« 1/2成人式 | トップページ | ゲームやさん初体験 »

2007年2月24日 (土)

『名もなき毒』 宮部みゆき

宮部さんの現代ミステリー。おもしろかった♪

『理由』とか『模倣犯』のように重~く暗~く絶望的な結末ではなく、

怖いし哀しいんだけど、なんだか雰囲気が全体的にほんわかしていて

結末に少し救いがある。これは登場人物のキャラによるものと思う。

読んでいて気が付いたんだけど、どうやらこの話には前作があるらしい。

検索してみたら、『誰か』という作品。お~読んでない~~~。

読まねば。というか、また読める~♪また会える~杉村さんに♪

宮部さんの現代ミステリーにはとても沢山の登場人物が登場して、

例えほんの脇役でも、その一人ひとりが丁寧に描かれる。

殺される人も殺す人も、そこに至るまでの生い立ちから人となりから、

その事件の結果、影響を受ける家族・親戚・友人・近所の人まで

全部の人が個性をもってその事件に関わるところが好きだ。

で、この話の主人公の今多コンツェルン・広報室の杉村さん、

この人、私はとっても気に入った。

きっと女性が描く主人公だからだろうな、

男性作家にこのタイプの主人公はこんなに上手く描けそうにないように思う。

強くもなく、権力もなく、決してヒーローになれなくて、

だけど家族や友達をとても大切に思っていて、

関わりのない人にでもついおせっかいを焼いてしまってピンチになるという。

なんというか…母性本能くすぐりタイプ?

いや~~~とっても好きです、杉村さん。

奥さんに怒られて、夜中にお詫びのケーキを買いに行くところなんか、大好き♪

『誰か』では、杉村さんが今多財閥の会長の娘さんとの

いわゆる「逆玉結婚」に至るあたりのところから読めるようなので、

読むのが楽しみです~(何を目当てにミステリー読むやら)。

ぜひこの魅力的な登場人物達のままでもっと続編を書いていただきたいものだ。

出来ればシリーズ化して欲しい。

その場合、杉村さんは決して私立探偵などにならず、

今多コンツェルン広報室の一サラリーマンのままでいて欲しいのです。

|

« 1/2成人式 | トップページ | ゲームやさん初体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/14029476

この記事へのトラックバック一覧です: 『名もなき毒』 宮部みゆき:

« 1/2成人式 | トップページ | ゲームやさん初体験 »