« 初薪ストーブ | トップページ | えらそうな人 »

2007年1月 9日 (火)

『ふつうがえらい』 佐野洋子

佐野洋子さんといえば、かの『100万回生きたねこ』や『おじさんのかさ』等で

有名な童話作家の方なのですが、この本はご本人曰く、雑文だそうで。

短いエッセイが満載のこの本、とてもおもしろかった。

哀しい事も辛い事も苦しい事も、生きていくうえで経験するさまざまな出来事を

明るく、前向きに、元気いっぱいに踏みつけて歩いてゆく姿勢。

女々しくないのにとても女性らしくて、共感出来る部分が沢山あり、

何度も読みたいって感じです。文体も、とっても好きだな~。

失敗したり恥ずかしかったりする時、元気をもらえる本ですね。

ほれほれ、そんなことでいちいち落ち込んでられないよ~って。

他に『がんばりません』『ラブ・イズ・ザ・ベスト』というのもあるらしいので、

全部揃えることにしよう~~~★☆★

|

« 初薪ストーブ | トップページ | えらそうな人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144376/13404721

この記事へのトラックバック一覧です: 『ふつうがえらい』 佐野洋子:

« 初薪ストーブ | トップページ | えらそうな人 »