« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

角砂糖

♪最後のコーヒー 角砂糖3つ おもいきり甘く

 かき混ぜてあげる あなたへの最後のいたずらだから…

              「さよならの扉」 by.花岡幸代さん

そういえば角砂糖って、最近ほとんど見かけなくなった。

私が子供の頃は、お客さんがいらっしゃったら

ソーサーにスプーンと角砂糖を2つのっけて出したり、

シュガーポットに入っている角砂糖をつまんで

カップにぽとんと落としてくるくるかき混ぜた。

「ちょっとしたおつかいもの」にも角砂糖はよく使われた。

何かのお返しとか、ご挨拶とか、いただいた箱を開けると、

きれいに角砂糖が並んでいた。

ピンクのとか、薔薇の花の形のとかもあった。

角砂糖って、微妙な量が調節出来ないからだと思うけど、

袋入りのグラニュー糖にとって変わられてしまった。

あれってただのお砂糖の塊なのに、なんだかとってもおいしそうに思えて、

母に「ひとつ、食べていい?」って聞いてから口にいれた。

角砂糖が口の中で形を失って崩れて行くあの感触…時々、懐かしくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

♪もうそろそろ~苺の季節

苺農園が多い地区にお勤めのTさんから、アイベリーを一箱いただいた。

箱を開けた途端「わ~~!」って言ってしまった位、

あ~なんてすてきなイチゴ達 )^o^(

小さな玉子位の大きさがあり、真っ赤でつやつや輝いている。

玉子パックのように一粒ずつ穴のあるケースに、

ふんわり大事に宝石のようにきれいに並んでいた。

晩御飯のあと、皆で3つずついただいた。

ほっぺが落ちそうな味、なんて幸せ~♪

思い出した、去年、実家の母が来た時に行ったいちご狩りで

食べたのと同じ味だ。あの時も感動的においしかったなあ。

でも大きいから、何個か食べたらすぐお腹いっぱいになったっけ。

あ~また今年もいちご狩りのシーズンが到来だ。

ちょっと高いけど、またアイベリー食べに行きたいな。

まだ残っているので、明日の朝も2個分ずつ幸せになれる♪

Tさん、ありがとう。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

「アフターダーク」

あの人が好きだったそうなので…実は今更、初めて読んでみた、村上春樹。

私、誰かが「好き」とか「良いよ」というものに興味ひかれる方で。

それが好きな人ならなおさら「あの人が好きなんて、どんなのかな」と思う。

音楽なら、とりあえずちょっと耳に馴染むまで聴いてみる、

本ならとりあえず1、2冊は読んでみる。

そして「アフターダーク」、感想は…う~ん、結局これ何が言いたい?

わかんね~~。読むのは読みやすかったんだけどな。

あ、色々出てきた音楽関係の歌手とか曲名とか全然わかんないので

それは全部読み飛ばしてしまったのだけど(^_^;)

ん~あの人は全部知ってるんだろな、こーいうの。

しかしそれを抜きにするとしても、

いや~結末の釈然としない小説は、私はどうも受け入れ難いよ。

「で、結局どうなったのよ?」と突っ込みたくなる。

同じ村上さんなら、私は龍さんの方が好みかも。

いや、しかし一冊だけ読んで判断するのはいけないな。

もうちょっと、この方の有名どころを何冊か読んでみよう。

恩田陸さんも、あの人が好きだって言ったから読んだんだけど。

恩田さんのも、とてもおもしろいと思ったのもあれば、

全く意味不明で、理解不能なのもあったしな~。

う~ん、天野くんはこういうのが好きだったのね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BSフォーク大全集

本家で情報のあったように、細坪さんが「夕暮れ時はさびしそう」を歌ってくれた(T_T)

しかし、こうなると、なんか、天野くんがもういないんだってことを

しみじみ、つくずく感じさせられてしまうなあ~(T_T)

それにしても、フォーク全盛期だった20~30年前には、テレビで、しかも国営放送で

こんなにフォークソングの番組が見られるようになるなんて、考えられない事だった。

だいたい、フォークの人達って、よっぽどコンサートでも行かないかぎり、

歌は知ってる、顔もレコードジャケットで知ってる、しゃべりもラジオで聞いてる、

でも実際に動く姿は見た事ない、ってのが普通だったものね。

松山千春が、ついに決意して「ザ・ベストテン」に出るまでの大騒動。

NSPがコッキーポップに出る時は、家庭用ビデオなど一般的ではなかったし、

カセットテープを用意してテレビの前に陣取って、必死で目に焼き付けた。

本当に必死になれば、人間というのはすごい力を発揮するもので、

「NSP Presence」を見た時、自分の記憶力の確かさに我ながら驚いた。

欲を言うなら、違う方面でもその記憶力を使いたかったが。

どうもそんなこと以外には必死さが足りん人生。

…何を言いたいのかわからなくなった(-_-;)

そうそう、昔はフォークシンガーはテレビに出てくれなかったって事よ。

それが今では、西岡たかしから、こうせつさん、拓郎や陽水まで。

私がかつてとても愛していた長渕剛なんか、

俳優するわ(この辺りから恋が急激に冷めた)、紅白に出るわ。

まあ、でも、コンサートなんてそんなしょっちゅう行けるものでもなし、

こうして家にいながらにしてフォークソングをテレビで楽しめる。

なんてありがたい時代になったものだ。

皆それなりにお年を重ねられたけど、やっぱいいねえ、フォークソングは♪

下に歌詞なんか出なくても、ぜんぜん歌えるし~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

フィギュアスケート

基本的にスポーツ観戦には全く興味がない。

野球、サッカー、ゴルフにバレーボールにお相撲の話、全然わからない。

皆が盛り上がる駅伝とか、自分のやってたテニスも見ない。

こんな地に住んでて、とてももったいないとは思うんだけど。

サッカーの本拠地だし、ご近所には有名人も住んでらっしゃるのに。

サッカー好きの人からみれば、きっと本当にもったいない話。

私だって、NSPに興味ない一関住民の人を「なんてもったいない~」と思うものね。

でも興味のない人にとっては全く興味のない話なのであって。

ある時など、何気にテレビのニュース見てて、

「何これ?もしかして今オリンピックやってるのかな?」

ってやっと気づいた事もある位、そう、オリンピックさえ見ないんだな(^_^;)

ある意味、非常識極まりない種類の人間かも。

で、そんな私でさえ、見てしまった今回のフィギュアスケート。

…なんてきれい…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月23日 (木)

ファンクラブ通信

真由が学校から帰ってきて、ドアを開けたら、「NSPからだよ~」。

丁度、郵便屋さんと会って受け取ったんだと。

ドキドキしながら開くと、表紙は天野くんの手書きの文字が…(T_T)

中身は、文章ぎっしり、字だらけ、読み応えたっぷり!!

平賀くん…一気に読むのは、もったいなさすぎる(T_T)

今日は「シャツほこ」までにして、少しずつ大切に読ませてもらおう。

NSPのファンは本当に幸せ者だよ、ありがとう~~~(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

「ひまわり」

なんでこの季節に「ひまわり」かって…

谷山浩子さんの「ひまわり」って曲の話なのですが。

だいぶ昔のこの曲、好きなんだけど、あのアレンジが解せない。

特にイントロの部分、まるでジュラシック・パークのようで、

私ごとき凡人にはその深く意図するところが全くわからない~。

途中からはピアノがメインのアレンジになって、ここでやっと落ち着く。

最初からこの雰囲気で、普通にピアノの伴奏の方が良いと思うんだけど。

真由のリクエストで行ったカラオケ、UGAって機種に、浩子さんの

マイナーな曲が沢山あって、「ひまわり」も見つけて初めて歌ったんだけど。

やっぱあの恐竜っぽい出だしがどうも変だったので、ちょっと書いてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

微妙な時期

公立の前期試験の発表後、後期試験までの間は

中3生の教室内には微妙な空気が流れるらしい。

公立前期に受かった子と、私立単願で高校が決まった子達は

もう卒業を待つのみの自由の身。

一番楽しくてのんびりした時期になる。

それに対して、半分以上を占める前期だめだった子達は

残る後期に向けて本気の必死のぱっちのラストスパート。

そりゃ~決まっている子達のちょっとした態度や言葉にも

かちんときたり、神経質になったりするわな。大変だ。

でも、この大変な状況って、大人になるにつれ、どんどん増えるんだよ。

負けちゃいけないよ、この経験を生かしてまたひとつ成長しなくっちゃ。

という訳で、今まで同じ吹奏楽部で仲良くなって、同じように塾拒否派で、

一緒に夏期講習・冬期講習にだけ参加、テスト前はお互いの家に行ったり

休日は一緒に図書館に通って勉強してきた家の長女と友人のAちゃん。

もちろん同じ高校で、また一緒に吹奏楽部に入るために。

前期の結果は…Aちゃんだけが合格。

お~人生って過酷なのよ、めげるな、ここからは一人だけどがんばれ!

って思っていたら、Aちゃんは、長女が合格するまで、一緒に勉強に

付き合ってくれると。

日曜日も今まで通り、ふたりで1日中図書館に行っていた。

友達ってなんてありがたいんだ…(T_T) 

Aちゃんの為にもあと少し、がんばれ~~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

バケツを洗濯

昨日、カーテンをはずして洗濯機にほうりこんでおいた。

今朝、その上に少し追加して、洗濯をした。

何となく、カーテン2枚のわりには洗濯機が一杯だなとは思ったが。

上からちょっと押してみても量が減らないので、こんなものなのかなと。

大した疑問も抱かず、スイッチオン。

約40分後、洗濯終了の合図。

ふたを開けてみると、そこには…バケツが???

カーテンの下に隠れていたプラスチックのバケツ、一緒に洗濯してた。

かれこれ主婦歴も長いが、バケツを洗濯したのは初めてじゃ~(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

ソファーに

ひしめきあって座っている、

猫のくるみと、お姉ちゃんと妹。

なんだかとっても可愛くて愛しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

小3女子のぶっとび発言

先日の「お母さん、離婚したことある?」発言に引き続き、

今日はまた、更にパワーアップしたぶっとび発言が。

「お母さん、私のこと一度も殺そうと思ったことない?」

~~~!!!なんじゃそりゃ~~~!!!

「あのね、赤川次郎の本に出てくるんだよ。

 お母さんに愛人が出来て、その子が邪魔になって殺そうとするんだよ。」

「あ、愛人って~~~!!」

「私は大丈夫だよ、愛人と仲良くなるからね。」

「~~~∑(-∀-;)」

「お母さんと愛人と私、3人で一緒に暮らそうね。」

「…お姉ちゃんはどうするの。殺す?(-_-;)」

「お姉ちゃ~ん!お母さんがお姉ちゃん殺すって~!」

「だから殺さへんて~~~(T_T)」…撃沈。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

バレンタインデー

…だけど長女は私立の後期試験日~(-_-;)

妹の方は昨日、わくわく私と一緒に生チョコを作った。

お父さんにお供えして、あとは私達3人のお口に入るのだ~。

一生懸命チョコを削る、ぷくぷくした小さな手がいじらしくてかわいい。

上手に削れて、おいしいチョコが出来ましたよん、Aくん♪

他にMYUがチョコをあげた人。お隣の1年生のSくん。

母のN友のHさん、Mさん、Gさん(withたまちゃん)。

ファザコン気味なのはしょうがないか。

一体、本命の君には…「恥ずかしくってあげられないよ」

姉も今年は友チョコすらままならぬ受験生。

母はといえば、MYUと一緒に作ったチョコの他には、

毎年恒例の実家のおじいちゃんに送ったのみ。

なんとなく…みんな奥手な我が家のバレンタイン(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

エーデルワイス

今度の6年生を送る会で、3年生はエーデルワイスを歌うという事で、

そのピアノ伴奏をする人の選考会(!)があった。

まずクラスから3人ずつ候補を出し、その中から4人に絞られ、

最終的に1人が選ばれるというシビアなオーディション。

4人の中に残っていたMYU、今日の最終選考で落っこちた。

「なんだか泣きそうだったから、トイレに入ってたら、

 急に頭の中に、くるにゃん(我が家の猫)が出てきてね、

 『MYUちゃん、大丈夫だよ』って言ってくれたから落ち着いたよ。」

小さいのに過酷な体験したんだねえ…(T_T)

「それ何時位だった?3時?やっぱりね、その頃一瞬、

 くるが家から消えたんだよ。またすぐ戻ってきたけどね。

 どこへ行ったのかと思ったら、MYUのところに行ってたのか。

 4人の中に残れたなんて、すごいことだよ。」

「うん、でも4年生では音楽発表会で伴奏出来るようにがんばるよ!」

MYU、偉いぞ~(T_T) 母は泣くばかり…(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

どこにも行かない土日

まあちょこっと図書館行ったり、買物程度は出かけたんだけど。

ハードディスクに撮りためてたテレビ番組を消化しながらボビンレース。

これはなんだっけ…と随分前にとったの見てたら。

おお~「トップランナー」にDEPAPEPEが出たときの。

いいなあ、いいなあ、なんて爽やかなギターの音色(^。^)~♪

それにあの二人の神戸弁がとても懐かしくて親しみが持てるのよ。

本当に楽しそうに弾いてる二人のあの雰囲気がまたいいんだな~。

一度ライブを見てみたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

「医師」

今日の朝刊の加藤貴子さんの書いていらっしゃったコラム。

お父様が末期癌の告知を受けた時の、医師の態度への憤りが綴られていた。

時々ドラマなどで見る、そういう場面。

あれはドラマであって、実際にはそんなひどい医師なんているはずないと思っていた。

Aくんが市立病院で告知を受けた時、信じられなかった。

「これからどうしたら良いんでしょうか」「どうしようもないですね」

「手術は…」「もう今更、しても仕方ないでしょう」

「お薬は?」「抗癌剤も効くとは思えませんね、副作用も大きいし」

「じゃあ、どうしたら…」

それは事実だったんだろう、でも今でも思い出すと、悔しくて涙が出る。

その場で、病院を変わると言って紹介状を書いてもらった。

最悪の事態を考えて事前に調べておいた癌センターの先生は、

真っ暗闇のどん底に落ち込んでいた私達を、

「いやあ、こりゃあなかなかですなあ」と笑顔で(!)迎えてくれた。

だめかもしれない、たぶん奇跡でも起きない限りだめ、

それは解っていても1%の奇跡にすがりたい私達のために、

あくまで前向きに、手術をし、認可されていない抗癌剤も試してくれた。

こちらから聞かない限り、悪い結果は話さず、いつも笑顔で、

ユーモアを交えて声をかけて下さった。

出来る限りの手をつくし、私達が納得したところで、もうここで打つ手はなく、

体力的にも近くの病院に変わった方が良いと2つの選択肢をくれた。

ひとつは同じように、直す事を目的に色々取り組んでくれる病院。

もうひとつは、最後の時間をより良く自分らしく生きる為のホスピス。

そして私達は、ホスピスを選んだ。

どんなに高い知識や技術力を持っていて、

患者の病気や怪我を治せたとしても、

患者の心を簡単に傷付けるような人には医師になって欲しくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セブンティーン

上の娘曰く、

「今月号のセブンティーン、バレンタインのことばっかりなんだよ。

 プレゼントは何にするとか、どういう状況で渡すかとか…(-_-メ)

 受験のことも3ページ位は載ってたけどね。

 買うんじゃなかったよ。」

だから、この時期にそんなもん最初から買うな~~っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

前期試験

なんだかよくわからない静岡の公立高校の受験システム。

今年で4年目とか。真由の頃にはまた変わってるかも。

とにもかくにも今日は前期試験。

倍率は5倍を越え、真由が「大丈夫だよ、お姉ちゃん頭いいから」と

言う度、「あんたなんか何にもわかってないくせに!」と

イライラ怒っていた長女。

とにもかくにも一週間後の結果待ち。

試験後に電話かかってきて迎えに行くと、親友のAちゃんと、

車の中で大興奮状態でしゃべりまくっていた。

お疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

お父さんの声

日曜日の昼下がり…今頃、名古屋ではお楽しみ企画だなと思いつつ。

2階では、いつもの図書館が休館日のため、受験生とその友達が勉強中。

私はリビングで宿題中のMYUとともに、NSPを聴きながらボビンレース。

その時、MYUが言った、「天野くんの声ってお父さんに似てるね」…

なんと今まで気が付かなかった。本当だ。声も似ている、なんて。

実はAくんが亡くなってから気づいたこと。

復活コンサートのDVD見ながら、初めて気づいたこと。

Aくんて、ちょっと天野くんに似てるんだ。

本当に、生きてる時はそんな事、思いもよらなかったことだけど。

私の気のせいかもしれない、天野くんファンに百叩きされそうだけど。

でもさ…考えてみれば、3人グループのFOXは、

NSPと同じギター2人にベースという構成だったし、

リーダーだったAくんは一人で曲作って、歌って、リード弾いて。

ストイックで、毒舌で、しょうもないこと言いで、その割りに傷つきやすく。

髪の毛も学生時代は長くてさらさらしてたし。

DVDで嬉しそうに歌う天野くんの横顔に、Aくんの面影を感じて以来、

すごく幸せな反面、すごく怖くなった。

もしも…天野くんが同じようなことになったら、どうしよう。

ずっとずっと怖かった、天野くんが体調悪くなる前から。

やっぱり似てたんだよ。MYUもそう思ったんだね。

自分では気づかなかったけど、

お母さんの好みのタイプってのがあるのかな (^^ゞ

同じような人を好きになっちゃうんだね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

猫の寝息

Dscf0253 猫ってあんまり深く眠らない。

寝てるなと思ってそ~っと近づいても、すぐ気がついて

頭を上げてきょろきょろ見まわす。

今日はとっても寒かった。

久しぶりに薪ストーブに火を入れたら、くるみはすっかりやられてしまい、

くるんと丸まって、くうくうと寝息をたてている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

二次検診

年末に受けた市の健康診断、今回は潜血反応がプラス。

基本的にこれだけなので良かったよ~相変わらず貧血もあるが。

引っ掛かったので自動的に市立総合病院の予約が入ってくるのだけど、

そんな勝手な日、今更休みとれないし。で変更してもらおうと電話したら

1ヶ月以内にしろと。平日の午前中にしろと。

○月○日と○日しか空いてないと。無理やって(-_-;)

それ以外は予約なしのフリーでかかれと。

市立病院にフリーでかかる時の膨大な時間のロスを

毎日見ている私が?…こちら、お断りしました。

それで今日、子供達がインフルエンザうけた、近くの開業医さんへ行った。

予約なしの全くの新患。しかも朝一ではなく変に中途半端な時間。

「すみません、30分位お待ち頂くかもしれませんが…」

30分?たった30分ごときで恐縮されても。うちなら午後になりまっせ。

結局それ程も待たず、問診と診察。

先生がゆっくり時間をとってわかり易く説明してくれて、「他にご心配なことは?」。

ついでだから言ってみる、「貧血は食べ物に気をつけるくらいしかないですよねえ」。

また色んなアドバイスをくれて、お腹を押して見て、「漢方薬を試してみますか」

それもまたこちらの気持ちを聞きながら、どれにするか、相談しながら。

前に行った市民病院での、予約あるのに長時間待ちの末の「別に異常ないです」。

それだけかよ~~~状態で帰ったのとは大違い。

市立病院、どこも患者が多すぎる。

大きな病気や、色んな病気がある時はやっぱり大病院に行くべきだけど、

風邪とかちょっとした熱とか、そういうのは開業医さんに限ると思うんだけど。

身をもって実感するんだけど。かかりつけ医ってのが必要と思う。

市立病院の人気の(?)科の待ち時間は半端じゃない。それはどうしようもない。

あんなに沢山患者さん来るんだもの。先生もすごい大変だし。

まずは開業医さんかかってみて、必要ならそこで紹介状書いてもらってから

市立病院に来るのが良いと思うんだけど、私は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

某患者さん

再来受け付けにいると、「○○子さん」と声をかけられた。

(名札の氏名を見ながら、名前で呼ばれる患者さんて意外に多い)

にっこり振り向き「はい、お伺いしていますか?」と尋ねると

「いや、そうじゃないんだけどね、いや~○○病院、美人が多いね。

 驚いたね。○○子さんね。」

「あ、どうも、いえいえ…(^_^;)」

大きな声で嬉しそうに喋ってくるし~~。

T屋さん「誰?知り合い?」 私「知りませんよお。」

このおじさん、帰り際にも寄って来て、またまた大きな声で

「また来るからね。いや~こんな病院なら毎日でも来たいよ。

 今度は弁当もって来て1日いようかな。」…(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野ブタ。をプロデュース

不審者の出没や最近の色々な事件をうけて、

小学校はずっと同学年の集団下校を実施している。

家の小3娘も大勢で帰る途中で、ひとり抜け、ふたり抜け、

最終的には男の子2人と家の娘の3人で帰ることになる。

娘「ねえ、この組み合わせって、何かと同じと思わない?

いつも『野ブタ。をプロデュース』ごっこしながら帰るんだよ。」

私「『野ブタ。をプロデュース』ごっこ~?」

娘「うん、私が野ブタ。○○くんが修司で、△△くんが彰。」

私「皆そんなの知ってるの?」

娘「うん、○○くんが言い出したんだよ。今日もやりながら帰ってきた。」

…(-_-;) でもどんなことやってんのか見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »