« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

『象の背中』 秋元康

Nさんの掲示板で話題に上ったこの本、読んでみた。

「女性からみたらどう思うのかな~」とおっしゃってましたが…

率直な感想…こんな人の奥さんじゃなくて良かった(爆!)

自分勝手にも程がある。不誠実だし、我侭だし、女性にもルーズだし、

自分を思ってくれる人に甘えまくりで、人の気持ちを理解しない。

余命宣告はそういう生き方の免罪符にはならないんだよ~!

バキッ!!(←マジャがマイクを投げた音)

私が奥さんだったら一番情けないのは、まず事実を告げてくれないこと。

これは優しさでも愛でも何でもなく、ただ言う勇気がないだけじゃんね。

結婚式で誓うじゃないのよねえ、

「病める時も健やかなる時も…死がふたりを別つまで…」って。

絶望するなら一緒に絶望したいし、一緒に悩んで、最後まで一緒に。

それと子供にも先に勝手に言っちゃうし。あんただけの子供ちゃいまっせ~!

いくら大きくなったとはいえ、話すなら二人で相談してからちゃんと話したい。

ほんっとに、こういう人って…世の中そんな甘いもんやありません。

でもラスト近くになるにつれ、「あ~全く、仕方ない人だなあ」と思いつつ

少し許せるようになったりして。この奥さんももうそういう境地なのかな。

う~ん、こういうのって、ある意味、男性の憧れなのかなあ。

NSPのアルバムで言えば『瞬』ですね~。

この人のとった行動で共感出来るのは、残された時間の過ごし方で、

色んな人に逢いに行って、言いたかったことを告げたりするところ。

私も同じ状況になったら、今まで暮らした思い出の場所を訪れて、

迷惑にならない程度に色んな人に会って、色んな話をしたいと思う。

最後の方の場面はとてもリアルだった。

秋元さん、こういう経験されたことあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月28日 (水)

ギプス切断

次女の骨折から2週間。

今日、ギプスを真ん中からすぱっと半分に切って、レントゲンを撮った。

…らしい。私はその切る現場には入らなかったので。

「おか~さん、切る音聞こえた?」「ううん、全然」

「すごかったよ、怖いんだよお~、ウイ~ン、ガリガリガリ、ギュイ~ン!って、

 工事現場みたいだったよ。」

「へえ~~~っ」ちょっと見てみたかったかも。

ギプス、上半分のになって、それを包帯で巻きつけてる状態。

お風呂の時にはとって入って良いとのことで、久しぶりに左腕を洗うことが出来た。

「おか~さん、すごい垢だよ、消しゴムのかすみたい!

 ちから太郎が出来るかな。」…(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

『ガンに生かされて』

飯島夏樹さんの本、図書館で借りて読み終えた。

自分が読んだ後、私にも読むのを薦めてくれたのは次女。

この方のことは知っていたし、少し読んだこともあったんだけど。

次はこの人の『天国で君に逢えたら』を読むと言っていた。

なんだかな~…私はきっとこの子の本当のところの気持ちは

わかってないんだろうな。永遠にわかってあげられないのかも。

私には今も両親ともに健在だもの。

小さい時に親を亡くすっていうのは、どんなものなのか。

ごめんね。

飯島さんのブログ、今も奥様が書き続けていらっしゃいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

チケット、ゲット♪

チケット、ゲット♪

前回は手に入れ損ねたんだった。本日発売、やった〜何とかゲット♪
うーん、3000円というのは安いなあ。
しかし、ライブハウスでスタンディング、疲れまんなあ(¨;)シルバー席かなんかないんかい(爆)
もしかして若者ばかりだと気後れするかもなあ(¨;)
ま、いいか。
♪好きなものは好きなんだし これまたしょうがない〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

NSPフィルムツアー

明日の名古屋、明後日の長野、そしてラストの7月1日、

天野くんの一周忌の日の一関。残すところあと三箇所。

私はもう前回の浜松でおしまいにしたんで、あ~もう何も無い。脱力。

♪なんて~言うかな~…その日が近づくにつれ、思い出してしまう。

まだ行くフィルコンが残ってて、そのそわそわした気分があったり、

オフに出て皆と会える楽しみがあったりすると違うんだろうな。

その日は…同じ思いの人たちと過ごす方が紛れるんだろうな。

どうしようかな。私は。私にとって、その日は?

徹底的に自虐的に一人でDVDでも見て過ごすか。うん。

悲しい時はやっぱり泣くのが一番。

涙はストレスも洗い流すそうだし。

♪静かに静かに私の心 あの人の声が聞こえるように

 ひとりの夜ならばひとりで過ごす 

 誰にも逢わずに電話もせずに…(谷山浩子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

光市母子殺害事件判決

久しぶりにテレビ出演されている本村さんを拝見した。

しっかり前を見て、理路整然と、正々堂々と自分の考えを訴え続ける

この方を見ていると本当にやり切れない思いがする。

場所は違うと言え、同じ社宅で同じような状況で暮らした経験があるという

理由もあるのだけれど。

あの人を見ていると、なんだか、うちの主人を思い出すんだな。

もし同じ事が私たちに起こっていたら、うちの旦那さんも

あの人と同じようなことをしたような気がするんだな。

あの人の生き方は、とても強く、正しく、立派なのだけれど、

見ている方がとても辛い。

相手が未成年であった故に裁判で発言も出来ず、本人に直接話も出来ず、

その悔しさ、悲しさ、無念の思いをああいう力に変えながら

なんとか立っていらっしゃるんだろうな。

でも、もし死刑判決が出たところで、あの方の気持ちは

決して癒されないような気がする。

私なら、一番何を望むだろう。死刑になっても死んだ人は戻ってこない。

今の法律では無理だけれど、私なら犯人に直接会いたい。

会って、話を聞きたい、話をしたい。

どういうつもりで人を殺したのか、大切な人を奪われる気持ちがわからないのか。

あなたはなぜそんな風になってしまったのか。

あなたが殺した人はこういう人だったんだよ、

小さい頃はこんなで、こんなことが得意で、こんなことが苦手で、

こんな風に大きくなって、私はこの人のこんなところが好きで。

写真やビデオを見せて、いっぱい話してあげよう。

殺されたその人の書いた日記や手紙を見せてあげよう。

あなたが殺した人がどれだけ多くの人に愛されていたか。

人の命を奪うということがどういうことなのか、

自分の犯した罪の深さが一体、償えるものなのか。

死んでくれなくてもいい、心から後悔してくれるまで、

何度も何度もその人と話がしたいと思う。

| | コメント (17) | トラックバック (2)

2006年6月18日 (日)

お掃除中

お掃除中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は♪うさぎ曜日

今日は♪うさぎ曜日

小学校のうさぎ当番

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

チャリ転倒事件

一昨日の夕方、友達の家から帰ってくる途中、次女が自転車で転んだ。

今から帰ると電話があったのに、遅いなあ~?と外に出てみたら、

友達とそのお母さんに付き添われ、両膝から血を流しながら帰ってきた。

坂道でスピードを落とさずに曲がりそこなって、転んだんだと。

お礼を言って、膝を消毒して手に湿布してやった。

次の日、手が腫れているというので、整形外科に連れて行き、

レントゲンを撮ってもらったら、左手首を骨折していることが判明!

そんなに痛がらなかったし、まさか折れていたとは~~~。

ギプスをして全治3週間という痛々しい姿に変わり果て。

膝の擦りむき傷どころじゃありませんがな。

それにしても、ヘルメットをしていたので頭も大丈夫だったし、

これくらいで済んでまだ良かったといえましょう。

しばらく不自由だけど、この痛い経験を今後の安全意識に繋げてほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

算数ノート

次女が、算数ノートがもうないから、買ってきておいてと言った。

「おか~さん、すぐ忘れちゃうから、財布の中にメモ入れておいて」

今日、財布開けたらメモが入っていた。

『算数ノート 5mmマス 2皿』

…おいおい、それを書くなら 2冊やろ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

巷で噂の…

巷で噂の…

毎日の通勤に使うバイパスから見えるこれ。
ここを毎朝、何分に通過出来るかで、車の混み具合の目安にしていたのだけど。
この近辺のサッカースタジアムでも結構こちらのエレベーターが使われていて、大変らしい…というのは、昨日のバスの添乗員さんに聞いたお話。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

石和温泉

石和温泉

お昼ご飯は石和温泉にて。温泉にも入って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらんぼ狩り

さくらんぼ狩り

お天気はイマイチだったけど、さくらんぼをあんなに思う存分食べたのは生まれて初めて。
100個以上食べたに違いない。
さくらんぼってあっさりしてるし、際限なく食べられるんだな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

『いま、会いにゆきます』

かなり時期はずれではあるのですが、話題になったこの映画、

テレビでやったのを録画しておいたのを、やっと今日見た。

思ってた以上に…良かった~~(T_T) DVDが欲しくなった。

静かで、切なくて、懐かしいというか、…ああいう気持ち。

映像もとてもきれいで、主人公のお二人もとても素敵。

中村獅堂は、ずっと『HR』の鷲尾くんの悪のイメージだったんだけど、

繊細で傷つきやすい、一途で純情なこの役、はまっていたなあ。

竹内結子ちゃん、大きな目と赤ちゃんのような口元がかわいくて、

好きな女優さんなんだけど、本当に透き通るような美しさだった。

あの映画のあと、あの二人が実際に結ばれてしまったというのも

また良いよ~(*^_^*)

高校時代を演じた二人も雰囲気が似てるし、良かったな~。

映画とかドラマ、見たらすぐ削除しちゃうんだけど、これは削除出来ず。

もう一回見ようかな~(*^_^*)

ラストの結末を知ってから見直すと、また違う味わいがありそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

保険証

昨日、娘を歯医者に連れて行き、帰ってきてしばらくした頃、電話が鳴った。

「○○○歯科ですが、保険証をお忘れです。」

「あ、ほんと、返してもらってませんね。じゃあ…今からとりに伺います。」

「何分位で来れます?」…あ、もうそろそろ歯医者さんおしまいの時間か…。

「10分もあれば行けると思いますけど~。」

「そうですか、明日は休みなので、その次の日でも良いですが。」

「あ、じゃあ金曜日に伺います。すみませんでした~。」

…って、よくよく後で考えると、確かに私もらい忘れて帰ったけど、

これって向こうの返し忘れなんじゃないのかなあ。

前にも、この歯医者さんの受付の人、最初に保険証と診察券預けたのに、

帰りに診察券だけしか渡してくれなかったから、

こっちから「あの~保険証は?」と言って返してもらった。

大体、保険証をずっとむこうが握ってるってのが不思議だ。

小さい歯医者さんだし、ずっと目の前に座ってるんだから、

確認したらすぐ返してくれる習慣にすれば、こういう事にならないのになあ。

私の職場では、保険証は大切なものだから、絶対預かるなと言われている。

見せてもらって確認したら、即その場で返す。

もし新しい保険に変わっていたら、コピーとって、とにかく即、返す。

診察券の変わりに間違って保険証出していったりしたら(結構多い)、

大急ぎで追いかけて返す。

患者さんがどこに行ったかわからなくなったりしたら、

捜しまわって、見つからないと全館放送かけてもらったりもする。

(なんかこの旧式さ、やり方、他にもあるような気がするんですけど~)

それだけ保険証って大事なものっていう意識があるんだけどなあ。

私が行ってる眼科も、保険証返してくれる時は、サインをさせられる。

返した、いやもらってない、っていうトラブルを避ける為だろう。

返したのに「返してもらってない」っていう人、結構いるんだな、これがまた。

ちょっと面倒だけど、きちんとしてて、信頼出来るやり方だなと思う。

それに比べて、う~ん、この歯医者さん…、

こんな風でトラブルとかないのかなあ。

私は謝ったけど、向こうは一度も謝らなかった、これはやはり

「忘れて帰った人が悪い、預かっておいてあげますから」

という認識なんだろうな、あの歯医者さんの受付の人は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

くるみの誕生日

日付が変わってしまったけれど…6月6日は我が家の愛猫・

くるみさんの4回目のお誕生日です。

♪ラ~ララ~ハッピバースディ トウ ユー にぎやかにバースディー…

お店で生まれたばかりのくるを見つけて、1ヶ月目に我が家に来てくれました。

ちっちゃくて、走り回って飛び回って…最初の頃は色々あったなあ。

窓ガラスと網戸の間に挟まれ状態になったり、

お仏壇の裏側に回り込んでしまったり…

いきなり病気になって、お医者さんで点滴してもらったことも。

大きくなるにつれ、おばあちゃん曰く「にゃんとも言わない猫」って位、

ぬいぐるみみたいなおっとりした、おとなしい箱入り娘に。

ベランダで日向ぼっこしてて、意地悪からすに追いかけられた事件もあったねえ。

今日はちょっと奮発しておいしい猫ご飯をあげました。

そうそう、我が家のくるみちゃん、もうすぐ某猫雑誌に写真が載る予定です。

きっとすごく小さいんだろうけど、でも記念すべき雑誌デビューなのだ~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

オムライス

オムライス

お昼ご飯♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

高校の文化祭

昨日今日は長女の高校の文化祭。

クラスでTシャツを作る係りになって、

先生がじゃんけんで負けて紫のTシャツになった~!とぼやいていたが、

背中に金ラメで相合傘、クラス全員の名前、なかなかインパクト大。

「行きたくないなあ~」と言う次女を「行こう!行こう!楽しいから~」と

引っ張っていったが、初めて経験する高校の文化祭、

華道部でコサージュを作らせてもらったり、

クイズやゲームをしてお菓子をもらったり、

お化け屋敷のような手作りアトラクションに入ったり、

思いもよらず楽しかったようで、帰りにはるんるんになっていた。

吹奏楽部の演奏もとても見ていて楽しいものだった。

中学のように先生に指導してもらうのではなく、自分達でやりたい曲を

やりたいように演奏出来るので楽しいと言っていた。

毎年恒例らしい、先輩の演奏で一年生がダンスをするというのも、

きっと自分達で振り付けとか考えたんだろうな、かわいかった。

舞台でがんばる我が娘のああいう姿を見ていると、泣けるんだなあ~(T_T)

青春真っ只中の長女。

二度とないこの時を大切に、沢山の思い出、沢山の友達を作れるように。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フォークの達人

昨夜は、高石ともやさん、全然変わらず若々しいこと。

もうすぐ65歳、相変わらず走っていらっしゃるようだ。

息子さんも出演されて一緒に「ミー・アンド・ボビー・マギー」など

歌われた、35歳フランス在住とのことで、もう

私が宵々山に行ってた頃のともやさんに近いお年なんだけど…、

あの頃から既にともやさんはもっとおじさんの雰囲気だったような(^^ゞ

う~ん、懐かしい。関西方面では色々活動されているのかな?

最後は『街』。思わず一緒にシングアウト~♪

どうぞいつまでもお元気で頑張ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

がんばりまめ

がんばりまめ

掌の中指の付け根のところ。
さかあがりの練習いっぱいしたんだって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はお休み~♪

とっても良いお天気なので、朝からお洗濯♪

昨日は仕事の後、同じ職場のMさん、M子さん、

違う病院に移られたOさん、お家の事情で先月辞められたSさんと

待ち合わせて、ランチ&おしゃべりをしてきた。

いや~皆…どうしてあんなに人のこと、色々知っているやら???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »