« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

31日は恒例の。。

31日は恒例の。。
子供達はウインターホワイトチョコレートとラブポーションサーティワン。
ラブポーションっての、なかなかおいしい!お勧め!(誰に?)

ちなみにラブポーションってのは、『恋の媚薬』って意味なんだと(+_+)
私はストロベリーソルベとやっぱりいつものナッツトゥユー。

「テイストスプーンでお試し下さい」って書いてあるけど、
試食したことなんてないよねえって話から、
ワインの話に発展した。

レストランで注文したワイン、一人にグラスで試飲させて
「お味はいかがですか?」って、あれ。
あの時に「イマイチです」とか言う人っているんだろうか。
そしたら開けちゃったワイン、どうなるんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

『エイジ』 重松清

なんとMYUに先を越された本。

「怖かったよ~」と言っていたので、お、小4には早すぎる内容だったか (-_-;

先に読んで止めとけと言ってやれば良かったか (-_-;

…などと後悔しつつ読んだのだけど。

うん、怖くはなかったぞ。内容的にも小4でもOKかと。

くどいようだが『疾走』はいかん、『疾走』は…

読後感が良かった。こういう風に終わってくれなくっちゃね、やっぱり。

くれぐれも『疾走』はいかんよ、『疾走』は…(しつこい)

街を騒がす連続通り魔犯が同じ中学のクラスメートだった、という話。

この話のおもしろいのは、その子がなんでそんな事をしたかとか、

その子の家庭環境とか心境とか、そういうことは最後まで一切書かずに、

周りの人の反応や及ぼす影響のみが描かれているというところ。

14歳という多感な時期に、隣の席に座っていた子がそんな事をしていたら…

今まで新聞とかテレビの中の出来事と思っていたことが

現実に自分達の身の廻りで起きる。

冗談で笑い飛ばしていたのに、被害者を目の当たりにする。

その時、先生は、親は、近所の人は、クラスメートたちは…

とても考えさせられる、読み応えのある作品だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

ココナッツ&チョコレートムース

ココナッツ&チョコレートムース
MYU「お父さんはどんなケーキが好きだったの?」
私「ムースとかババロア系が好きだったね」
お誕生日おめでとう♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新堂本兄弟

新堂本兄弟
今夜、中村くん平賀くんが、テレビ出演。
高橋ジョージさんやKinKiと『さようなら』を歌います~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

豆まき&六年生ありがとうの会

豆まき&六年生ありがとうの会
MYUの戦利品。
百人以上の小学生を相手にするのは大変だ。
幼稚園や学校の先生ってつくずく尊敬する。
パワフルな子供達の集団を見ただけで圧倒される私には、
それに負けない大きな声でひとりでしゃきしゃきと場を取り仕切るような仕事は
全く不可能だといえましょう〜f^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

5年前の今日

16年ぶりのNSPの復活コンサートが日本青年館であった日です。

5年前の今日…私はNSPの復活など全く知る由も無く。

音楽なんか聴く事も無く、もちろん歌う事も無く。

哀しいとか辛いとかでもなく、淋しいとか不安とかでもなく、

あんまり何も感じなくなってしまった空っぽな心を抱えて、

「は~平均寿命でいけば、あと40年以上もこうして生きるのかあ、

長いなあ。。」なんて思いつつ、静かな毎日を過ごしていたのでした。

私にとってのNSP復活は浜松フォルテホールでした。

あの日のコンサートで流した涙が世界に色を取り戻してくれて、

自分自身も深い水の底から浮かび上がれたんだと思う。

5年前の今日の復活コンサート、NSPはファンの人たちの心に

それぞれ沢山のものを運んできてくれたんだろうなあ。

復活してくれたこと、本当に感謝します。

もしNSPの復活がないままor復活を知らないままだったら、

私は今も、音も光も届かない海の底の深海魚のままだったかも~なんつって。

で、そんなこんなの今日、MYUと一緒に遊んだ曲がプレ王にアップされました。

なんだかすごい自己満足の世界なんですが、私はすっかり幸せです♪

http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=147570

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

長縄大会

小学校で毎年恒例の、クラス対抗全校長縄大会。

「はいっ!はいっ!」の掛け声と共に、順番にどんどん縄をとんでいく。

引っかかってもいいんだけど、時間内に何回飛べたかを競うのです。

だから、なるべく引っかからず、間をあけずに早いテンポで飛ぶのがポイント。

転校してきて初めてそれを見た時はびっくり!

「すご~い!!私でもあんなんとべないぞ(私だからとべないんじゃ)」

さて、家系的な両親の血をもろに受け継いでしまった我が家の娘たち。

MYUさんは自分の身の程をわきまえたのか、自ら挙手して回し手をかってでました。

しかし…縄の回し役も甘いものではありません。

むしろ勝敗の決め手になる役ともいえるのでした。。

リズム感がいるし、体力的にも大変で、肩や腕にシップを貼る日々。。

でも大会当日、MYUのグループは目標回数の200回を大幅に上回る

300回台にのり、予想外のダントツ優勝になりました~!

先生が学級便りに全員の感想文を載せて下さったので、我が娘の文を。。

『みんなにおうえんしてもらって300回をこした時は みんなで

キャーとさけんでしまいました。(Yちゃんは感動泣きしてました。)

カップはRくんがもらいに行きました。

カップを持った人で一番Rくんが高くカップを上げていました。

部屋の中では手紙(黒板)と絵と字をみんなで書きました。

みんなががんばってくれたので勝てました。みんなありがとう。

(ただ、Sちゃんが出られなくて残念でした。)』

先生がくださったお言葉…

『MYUさんは、友達の様子をよく見てて、いろいろ感じてるのがすばらしいです。

自分のことも主張していいんだよ。本当に優しい人です。

でもBチームのリズムを作ってくれたのは回し手の2人なんですよ、お手柄!!』

先生のお言葉、ありがたくって、嬉しかった。

MYUが『みんなありがとう』っていう子に育ってくれて嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

踏み出す一歩

突然ご主人を亡くされて以来、ずっとお仕事をお休みされていたMさんが

今日からまた出てこられました。

なんて声をかけたら良いかわからない私に、にっこり笑って

「とりあえず、最初の一歩を踏み出さなきゃね~」って。

今までとちっとも変わらない、姉後肌で元気なMさん。

人間って、外側から見てるだけでは、心の内側の傷って見えないものなんだと思う。

ゆっくり、少しずつ…無理しないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

静岡新聞の朝刊の小説

24日から石田衣良さんの『シューカツ!』というのが始まるそうな。

就職活動プロジェクトチームを立ち上げる大学生たちの奮闘を描く…

とのことで、おもしろそう。

実は今連載中の森村誠一さんの小説は…途中で挫折した。

ちゃんと途中までは読んだんだよ、途中までは。

でもじぇんじぇん興味ない分野なもので、私にとっては全く面白くなくて。

新聞小説っていう毎日の小さな楽しみがまた復活してくれそうで嬉しいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7万円分のお菓子

7万円分のお菓子
来週は子供会行事の『豆まき&6年生を送る会』があります。
豆まきっても、大豆を部屋中に撒いたりはしないのです。
小袋に入ったお菓子を母達が撒いて、待ち構えた子供達が拾うという…、
まあいえば、お餅まきのお菓子版ですね。
いいのか、日本の伝統行事。
そんな訳で今日はそのお菓子の買い出しに行きました。
来週この7万円分のお菓子をすべて撒き散らす予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

冬の夜に。。

冬の夜に。。
猫さんが見つけたものは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

『nature of year 2007 君は僕のともだち』その2

最初の数曲はピアノの伴奏にハンドマイクで、しっとり聴かせてくれました。

おしゃれなジャケットにきらきら輝くネクタイがまぶしい☆★☆

それからゲストに元・雅夢の三浦さんが登場~。

とても仲良しのお二人、トークが弾みに弾み、一気に雰囲気が~~~(^_^;

冬ソナのヨンさまの出し物まであった(爆)

噂には聞いていた坪さんの『はじめから今まで』、

いつか聴きたいと思っていたのだけど、こんな形で聴く事になろうとは~~

…いいんだけどね、素敵な声だから。でも全部とおして聴きたかったな。

三浦さんが『愛はかげろう』を熱唱している間に坪さんはお着替え。

元・オフコースのドラムの大間ジローさんと

現・NSPのベーシスト平賀くんを加えて、バンド形式になりました。

ステージ上でハモりながらベースを弾く平賀くんは水を得た魚のよう。

本当に生き生きと楽しそうで、客席の中村くんは羨ましかったんじゃないかな。。

やっぱりおふたりには、なんらかの形でずっと音楽活動を続けてほしいと思いました。

天野くんの話も沢山してくれました。天野くんから譲られたギターの話や楽しい思い出。

坪さんと天野くんが二人で歌った『風が違う』を三浦さんと歌ってくれました。

坪さんパートを三浦さんが、天野くんパートを坪さんが。

もう、イントロ聴いただけで。。。(T_T)(T_T)(T_T) 撃沈。

『愛のナイフ』は特別にNSPバージョンで、♪ピ~ピピピピ…で始まり、3番まで。

なんか、NSPが再復活してくれたような。。。

フルバンドの迫力ある演奏で聴くふきのとうのヒット曲の数々、

『白い冬』とか『風来坊』とか『春雷』とか…、山木さんパートを

平賀くんが歌って、これまたふきのとうの復活のような。。。

個人的には予想外の『ばーじにあ・すりむ』なんかが懐かしくて嬉しかった。

それとやっぱり、アンコールで細坪さんがひとりきりで

ギターの弾き語りしてくれたのも良かったな~(*^_^*)

基本的にやっぱりこういうのが好きなんだな~(*^_^*)

まあ、そういうのは坪さんひとりのライブでまた堪能させていただけるに違いないので。

今回はタイトル通り、沢山の音楽友達に囲まれた、とても楽しそうな坪さんを見られて、

平賀くんの元気な姿や、他の出演者の方達の素晴らしい演奏を聴けて。。。

坪さんのおしゃべりもとても楽しく、共感できることも多く。。。

暖かい優しい気持ちをいただきました♪ 聴きに行けて幸せでした~♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

『nature of year 2007 君は僕のともだち』その1

いや~~~なんって素晴らしいお声なんでしょう~~~(*^_^*)

細坪さんはまさに歌うべくしてこの世に生を授かった方だと思います。

この声で歌ってなかったとしたら、それはある意味罪だとも言えましょう。

しかもそれなりのお年の今も、3時間以上ひとりで歌い続け、しゃべりまくり、

最後まであの美声を保ち続けるというのはすごい。。。

さて、到着すると開場がやや遅れていて、外には長い列が出来ていました。

♪人ごみのなか流されて…

しかし、NSPのパンフ事件の痛い経験があるので諦めずにがんばってパンフを買い、

いつも坪さんのコンサートは長いので諦めずにがんばってお手洗いの列にも並び…

うわ~開演のベルが鳴った~と、人気の無くなった通路を急いでいると、すれ違った人。

ん?えっ??…振り向くと。なっ、中村くんだぁ~~~~っ!!!

心の中では、きゃあ~っ、うわ~っ、と大騒ぎなのに、もうただ立ち尽くすだけ。

わっ、目が合った(そりゃ~こんなに見つめてれば目も合うわ)、

何か言わなきゃ…で、「あの、こんにちはっ(*^_^*)ゞ」…あ~何が『こんにちは』だ…

向こうもどう返したもんかというお顔でしたが、ファンだってことは理解されたに違いない。

それにしてもあんな至近距離で見た中村くん…(集いの時だって、恐れ多くて遠くから

眺めていただけの情けない私)、

やっぱカッコよかったあ♪おしゃれだったあ♪めっちゃラッキー~~♪♪

そして今回のもうひとつのサプライズ。

お席がなんと、A教授ご夫妻のお隣だったんですねえ~。

すんごいよ、この1000人以上入るホールで、なんという確率でしょうか。

いやいや、びっくりでした。

さて、コンサートの内容はまた明日書くことにしよう。おやすみなさい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋から見た風景

橋から見た風景

ほんとに小さな橋でした。
ここも桜が綺麗だそうです。

ここへ来る前に、三軒茶屋のキャロットタワーに行き、
FM世田谷の『あの頃青春グラフィティー』にリクエストしてきました。
なんとうちのMYUちゃんの書いた文が読まれ、
『夕暮れ時…』をかけてもらえました~(:_;)
10才でNSPファンというのが目をひいたようです。
お手洗いに行ってる間に、係りの男の人が、「女の子は~?」と捜してたらしい。
母たちもHNを読まれました~(^_^)v

ああいう場で聴くNSPはひときわ胸に迫るのです~~(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『面影橋』

『面影橋』

都電荒川線つーのに乗りました。

♪ルールも友達も約束もみんな捨てて
君を ああこのまま抱いていたい 面影橋で…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅干しのおにぎり

梅干しのおにぎり

アトラスト近くのおにぎりやさんで。
天野くんがよく食べてた梅干しのを。
にぎりたてで、あったかくっておいしい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天野桜

天野桜

あの道もまた歩いてきました。
桜が満開のところ、一度見てみたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『夕凪ぎの池』

『夕凪ぎの池』

♪遠い遠い記憶を たどってみるたび
まるで昨日来たよな気がする風景
今も昔も変わらないのは
洗足池の辺りの松の枝…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NSPゆかりの地巡り

NSPゆかりの地巡り

せっかくN友さん達と東京まで行くので、
早くに行って、あちこちうろうろしてきました。
おかげでコンサート会場へ着く頃にはかなり疲れきっていましたが…f^_^;
ものすごくいろんなことのあった、幸せな一日でした。
まずはここから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

細坪さんは…

近くでも時々ライブを演って下さるので、
新幹線に乗ってあえて東京くんだりまで…と思っていたのですが。
今回はやっぱり特別です。
日本青年館、行きま~す♪

またまたお供を引き連れて行くので、
NSPほど洗脳していなかったふきのとう、
付け焼刃で一緒に聞かせてますが…

う~ん、ベースの音を気にしながら
ふきのとうを聴いたのは、はじめてかも。
なにせ私、坪さんの甘~い歌声さえあれば
あとは♪何もいらない~…タイプなもので(ぼかぼか★)
平賀くんが弾く姿を想像するだけでうるうるしながら、
この曲やってくれるかな、これは絶対よね~などと
勝手に選曲するのもまた楽しくて。。

どなたかお会い出来るかな~。。

以上、プレ王の日記をそのまま貼り付けると言う手抜きをして、

今夜は早めにおやすみなさい~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

えらそうな人

ここに引っ越してきてもう5年、初めて住む東海地方、さすがに、

言葉の壁(?)も乗り越えつつあるかと思えたけれど。。。

今日、新患の患者さんのカルテを中に引っ込んで作っていると、

Tさん「ねえ、その患者さん見た?」

私  「いいえ、ご主人とお話しただけで、ご本人は見てないです」

Tさん「今、前で椅子に座ってるんだけど、すごくえらそうなんだよ~」

えらそう?・・・ここで私の脳裏に浮かんだのは、椅子にふんぞり返って

葉巻をくわえて、傍若無人に振舞う患者さん…(女性だって!)

私  「そ、そんなにえらそうなんですか…」

Tさん「うん、看護師さん呼んだ方がいいかなあ~」

ここで私の脳裏に浮かんだのは、お茶ののったお盆を持って、

不平不満を述べる患者さんに手を焼く看護師さん…

Tさん「とにかく、それ出来るだけ早く作っちゃって。」

私  「はいっ (-_-)/ 」

出来上がったカルテを持って、恐れつつお名前をお呼びする。

?この人?? 普通じゃん~~~。

ただ、とても腰が痛そうで歩くのもつらそう。。

「車椅子、使われます?」「いえ、座るのも大変なんで・・」

なんでこの人がえらそうなんだよ~~~???

・・・帰る頃になってから、ようやく気づいた。

この辺りで「えらい」というのは、関西弁でいうところの「しんどい」なんですね。

あたしゃ、どんだけ態度のでかい人なのかと思ったよ~~~(爆!)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

『ふつうがえらい』 佐野洋子

佐野洋子さんといえば、かの『100万回生きたねこ』や『おじさんのかさ』等で

有名な童話作家の方なのですが、この本はご本人曰く、雑文だそうで。

短いエッセイが満載のこの本、とてもおもしろかった。

哀しい事も辛い事も苦しい事も、生きていくうえで経験するさまざまな出来事を

明るく、前向きに、元気いっぱいに踏みつけて歩いてゆく姿勢。

女々しくないのにとても女性らしくて、共感出来る部分が沢山あり、

何度も読みたいって感じです。文体も、とっても好きだな~。

失敗したり恥ずかしかったりする時、元気をもらえる本ですね。

ほれほれ、そんなことでいちいち落ち込んでられないよ~って。

他に『がんばりません』『ラブ・イズ・ザ・ベスト』というのもあるらしいので、

全部揃えることにしよう~~~★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

初薪ストーブ

初薪ストーブ

いつもは12月中に何度か火をいれる薪ストーブ。
この冬は暖かい日が続いていたので、使う機会がなかった。
この気候温暖な静岡でも昨夜から寒風吹きすさび、
今朝はみぞれ混じりの雨が降ったり止んだり。
で、今シーズン初めて薪ストーブに火を入れた。
あったかあ〜い♪
ストーブの上で小豆を炊いて、おぜんざい作ろ〜o(^-^)o

♪こんな遠い街にも 夢を与えてくれる

  白い粉雪が降って 心に届くよ WINTER SONG… (冬のうた by.KIRORO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

さかな・さかな・さかな

欽ちゃんの仮装大賞、毎回欠かさず見ています。

昨日の不合格だったこの作品↑

別にHNがらみで贔屓するわけではありませんが…。

私はとっても好きだった!次回もまた出て欲しいなあ、あの人。

しかもぜひ同じタイプの作品でお願いしたい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

製作途中

製作途中

これはボビンレースではなく、
ニードルポイントレースといいます。
針でかがってゆくレースです。
かがり終わったら台の布を外して、
左のピンクの花の状態になります。
花びら二つと、ビーズを編み込んだ葉っぱを組み合わせて、
コサージュになる予定なのですが…
これも間に合いませんがな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝶のモチーフのえり

蝶のモチーフのえり

ボビンレースの展示会、来週に迫ったけど、
予定していたベビーシューズは間に合わず〜(T_T)
しかたないので、今までに作ってた作品を
いくつか出品してお茶を濁すとしよう。。はぁ。。
これはかの福山先生の本に載っていた、
ベッドフォードシャー・レースのえり。
写真ではわかりにくいけど、
蝶々の体が立体的になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

インドの子供たち

昨日の新聞に出ていた記事、

「民家に女児ら17遺体・インド、臓器売買目的か」…

逮捕された実業家(実業家って…)の裏庭から見つかった子供の遺体、

胴体部分がないそうな。貧困層の多く住む地域だそうで、

この地区では過去2年間で40人前後の子供が行方不明になっていると。

なんだか…想像を絶する。

お金のあるなしで、人の命ってこんなに差があって良いはずはない。

もし私が高額のお金を払って臓器移植して、命をつなげて、

自分の体の中にもらった臓器がこんな風な経緯だったと知ったら…

その体で生きていけるだろうか。

自分が生きていることも罪だし、その命を絶つことすら罪だと思う。

それを知ってしまったら、死ぬよりつらい思いで生きなければならない。

生きている人を殺して、その命をお金にかえるというのはどういうことだろう。

この子供達はひとりの人間ではなく、生きている臓器としか思われなかった。

お金のために一体そんなことが出来る人間が何人もいるなんて。。。

そこまでの貧しさを、日本人に生まれた私は知らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『地下街の雨』 宮部みゆき

年末年始に読もうと思って、図書館で制限いっぱいまで借りてきた内の一冊。

短編ばかり7作入った、かなり前に出た本です。

ミステリーあり、ホラーっぽいのあり、しみじみ系あり、恋愛系ありで、

どれもなかなかおもしろく、軽~く読めました。

私がこの中で一番好きなのは『勝ち逃げ』かな。。。

設定にちょっと無理が感じられないではないが、読後感が良かった。

でもやっぱり宮部さんは長編の方がいいなあ~。

また何か長いのにチャレンジしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

♪年の初めの福袋~

戻って来ました。

戻ってくるなり長女の買い物に付き合わされました。

福袋は服袋というか、服キャリーケースです(訳わかりませんな)。

昨年中からネットで調べまくっていた彼女の狙っていたのは、

フリフリ&りぼん&ピンクが特徴の某メーカーの福袋でした。

やっぱりフリフリ&りぼん&ピンクのキャリーケースに入った、

ショートトレンチ、ミニスカート、ショートパンツ、ロングTシャツ、

白いレースのカットソー、レギンス、計壱万円也。

いただいたばかりのお年玉でゲットした彼女は大満足でした。

しかしあのお店のお姉さん達…全身お店の商品で身を包み(当然だが)

くるくるにカールした金髪に白いふわふわの耳のついたカチューシャ、ピンクのリボン。。。

お店の前に作ったお立ち台の上で声を枯らしながらまるで学園祭の呼び込み。。。

ああ~お正月早々、くらくら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 1日 (月)

新年明けましておめでとう♪

紅白は白の勝ち。どっちが勝とうが全然問題ではないと思うけれど。
やっぱり『案山子』は、数あるさださんの名曲のなかでも好きな曲の5本の指に入るなあ〜(:_;)
『PRIDE』もドリカムもよかったけれど、
私は徳永さんの声が大好きなんだ〜♪あ〜なんて素敵なんだ(#^.^#)
頑張って演歌を聞いた甲斐があるってもんだ。
天野くんが亡くなった時にBBSで話題に出ていた
『千の風になって』はテノール歌手の方が歌われたので、
新井満さんの温かく包み込む歌い方とはまた違う、
スケールの大きな歌になってて感動的でした(T_T)
そしてなんて言ってもSMAPが2曲も歌ってくれた、やはりこれは白の勝ちでしょう〜!(ぼかっ★)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »