを見て、MYUと

「わあ、サウスバウンドだあ!見に行きたいね~」と。。。

良い映画に仕上がるのを楽しみにしています~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

3連休の後

大型台風に続く中越沖地震、自然災害の怖さを改めて感じます。

お昼ご飯を食べながらNHKのニュースを見ていると、涙が出て。

被災された方々が少しでも良い方向に向かわれますように。。。

今日は仕事を終えて一旦帰宅して、晩ご飯の用意をして、

夕方からスタッフ合同研修のため、またバイパスで振り出しに戻る。

《接遇マナー編》 資料を開くと、「・・・、コンプライアンスを徹底し、

コーポレートガバナンスを適切に維持することにより、

ステークホルダーからの信頼を得て、・・・」

・・・まず英語から勉強せねばってか(爆!)。

でも研修の内容的には、とても具体的で興味深かった。

特に『リスク低減へのチェックポイント25』、

例えば、「人間には変えられない特性がある」

「人は見たいものを見る」「人は聞きたいものを聞く」

「勝手に判断するな」「分からないことはやるな、聞け!」

などなど…思い当たることが (;^_^A

電話対応、苦情に対処するためのテクニックなんかは、

仕事ばかりでなく実生活でも役立つ事で、意義ある研修でした。

お留守番してくれた娘たち、ありがとう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

本望

本望
鉛筆も、ここまで使ってもらえたら、きっと・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

ライブカフェ

夜中に台風の過ぎ去った今日、プレ王の音友さんのDさん

(Aさん?Uさん?Oちゃん?ま、いいや、私はDさんとお呼びしているので)が、

浜松のライブカフェで初ライブをされるというので、N友さんと応援に行ってきました。

http://www.nandemall.com/cafe/cafe-top2.htm

5月3日の浜松オフで話題になったこのライブカフェ、Dさんが見つけて下さって、

とんとんとお話進めて、今日の出演を決められました。

これから定期的にライブに出演して下さるそうで、楽しみがまたひとつ増えました♪

お店は、照明なんかもマスターの手作りで、とても良い雰囲気でした。

そう、このマスターがなんといっても、NSPが好きだったという方なんですよね~。

自分でオリジナルを作り始めたきっかけがNSP、という方なんですよね~。

お店には『青春のかけら達』のバンドスコアなんかも置いてあったりするんですよね~。

今日は他にも3組の方が出演されましたが、それぞれ個性的で、

沖縄の島歌やカントリーを歌われる方、長渕剛の方、

高橋忠史さん(春野町在住)のお好きな方・・・皆さん、聴き応えがありました。

Dさんはふきのとう&NSPの優しいラブソングを(オリジナルも聴きたかったな~)。

いつもパソコンで聴くDさんの歌声、生で聴かせていただくのは429C以来?

あ、いや、そのオフ会が直後にあったんだった(爆)。

♪聴いておくれ このメロディー・・・チャットのお部屋と同じ歌で始まりました。

いや~やっぱり、生は良い、生は(*^_^*) 楽しくも幸せなひとときでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラックベリー

ブラックベリー
ほったらかしでも、
毎年元気にすくすく育ち、
勝手にいっぱい実をつけてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

『赤い指』 東野圭吾

一気に読んでしまったけれど…むなしい話じゃ。

この家族、全員なにものじゃ~~全く、この親にしてこの息子あり。

ドラマにもなった『白夜行』でもそうだったけど、罪を犯してしまった後、どう対処するか。

彼らは何とか隠そうとして、嘘に嘘を重ねていき、罪を重ねていく。。。

最初の時点ですぐ正直に訴え出て、謝罪して反省して、きちんと裁いてもらう方が、

よっぽど楽な選択だと思うのだけど。

たとえ人にばれなかったとしても、自分が一番、自分の罪を知っている。

自分の犯した罪をちゃんと罰してももらわず、息を潜めて、

罪悪感を抱えたままで生きる人生なんて、私は嫌だな。

「私がやっちゃいました、ごめんなさいっ m(__)mm(__)mm(__)m !!」

って言っちゃって、罰を受け、自分に出来る限りの償いをして生きていきたい。

これは仕事をやっていても思うことなんだけど、私はどうも性格的に

人よりかなりミスの多い人間に思う(爆)。 つくずく思う。。。

で、いつも心がけていることは、そのミスを隠してはいけないってこと。

気付いた時点ですぐ、自分のやらかした事を白日の下にさらし、

「すみません、こんなことやっちゃいました」と報告し、指示をあおぎ、

自分の出来る範囲の処理をし、謝って反省して、2度と同じ事をしないこと。

たぶんこんな私の性格も受け継いでいるに違いない(ごめんね)子供たちにも

よく言っていることなんだけど、失敗したり間違ったりは、人間なら誰にでもある。

やってしまった事、おきてしまった事はもう取り返しがつかない。

ただその後、絶対嘘をついたり、隠したりしないで、正直に言って謝ること。

一度嘘をついたり隠したりすると、どんどん嘘をつかなければいけなくなるし、

それがばれた時、もう人は全く信用してくれなくなるから。

『白夜行』を見ながら、「今からでも遅くないよ、正直に言った方がいい」と

何度も思った。まず最初に隠したこと、それがすべての根源。

『赤い指』も、なんとか息子の罪を隠そうと恐ろしいことを考える両親。

選択が間違っている、あなた達のすべきことはそんなことじゃない。。。

読後感がまたすごく不快になりそうな話だったけど、

一番最後のエピソードで少し救われた感じがした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

数列

中学の頃までは、数学は得意な教科だった。

高校に入ってから困難をきたし始め、数列で挫折した。さっぱりわからんかった。

この世には、私には理解出来ない、意味不明の世界ってあるんだなあと(爆)。

そして今、長女が私と同じ道を歩みつつある。なんでそんなとこだけ私に似る。

超理数系頭の父親に似たら良かったのに。。。

長女「うちのクラスの男子でさ、数学の提出物とか全然出さなくて、先生にいつも

   『お前は赤点つけてやるから』って言われてる子がいるんだよ。

   でもその子はすごく勉強出来るから、赤点にはならないんだよ。

   私はさ、やることやってるし、提出物もちゃんと出してるんだけどさ、

   ただの『わからないだけの可哀想な子』なんだよ~~~(T_T)」

私 「わからない可哀想な子って…、何それ、誰かに言われたの?」

長女「違うよ、自分で思ったんだよ。私は数学の時、寝ずにちゃんと聞いてるし、

   こんなにマジメにやってるのに、数列全然わからなくって、

   なんて可哀想な子なんだろうって~~~」

私 「…(-_-;)……、夏休みに補習の募集してたじゃない、あれ行ったら。」

長女「うん、あれ行く。でもさ、もし赤点だと補習代の500円、

   払わなくて良いんだけどな。強制的に受けさせられるから、タダなんだよ。」

・・・500円くらい払うから、赤点とるな~~~!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

つるし雛

つるし雛

受付のところにいると、ひとりのボランティアさんが近づいてきて、

紙包みをそっと、「ねえ、あなた、これ貰ってちょうだい。」と。

ボ「私、ずっとあなたに悪い事したなあと思ってたのよ。」

私「え???」 

???う~~~~ん・・・???とにかく何事もすっかり忘れ去る私(爆)。

ボ「ほらこの間、私がミスしたせいで、あなたが叱られちゃったでしょ?」

あ、思い出した。でも別に叱られてはいないが。

ちょっと焦って走り回っただけで。よくあることじゃ、日常茶飯事、通常業務(爆)。

私「そんな、全然、そんなこと言っていたら私なんか、病院中の人に

  物を配って歩かなければなりませんから(大爆)。どうぞお気になさらず。

  そんなことしていただいたら、かえって申し訳ないです~。」

ボ「いいえ、いいのよ、ずっと気になってたの。私の責任だったのに。

  これ、私が趣味で作ってて、色んな方に差し上げてるのよ、つるし雛。

  もう80近いおばあちゃんのすることだから、許してちょうだいね。」

私「えっっっ、80!?そんなお年にはとても見えませんっ!

  そうですか、じゃ遠慮なくいただきます。ありがとうございますm(__)m」

とってもお元気そうで、生き生きとお手伝いして下さる病院のボランティアさん達。

そんなお年の方達だったとは。。。頭が下がります。ほんと、ありがたいことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バナナケーキ

七夕ライブに行く途中、関東方面から来る友達からメールをいただいた。

「今、新幹線の中。ケーキ焼いたので、忘れないように貰ってね。

朝焼いたからまだほかほかで、湯気出てるから、

新幹線の椅子の上で封しないで冷ましてる。」・・・

いつもとっても元気に忙しく飛び回っているEさん。

隣の席においたケーキから、おいしそうな香りを辺りに漂わせながら

あちこちにメール打っている姿を想像したら微笑んでしまった。。

家に帰って、早速いただいてみた。

バナナが入っていて、なんだかとっても懐かしい味。

そういえば、前は私もしょっちゅうケーキ焼いていたなあ。

主人が食べることが大好きな人だったので、お菓子もお料理も一生懸命作っていた。

本を買ったり、お料理番組見たりして、色々新しいお料理に挑戦したり。

朝から、いや前日から「晩ご飯、何にしよっかな」と考えて、

下ごしらえを始めたりしてたなあ。

食べてくれる人がいなくなったとたん、本当に作る意欲が全くなくなった。

一時期はお料理することすら苦痛だったけど、さすがに自分だけじゃないし、

母たるもの、子供の健康も考えねばならないし。

でも子供って、凝ったものより、普通~~~の物が好きなのね。

お魚ならお刺身か塩焼き、お肉なら焼いただけとか揚げただけとか、

焼肉や手巻き寿司なんかの簡単なのを「今日は豪華だね~!」

とか喜んでいるし。。。全然作り甲斐がないのだ。

子供が「おいしい♪」って言ってくれるのももちろん嬉しいんだけど、

やっぱり全然違うんだなあ。。。

♪朝はみそ汁に決まってる~・・・みたいな奥さんになることを夢見て、

目標にして生きてきた人間だけに(爆)、そういう志(?)がなくなってしまうと、

あれだけ情熱を注いできたお料理への意欲って一気に失せてしまうのね。

やっぱり、お料理は好きな人に「おいしい」っていってもらうのが

上手になる一番の秘訣だとつくずく思うのであります。

大好きな趣味のひとつだったケーキやお菓子作りも、全然しなくなってしまった。

そういえば、「ケーキ屋さんやったら?」なんて事も言ってくれたっけ。。

Eさんの焼いてくれたバナナケーキを食べたら、なんだか以前、

一生懸命ケーキを焼いていた頃の気持ちを思い出してしまった。

とっても優しい味でした。おいしかった。。。(T_T)

私もまた、ケーキ焼いてみようかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 8日 (日)

心音セット♪

心音セット♪
お土産にオカリナのペンダントをいただきました。
お菓子のお皿には、消しゴムスタンプ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕ライブ

七夕ライブ
トリビュートの余韻なお醒めやらぬまま…
昨日は長泉ベルフォーレでの
Hさんの心音ライブに行ってきました。

扉を開けて目にしたのは、NSPの3人のたくさんの笑顔。
流れるオルゴールの音色、お飾りされた笹の葉。
お菓子を入れるお皿にまで思いがこめられていて、
使ったあと、大切にいただいて帰りました。

朝早くから(いえ、実際はもっと前から)
ご準備下さった皆さん、本当にありがとうございました。
とっても素敵な時間を過ごさせていただきました。

人間の欲望というのは果てしないもので、
3曲聴かせてもらえば、短すぎると言い、
5曲聴かせてもらっても、もっともっとと思い、
1時間聴かせてもらっても、
まだ時間はあったはずと…(^_^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONGS~歌は世につれ~天野滋トリビュート ⑦

アンコールはないですから、と最初から平賀くんは言っていた。

最後にもう一度、全員で挨拶に出てきてくれた後、

高橋ジョージさんのボーカルで、3人で『さようなら』を。。

高橋さんの熱唱、素晴らしかったです。ありがとうございました。

平賀くん、中村くん、本当にお疲れ様でした。

終了と同時に会場に『めぐり逢いはすべてを越えて』が流れました。

一緒に行った遠州地方の方達と、綿密に打ち合わせした集合場所に急ぎ、

打ち合わせ通りの時間まで皆を待ち、打ち合わせ通りに地下鉄に向かい、

打ち合わせより少し余裕の電車で、ベストな新幹線に乗ることができ、

無事にその日のうちに帰宅することが出来ました。

あ~。。一週間かかって、やっとなんとかとりあえずは最後まで書いた。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

SONGS~歌は世につれ~天野滋トリビュート ⑥

最後は、Charです(さん付けするとなんかおかしいので、あえて)。

Charは昔、NSPのバックバンドで、レコーディングに参加したり、

一緒にコンサートまわったりしていたので、昔の仲間代表ということで。

当時の「SML」のメンバー、キーボードの佐藤準さん、

ドラムスの古田たかしさんも連れてきて下さって、迫力のステージでした。

『空模様のかげんが悪くなるまえに』・・・天野くんがCharの為に書いた曲。

『なんて空だろう』『コンクリートの壁にはさまれて』・・・2曲続けて中村くんボーカルで。

『君は地下鉄日比谷線』・・・平賀くんボーカルで。

『ゆうやけ』・・・イントロのエレキは感動ものでした (T_T)

天野くんの思い出話がたくさん。

無機質に「頼むよ~」という口癖とか、恥ずかしい曲を作って人に歌わせるとか、

(コンクリートとか、いやらしいよな~、って。。確かにねえ。。)

空模様・・・に「民家」が出てくる、ロックに民家はないだろ~とか、・・・

でもCharが言うと、そういうことも全然嫌じゃなくって、そうよねそうよね、というか、

やっぱり天野くんに対する思いが溢れていて、それがとてもよくわかって。

中村くんや平賀くんの歌も久しぶりに生で聴けて嬉しかった。

これからもずっと音楽続けて、歌っていってほしいなあ。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 6日 (金)

SONGS~歌は世につれ~天野滋トリビュート ⑤

次は、元オフコースの鈴木康博さん。

オフコースは昔、NSPと同時期に競い合っていた関係だから、

当時のライバル代表といった感じかしら。

鈴木さんではない方の方に「ハモってないね」と言われた話なども (^_^;

年を経て、皆さん大人になりましたね~、そういえばつま恋の拓郎さんも

とってもまるく優しくなられてましたっけ。

虫取りに行くような格好で現れた鈴木さん。

その見た目とはうらはらに(ぼかぼか★)、

うっとりするような大人の雰囲気のギターとボーカルを聴かせてくださいました。

せっかくなら、衣装も大人のセンスでいけば良かったのに(爆)

鈴木さん、初めて生で拝見しましたが、ああいう飾り気のない方なんですね~。

『夕陽を浴びて』・・・♪キミが半分暗くなる、の部分など、「絶対書けないよ」と

天野くんの詩をとっても褒めてくださいました。

『BIRTHDAY』・・・あの鈴木さんがとってもとっても練習されたそうで、

「こんなに練習したんだから、一回ではもったいない」と。

鈴木さん、これからも何度も歌って下さい~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SONGS~歌は世につれ~天野滋トリビュート ④

4人目は元ふきのとうの細坪基佳さん。長年のお友達の代表です。

他の出演者は、皆、自分で選曲して好きな歌を歌っているのに、

「なんで俺だけ選曲権がないんだ!」

坪さんは天野くんとの共同作品もあるし、ご自分のライブでも

よく歌いなれている曲もあるし、それならあまり練習しなくても歌えるのに、

全然知らない曲持ってこられて、これ歌って、状態だったらしく(爆)。

「この年になって新しい曲をマスターするのってすごい大変なんだよ?

でも、こうなったらやってやろうじゃないかと、必死で練習したよ~。」

平賀くん自身も「俺らもこれ、一回もコンサートでやったことないんじゃないかなって思う。

聴いた事ある人、いる?」(大爆)。

『夕凪の池』・・・おお、洗足池~、聴きたかったんだ。坪さんで聴けるか。。(T_T)

『きれぎれの空から』・・・うわあ、そりゃあもう。。

『赤い糸の伝説』・・・天野くんの言い訳の話、らしい♪せりふ入りで。

『雨は似合わない』・・・3人で交代にリードボーカル。

『歌は世につれ』・・・平賀くん「この曲、一度も最後まで

ちゃんと歌った事ないんじゃないか」

坪さん、がんばって最後まで歌いきってくれました。ありがとう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONGS~歌は世につれ~天野滋トリビュート ③

3人目は南こうせつさん。

こうせつさんとNSPの深いご縁がよくわからなかったんだけど、

そうでした、こうせつさんが司会をされていた某国営テレビのフォーク番組に、

復活前のお3人がゲスト出演されたのでした。

久々の大きなステージでのNSP、復活に向けてのリハビリだったのかな。

そして、天野くんが亡くなる直前に、

こうせつさんのラジオ番組にゲストで来てくれた、というお話を。

その時、こうせつさんは、天野くんが病気だとは知らず。。。

平賀くん「あいつは最後まで、弱いところを見せなかったから。」

こうせつさんは、フォークの世界の先輩代表というところかな。

こうせつさん、「NSPの詩の世界にはびっくりした。すごいよ。

虫にさされて、ごめんごめんなんて、絶対誰にも書けないよね~。」

『八十八夜』・・・しっとりと、まるでこうせつさん自身の歌のように歌って下さいました。

『夕暮れ時はさびしそう』…細坪さんが「息継ぎ出来ない。こんな歌いにくい歌、ない。」

と言った大ヒット曲。歌ってくださってありがとうございました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONGS~歌は世につれ~天野滋トリビュート ②

さて二人目は、今回の『老若男の中の若』、

平川地一丁目のお兄ちゃん、林龍之介くんです。

いつもはボーカル担当の弟の直次郎くんは、学校があるので参加出来ず。

直くんはうちの長女と同い年なんですよね~、つい保護者の目になってしまう私。

NSPのファンだという、彼らのお父さんの年齢も、私と同じようです。

NSPを次に受け継いでゆく世代の代表です。

平賀くんの、3人のユニット名を付けようという提案に、龍くんは

「ニュー・佐渡スティック・ピンク」というヒットを飛ばしました~!

高校を卒業した龍くん、大人っぽくカッコよく成長していました。

期待の選曲は、

『八月の空へ翔べ』・・・龍くん、同じような思い出があるんだって。

『おちばは夏の忘れもの』・・・まさかこんな曲を選んでくれようとは~~感激。

2曲とも、とても龍くんに合っていて、歌もとっっっても上手なのでした。

平賀くんに、「これからはお兄ちゃんももっと歌いなよ~」と言われてました。

飾らず、ちょっとぶっきらぼうな感じの龍之介くんは、皆に好印象を与えたようです。

ファンの人には「昔の天野くんを思い出させる」との意見が多く、平賀くん自身も、

ライブ後に平川地一丁目の公式サイト(From staff)にコメントを送ってます。

それにしても、429Cであんな(どんな)MCしてしまったので、

429C関係者には、どうも、平川地一丁目といえば私、のイメージを

しっかり植えつけてしまった模様。。。(;^_^A

お兄ちゃんごめんね、あんなこと言って・・・m(__)m

あれだけの大物メンバー達の中で、よくがんばったねえ。えらい、えらい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

SONGS~歌は世につれ~天野滋トリビュート ①

↑長いタイトルのコンサートなのであります。

一人目は高橋ジョージさん。

「僕は本当はここにいるはずじゃないんです。

皆さんと同じ、客席側にいるべき人間なんです。」何度も言われてました。

昔からNSPの大ファンだった方で、天野くんが亡くなった時には、

沢山のファンと同じように、公式サイトのBBSに書き込みされました。

『新・堂本兄弟』にゲスト出演された時に言われた「リスペクトしている」の言葉、

「さようなら」を歌われた時の涙。。。まさに今回、ファン代表の出演者です。

歌われた曲は、すべて「NSP First」より、ジャケット写真の3人の位置から、

平賀くんの座ったベースまで再現する、というこだわりようで (^_^ゞ

『新青春』

『昨日からの逃げ道』

『いい』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

コンサート前の過ごし方は

さて、一度書き始めると、あれもこれも書き残しておきたくなるのが人の常(爆)。

プレ王の日記も書きたいのだけど、きちんと書くのって、実に大変。

今さっき書いた文は、わりとまともだったかもと思うので、まあ今回は

これをアレンジして貼り付けてこよう。って、こっちは下書きか~(ぼかぼか★)

両方読んでくださってる方、手抜きしてしまってすみません。。。m(__)m

さてさて、せっかくN友の皆さんとご一緒に東京くんだりまで遠征します故、

今回も定番のコース、三茶はキャロットタワー・お蕎麦屋さん等を横目で見ながら、

緑道を歩いて天野桜・アトラスト、写真撮影に使われたあちらこちら。

日曜日だったので、おにぎり屋さんがお休みで、残念だった~おなかすいた~~。

お腹すかせて向かった先は、厚生年金地下にありますレストラン。

今回はここで、3つの掲示板の合同ランチオフに参加させていただきました。

総勢約50人、名簿を見ながらの全員の自己紹介だけでもすごかった。

主催者の方、とても大変だったと思います。お世話になりました。

(いつものことながら、こんなところでお礼言ってても~)

オフ会終了後、会場付近のあちこちで

「こんにちは~♪」「わ~久しぶり~!」「元気~?」…

などとやっているうちに、あっと言う間に時は流れ。。さて、ついに開場。

コンサートの内容については、明日以降につづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

トリビュートが終わって。。

平賀くんも中村くんも、ファンに優しい。

わがままなファンに、時々つれない振りをするけれど、やっぱりとっても優しい。

カレンダーをつくれとか、DVDを出せとか、パンフを増刷しろとか(これは私か)、

そういう次々の要求に、全くしょうがないなあと答えてくれて。

突然の天野くんの訃報を受け入れられないファンのために、フィルムを作ってくれて、

東京まで見にいけないというファンのために、フィルム抱えてツアーしてくれて、

お二人の姿だけでも見たいと言えば、ファンの集いもひらいてくれて。

それでも思い切れずに立ち止まってしまっているファンのため、3回忌のトリビュート。

さあ、これでふたりで出来ることはすべてやったぞ、もういいでしょう、

トリビュートが終わったら、公式サイトもなくなって、ファンクラブもなくなって、

…でも、おふたりは、すべてを終わりにするのではなく、

遠いところに小さな光を残しておいてくれた。

コンサートの最後に平賀くんが言ってくれたのは、

「こんな感じで、このメンバーで、また今度、7回忌が出来たらなと。。。」

その一言、そのたった一筋の希望があるだけで、

これからの日々を笑顔で過ごせるものなんだ、ファンってね (^_^ゞ

中村くんが言ってくれたのは、

「これからは、ギターの弾ける人たちで、

皆さんでNSPの歌を歌っていって下さいね。」

天野くんの残してくれた沢山の楽曲、ずっと大切に聴き続け、歌っていきたい。

本当は、いちばん哀しくて辛かったのは、このおふたりだったでしょうに。

本当は、いちばんNSPを続けていたかったのは、このおふたりだったでしょうに。

どうもありがとうございました。お疲れ様でした。

NSPのファンでホントに良かった。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

もうすぐ。。

もうすぐ。。
始まります。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »